ダイバージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイバージェント
Divergent
監督 ニール・バーガー
脚本 エヴァン・ドーハティ
ヴァネッサ・テイラー
ヴェロニカ・ロス
原作 ヴェロニカ・ロス
ダイバージェント 異端者
製作 ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
製作総指揮 ジョエル・C・ケリー
レイチェル・シェーン
出演者 シャイリーン・ウッドリー
テオ・ジェームズ
アンセル・エルゴート
アシュレイ・ジャッド
ジェイ・コートニー
レイ・スティーブンソン
ゾーイ・クラヴィッツ
マイルズ・テラー
トニー・ゴールドウィン
マギー・Q
ケイト・ウィンスレット
音楽 ジャンキーXL
ハンス・ジマー
撮影 アルウィン・カックラー
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 サミット・エンターテインメント
レッド・ワゴン・エンターテインメント
配給 サミット・エンターテインメント
ライオンズゲート
KADOKAWA
公開 アメリカ合衆国の旗2014年3月21日
日本の旗2014年7月11日
上映時間 139分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000 [2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$150,947,895[2]
世界の旗$288,747,895[2]
日本の旗 1億6520万円[3]
次作 ダイバージェントNEO
テンプレートを表示

ダイバージェント』(原題: Divergent)は、2014年アメリカ合衆国SFアクション映画である。本作は「ダイバージェント・シリーズ」の第1作にあたる。監督はニール・バーガー、主演はシャイリーン・ウッドリーテオ・ジェームズ[4][5]、原作はヴェロニカ・ロスのヤングアダルト小説『ダイバージェント 異端者』である。また、製作はダグラス・ウィックルーシー・フィッシャー、脚本はエヴァン・ドーハティヴァネッサ・テイラーが担当する[6]。本作は文明滅亡後にディストピアと化したシカゴを舞台とした作品である。なお、本作は北米市場において2014年3月21日に封切られた[7]

あらすじ[編集]

世界崩壊後のシカゴでは、人類最後の生存者たちが、無欲を司る「アブネゲーション」、平和を司る「アミティ」、高潔を司る「キャンダー」、博学を司る「エリュアダイト」、勇敢を司る「ドーントレス」の5つの共同体(派閥)を作り、200年に渡って平和な社会を営んでいた。主人公のベアトリス・"トリス"・プライアーはそのいずれにも属さないダイバージェント「異端者」とみなされてしまう。その判定を受けて間もなく、完璧であるかのように見えていた世界に潜んでいた「邪悪」が姿を現し始める[8][9]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2011年3月、サミット・エンターテイメントはダグラス・ウィックとルーシー・フィッシャーが経営するレッド・ワゴン・エンターテイメントから『ダイバージェント 異端者』の映画化権を購入した[10]。そして、2012年8月23日、ニール・バーガーが本作の監督に選ばれたと報じられた[11]。本作の脚本を担当したエヴァン・ドーハティは「僕はこの作品のもつ力に魅了された。しかし、トリスとフォーのラブストーリーも重要だ。恋愛はトリスというキャラクターの作中における変化と密接にかかわっているんだ。性的な緊張や触れ合いも多いが、どれか一つの要素でも省くようなことをしないという姿勢は大切だ。すべてのものがトリスというキャラクターの成長の糧になるんだ」と述べている[12]。さらに、彼は「脚本を書くのは難しかったよ。なぜなら、原作は壮大なアイデアが数多く、しかも、ぎっしりと詰まった本だったから。原作に忠実であってクールな2時間の映画にするのは本当に難しかった。観客が5つの共同体を思い描くだけでなく、6つ目の共同体である『ダイバージェント』と『ファクションレス』[13]という状態がどんなものなのか分かるようにしなければいけないんだ。だから、原作の世界観をリアリティを持った形で素早く大スクリーン上に作り出せるような脚本を書いた。」と付け加えている[14]。原作者のベロニカ・ロスは本作の脚本に関して、「脚本を読むのはとても面白かったわ。私は一度も脚本というものを読んだことがなかった。私の本のストーリーラインにこれほどまでに忠実なのかと感動した。」と述べている[15]

