アンナ・カレーニナ (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
Anna-karenina-.svg
監督 ジョー・ライト
脚本 トム・ストッパード
原作アンナ・カレーニナ
レフ・トルストイ
製作 ティム・ビーヴァン
ポール・ウェブスター
出演者 キーラ・ナイトレイ
ジュード・ロウ
アーロン・テイラー=ジョンソン
ケリー・マクドナルド
マシュー・マクファディン
音楽 ダリオ・マリアネッリ
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 メラニー・オリヴァー
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 イギリスの旗 2012年9月7日
日本の旗 2013年3月29日
上映時間 130分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 £31,000,000[1]
興行収入 $68,929,150[2]
1億7400万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

アンナ・カレーニナ』(Anna Karenina)は、2012年公開のジョー・ライト監督によるイギリスのドラマ映画。1877年にレフ・トルストイが発表した『アンナ・カレーニナ』の映画化作品。

映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いている[4]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

アンナ・カレーニナ
演 - キーラ・ナイトレイ、日本語吹替 - 弓場沙織
18歳で結婚した既婚女性。幼い1人息子セルゲイ(セリョージャ)がいる。
アレクセイ・カレーニン伯爵
演 - ジュード・ロウ、日本語吹替 - 村治学
アンナの年の離れた夫。有能な大臣。
アレクセイ・ヴロンスキー伯爵
演 - アーロン・テイラー=ジョンソン、日本語吹替 - 相原嵩明
将校。社交界で有名なプレイボーイ。
ステパン(スティーヴァ)・オブロンスキー公爵
演 - マシュー・マクファディン、日本語吹替 - 横島亘
アンナの兄。浮気者だが家族を深く愛している。
ダーリャ(ドリー)・オブロンスカヤ公爵夫人
演 - ケリー・マクドナルド、日本語吹替 - 木下紗華
スティーヴァの妻。子だくさん。アンナの親友。
コンスタンティン(コスチャ)・リョーヴィン
演 - ドーナル・グリーソン、日本語吹替 - 西健亮
質素で堅実な農場主。スティーヴァの旧友。キティに求婚するが一度は断られる。
エカテリーナ(キティ)・シチェルバツカヤ
演 - アリシア・ヴィキャンデル、日本語吹替 ‐ 清水理沙
ドリーの妹。18歳。アレクセイ・ヴロンスキーとの結婚を期待していたがアンナに奪われてしまう。失意の後にリョーヴィンの良き妻に。
エリザベータ(ベツィ)公爵夫人
演 - ルース・ウィルソン
アンナの社交界の友人。アレクセイ・ヴロンスキーの親戚。奔放で恋多き女性。
ヴロンスカヤ伯爵夫人
演 - オリヴィア・ウィリアムズ
アレクセイ・ヴロンスキーの母。恋の噂が絶えない女性。
リディア・イワノヴナ伯爵夫人
演 - エミリー・ワトソン
社交界の有力者で堅物。カレーニンの友人。
アレクサンダー・ヴロンスキー伯爵
演 - ラファエル・ペルソナ
アレクセイ・ヴロンスキーの兄。
ソロキナ嬢
演 - カーラ・デルヴィーニュ
公爵令嬢。アレクセイ・ヴロンスキーの花嫁候補とされている。

製作[編集]

ジョー・ライト監督は、英国人歴史家オーランドー・ファイジズの「19世紀のサンクトペテルブルク貴族は、人生を舞台の上で演じているかのようだった」という記述に目を留め、内側から腐った当時のロシア社会の比喩として「美しいが崩れ落ちそうな劇場」のセットを基盤とした、舞台型の演出を取り入れている[5]

ダンスの振付を担当した世界的なモダンダンス振付師シディ・ラルビ・シェルカウイは、ダンス以外の俳優の動きにも形式的な要素を加え、シーンごとに物語へのバレエ的なアプローチを行なっている[6]

参考文献[編集]

  1. ^ Sally Williams (2012年9月7日). “Anna Karenina: back from the brink”. Telegrap. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/starsandstories/9529142/Anna-Karenina-back-from-the-brink.html 2014年2月16日閲覧。 
  2. ^ Anna Karenina” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 211頁
  4. ^ アンナ・カレーニナ”. WOWOW. 2014年2月16日閲覧。
  5. ^ PRODUCTION NOTE「人生は、まるで舞台! 大胆な舞台型演出」”. 映画『アンナ・カレーニナ』オフィシャルサイト. 2014年2月16日閲覧。
  6. ^ PRODUCTION NOTE「ミュージカルをも超越した音楽と振付」”. 映画『アンナ・カレーニナ』オフィシャルサイト. 2014年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]