オーランドー・ファイジズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーランドー・ファイジズ(Orlando Figes、1959年11月20日-)は、イギリスの歴史学者、ロンドン大学バークベック・カレッジ教授。専門は、ロシア史。

ケンブリッジ大学ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジで歴史学を学び、同大学トリニティ・カレッジで博士号を取得。1987年から1999年まで同大学で講師を務めた後、ロンドン大学バークベック・カレッジの教授に就いた。

著書[編集]

  • Peasant Russia, civil war: the Volga countryside in revolution, 1917-1921, Clarendon Press, 1989.
  • A people's tragedy: the Russian Revolution, 1891-1924, Jonathan Cape, 1996.
  • Natasha's dance: a cultural history of Russia, Allen Lane, 2002.
  • The whisperers: private life in Stalin's Russia, Metropolitan Books, 2007.
    • 『囁きと密告――スターリン時代の家族の歴史』上・下巻(染谷徹訳、白水社、2011年)
  • Crimea: the last crusade, Allen Lane, 2010.
    • 『クリミア戦争』上・下巻(染谷徹訳、白水社、2015年)
  • Just send me word: a true story of love and survival in the Gulag, Metropolitan Books, 2012.
  • Revolutionary Russia, 1891–1991, Metropolitan Books, 2014.

共著[編集]

  • Interpreting the Russian Revolution: the language and symbols of 1917, with Boris Kolonitskii, Yale University Press, 1999.