当初、本作の予算は4000万ドルを予定していたが、配給元のライオンズゲートは『ハンガー・ゲーム』の成功を受けて、8000万ドルに増額した[16]

キャスティング[編集]

2012年10月22日、シャイリーン・ウッドリーが主人公トリス・プライアー役に起用されたと報じられた[17]ルーカス・ティルジャック・レイノールジェレミー・アーヴァインアレックス・ペティファーアレクサンダー・ルドウィグブレントン・スウェイツルーク・ブレイシーがフォー・イートン役の候補であった[18][19]。しかし、2013年3月15日、テオ・ジェームズがフォー・イートン役に決定した[20]

テオは原作のフォーの年齢よりも10歳上だが、原作者のベロニカ・ロスはこのキャスティングを好意的に評価しており「ほんの数秒で彼がフォーだと確信した。何の問題もなかった。テオならフォーの内面の深さと敏感さを表現できるだけでなく、威厳と力強さをも表現できるだろう。」と述べている。また、ロスはテオとシャイリーンの組み合わせについても、「テオはシャイリーンのトリス役の強烈な存在感に太刀打ちできる。考えただけで興奮する。」と述べている[21]。また、プロデューサーはこのキャスティングに関して、「しっかりとフォーを演じられる俳優を探すのに時間がかかった。テオはフォーを完璧に演じるだろう。ベロニカはフォーというある種偶像的なキャラクターを作り上げた。製作開始を待ちきれないよ。一刻も早く世界中の何百万というファンに本作を届けたい。」と述べている[22]

2013年3月15日、レイ・スティーブンソンジェイ・コートニーアーロン・エッカートの3人にキャスト入りのオファーがあったと報じられた[23]。 結局、スティーブンソンはマーカス・イートン役に、コートニーはエリック役に決定した[24]。2013年1月24日、ケイト・ウィンスレットに本作のオファーがあることが報じられた[25]。ウィンスレットはジャニーヌ・マシューズを演じることが決定した[26]。ウインスレットは初めて悪役を演じることに関して、「私は馬鹿じゃないわ。悪役を一度も演じたことがなくてもアイデアは頭に入ってくる。私は驚くべき類の人間なのよ。」と述べている[27]。ウィンスレットは本作に出演するにあたって、初日の撮影から共演者と距離を置いた。このことに関してウィンスレットは「本当は共演者と距離を置くことなく『大丈夫よ。私、本当は愉快な人間なのよ。』といいたかったわ。でも私は共演者に自分のことをどうしようもないビッチだと思わせたかったの」と述べている[27]

撮影[編集]

本作の撮影のほとんどはシカゴで2013年4月から同年7月16日にかけて行われた[28][29]。室内のシーンの大半はシネスケープ・シカゴ映画スタジオで撮影された[30]

ポスト・プロダクション[編集]

ポスト・プロダクションは撮影終了後に始まった[31]。2013年7月18日、サミット・エンターテイメントとライオンズゲートは共同で本作をIMAXで配給すると発表した。両社は「我々はIMAXで成果を上げている共同作業を喜んで続けるつもりだ。我々は『ハンガー・ゲーム』シリーズと『トワイライト』シリーズで手を組んだこともある。『ダイバージェント』という我々のヤングアダルトフランチャイズの最新作を、プレミアムIMAXという形で観客の皆様に届けることができてうれしい限りです」という声明を出している[32]

音楽[編集]

本作で使用された楽曲はハンス・ジマージャンキーXLによって作曲された。2人は以前にも別の映画で一緒に仕事をしたことがある。サウンドトラックに収録する楽曲は音楽スーパーバイザーランダル・ポスターが選んだ[33][34]。本作のオリジナルサウンドトラックは本作の公開に先立って、2014年3月11日にインタースコープ・レコードから発売された[35][36]

配給[編集]

マーケティング[編集]

2013年4月23日の『エンターテインメント・ウィークリー』に初めて、ウッドリー演じるトリスの写真が掲載された[37]。また、第66回カンヌ国際映画祭において本作の数秒間の映像が流された[38]

公開[編集]

前売り券発売初日だけで、チケットの半分を売り上げた[39]。この記録は、チケット販売サービス会社のFandangoにとって、同じくサミット・エンターテイメントが2008年に配給した『トワイライト〜初恋〜』の記録を上回る、チケット売り上げの新記録であった[40][41]

興行収入[編集]

2014年3月20日(木)の先行上映において、490万ドルを稼ぎ出した[42]。翌21日には3936館で公開され2280万ドルを稼ぎ出している[43]。最終的に北米での公開初週末には5600万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング1位となった。しかし、この数字は同じくサミット・エンターテインメント配給のヤングアダルト映画『トワイライト〜初恋〜』(2008年)の 初週6963万ドルを下回るものであった[44][45]

日本では、2014年7月11日に全国199スクリーンで公開され、動員3万1382人、興収4067万2500円を記録し、週末興行収入ランキング初登場8位となった[46]

評価[編集]

批評家の評価[編集]

本作は否定的な評価を受けている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには197件のレビューがあり、批評家支持率は41%、平均点は10点満点で5.4点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「作品が持つメッセージ性を抑えてしまうにも関わらず、ヤングアダルト映画の定型に拘ったため、三部作の幕開けを観客の失望で飾ることになった。」となっている[47]。また、Metacriticには、38件のレビューがあり、加重平均値は48/100となっている[48]

本作のシネマスコアはAとなっている[49]

IGNのマット・パッチズは本作を10点満点で5.8点と評価し、他のヤングアダルト映画との類似点やわざとらしい上にひねりのない脚本に関して言及している。ただし、主演二人の演技に関しては高く評価しており、「今一つな脚本に個性と動きを与えている」と述べている[50]

フォーブスのスコット・メンデルソンは「ウッドリーの卓越した演技にも関わらず、ひねりのない脚本のために本作の神話性が大きく崩れた。それでも、原作ファンを満足させうるものにはなっている」と述べている[51]

受賞[編集]

カテゴリ 対象 結果
2014 MTVムービー・アワード2014 お気に入りのキャラクター ベアトリス・”トリス”・プライアー 受賞
ティーン・チョイス・アワード2014[52] アクション映画賞 受賞
アクション男優賞 テオ・ジェームズ 受賞
アクション女優賞 シャイリーン・ウッドリー 受賞
悪役賞 ケイト・ウィンスレット ノミネート
ブレイクアウト賞 アンセル・エルゴート 受賞
ブレイクスター賞 テオ・ジェームズ ノミネート
ヤング・ハリウッド賞 ファン選出男優賞 テオ・ジェームズ ノミネート
ファン選出女優賞 シャイリーン・ウッドリー ノミネート
スクリーン・カップル賞 シャイリーン・ウッドリーとテオ・ジェームズ ノミネート
キャスト賞 ノミネート
作品賞 ノミネート
2015 ピープルズ・チョイス・アワード[53] お気に入りのアクション映画 受賞

続編[編集]

2013年5月7日、サミット・エンターテイメントは続編小説『ダイバージェント2 叛乱者』を映画化すると発表した。脚本はブライアン・ダフィールドが手掛け[54]2015年3月20日に公開される予定である。また、本作の監督であるニール・バーガーは続編を手掛けるつもりはないとしている[55]。そのため、2014年2月14日にロベルト・シュヴェンケが起用された[56][57]。シュヴェンケは第3部『Allegiant』の監督も担当することが決まっている[58]

2014年3月21日、ライオンズゲートは正式に『Insurgent』の製作を開始し、2015年3月20日に公開すると発表した[42]

また、『Allegiant』の映画化となる第3作は2本に分けることなく製作され、2016年3月18日に公開される予定であった[59][60]。しかし、2014年4月11日のCNBCのインタビューにおいて、ライオンズゲートの副会長であるマイケル・バーンズは『Allegiant』を『トワイライト』シリーズや『ハンガー・ゲーム』シリーズに倣って2分割すると述べた。なお、『Allegiant』の後編は2017年3月24日に公開される予定である[61]

出典[編集]

  1. ^ DIVERGENT”. 2014年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c Divergent”. 2014年3月22日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 93頁
  4. ^ 'Divergent': Shailene Woodley Braves Initiation in New Film Still (Photo)”. ハリウッド・リポーター. 2014年3月21日閲覧。
  5. ^ 'Divergent': The movie's most highly anticipated scenes -- and a few we're worried about”. 2014年3月21日閲覧。
  6. ^ Neil Burger’s DIVERGENT Starring Shailene Woodley, Theo James, and Kate Winslet to Be Released in IMAX”. 2014年3月21日閲覧。
  7. ^ Summit Sets Release Date for Film Adaptation of 'Divergent'”. 2014年3月21日閲覧。
  8. ^ 『トワイライト』『ハンガー・ゲーム』に続くヒロイン誕生。『ダイバージェント』特報公開!”. 2014年3月21日閲覧。
  9. ^ First Look at Shailene Woodley in 'Divergent'”. 2014年3月21日閲覧。
  10. ^ Summit Entertainment's Post-'Twilight' Plans Are 'Divergent'”. 2014年3月22日閲覧。
  11. ^ Neil Burger Wants To Be Divergent”. 2014年3月22日閲覧。
  12. ^ ‘Divergent’ Movie Scoop: Screenwriter Evan Daugherty Spills on the Adaptation”. 2014年3月22日閲覧。
  13. ^ 「Divergent wiki」によると、どの共同体からも歓迎されていない状態及び人物のこと
  14. ^ ‘Game of Thrones’ writer Vanessa Taylor joins ‘Divergent’ to co-write script”. 2014年3月22日閲覧。
  15. ^ Author Veronica Roth Talks DIVERGENT, the Film’s Casting, How Neil Burger’s Vision Compares to Her Own, the Final Book ALLEGIANT, and More”. 2014年3月22日閲覧。
  16. ^ Analysts Boost Lionsgate Price Target on 'Ender's Game', 'Divergent' Prospects”. ハリウッド・リポーター. 2014年3月21日閲覧。
  17. ^ Shailene Woodley Talks 'Divergent' Movie Casting”. 2014年3月22日閲覧。
  18. ^ Who Has ‘Divergent’ Chemistry With Shailene Woodley?”. 2014年3月22日閲覧。
  19. ^ Jack Reynor Lands Starring Role in 'Transformers 4'”. 2014年3月22日閲覧。
  20. ^ 'Divergent' has found its 'Four'! Theo James talks about starring in the next big YA franchise.”. 2014年3月22日閲覧。
  21. ^ Veronica Roth and Lionsgate Movie Studio Respond to Theo James Casting in The Divergent Movie”. 2014-03-22閲覧。
  22. ^ 'Divergent' has found its 'Four'! Theo James talks about starring in the next big YA franchise”. 2014年3月22日閲覧。
  23. ^ Aaron Eckhart May Be Divergent”. 2014年3月22日閲覧。
  24. ^ 'Die Hard 5' star Jai Courtney joins Shailene Woodley in 'Divergent'”. 2014年3月22日閲覧。
  25. ^ Kate Winslet May Be Divergent”. 2014年3月22日閲覧。
  26. ^ Kate Winslet cast in young adult film ‘Divergent’”. 2014年3月22日閲覧。
  27. ^ a b On set of 'Divergent,' Kate Winslet is pregnant and mean”. 2014年3月22日閲覧。
  28. ^ First Look: Shailene Woodley faces knives in 'Divergent' -- EXCLUSIVE PHOTO”. 2014年3月23日閲覧。
  29. ^ Comic-Con 2013: Shailene Woodley Says ‘Divergent’ Is Not a Superhero Movie”. 2014年3月23日閲覧。
  30. ^ Blockbuster summer awaits movie-set fans”. 2014年3月23日閲覧。
  31. ^ 'Divergent' Hits Comic-Con!”. 2014-0-3-22閲覧。
  32. ^ Neil Burger’s DIVERGENT Starring Shailene Woodley, Theo James, and Kate Winslet to Be Released in IMAX”. 2014年3月22日閲覧。
  33. ^ Hans Zimmer to produce Junkie XL’s ‘Divergent’ score”. 2014年3月21日閲覧。
  34. ^ Junkie XL to Score ‘Divergent’”. 2014年3月21日閲覧。
  35. ^ Interscope Records to Release Soundtrack and Score to Summit Entertainment’s Highly Anticipated Feature Film Divergent”. 2014年3月21日閲覧。
  36. ^ Interscope Records To Release Original Motion Picture Soundtrack And Score To Summit Entertainment's Highly Anticipated Feature Film Divergent On March 11”. 2014年3月21日閲覧。
  37. ^ First Look: Shailene Woodley faces knives in 'Divergent' -- EXCLUSIVE PHOTO”. 2014年3月24日閲覧。
  38. ^ Divergent film footage was shown at Cannes Film Festival”. 2014年3月24日閲覧。
  39. ^ ‘Divergent’ Tracking To Huge $50M-$60M Weekend Three Weeks Out; Pre-Sales Outstanding; ’300′ And ‘Mr. Peabody’ Also Strong For Weekend Bows”. 2014年3月21日閲覧。
  40. ^ Divergent Drives A Stake In Twilight's First Day Advance Ticket Sales On Fandango”. 2014年3月21日閲覧。
  41. ^ ‘Divergent’ Heats Up With Advanced Ticket Sales”. 2014年3月21日閲覧。
  42. ^ a b ‘Divergent’ Debuts to $4.9 Million, Lionsgate Greenlights ‘Insurgent’”. 2014年3月22日閲覧。
  43. ^ Friday Report: 'Divergent' Scores $22.8 Million, 'God's Not Dead' Surprises”. 2014年3月23日閲覧。
  44. ^ Weekend Report: 'Divergent' Dominates, 'Muppets' Misses, 'God' Lives”. 2014年3月24日閲覧。
  45. ^ Twilight”. 2014年3月24日閲覧。
  46. ^ アンジー主演『マレフィセント』がV2!動員145万人を突破!【映画週末興行成績】”. 2015年1月3日閲覧。
  47. ^ Divergent (2014)”. 2014年3月21日閲覧。
  48. ^ Divergent”. 2014年9月23日閲覧。
  49. ^ Box Office Top 10: 'Divergent' Tops Uneven Field, 'Grand Budapest Hotel' Surges, 'Lego Movie' Passes $400 Million Worldwide”. 2014年3月24日閲覧。
  50. ^ Divergent Review”. IGN. 2014年3月21日閲覧。
  51. ^ Review: 'Divergent' Isn't Different Enough”. 2014年3月21日閲覧。
  52. ^ Teen Chioce Awards 2014 Nominees”. 2014年6月17日閲覧。
  53. ^ ピープルズ・チョイス・アワード映画部門の受賞結果発表!” (2015年1月10日). 2015年1月13日閲覧。
  54. ^ Summit Sets Brian Duffield to Pen DIVERGENT Sequel, INSURGENT”. 2014年3月21日閲覧。
  55. ^ ‘Divergent’ Director Neil Burger Won’t Do Sequel (EXCLUSIVE)”. 2014年3月21日閲覧。
  56. ^ ‘Divergent’ sequel ‘Insurgent’ finds director in Robert Schwentke”. 2014年3月21日閲覧。
  57. ^ Robert Schwentke To Direct ‘Divergent’ Sequel ‘Insurgent’”. 2014年3月21日閲覧。
  58. ^ 『ダイバージェント』第3弾も監督続投”. 2015年1月7日閲覧。
  59. ^ Summit Sets Release Dates for DIVERGENT Threequel ALLEGIANT, Plus GODS OF EGYPT and STEP UP ALL IN”. 0214年3月21日閲覧。
  60. ^ Summit sets March 2016 date for ‘Allegiant,’ avoids a split (for now)”. 2014年3月21日閲覧。
  61. ^ Lionsgate Splitting Third ‘Divergent’ Book ‘Allegiant’ into Two Films”. 2014年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]