マイヤ・プリセツカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイヤ・プリセツカヤ
Maya Plisetskaya 2011.png
2011年
生誕 (1925-11-20) 1925年11月20日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
死没 (2015-05-02) 2015年5月2日(89歳没)
出身校 国立モスクワ舞踊学校
ジュリエットを踊るプリセツカヤ(1961年)

マイヤ・ミハイロヴナ・プリセツカヤロシア語: Майя Михайловна Плисецкая, ラテン文字表記:Maya Mikhailovna Plisetskaya, 1925年11月20日 - 2015年5月2日)は、ロシアバレエダンサー。20世紀最高のバレリーナと称された[1]

生い立ち[編集]

プリセツカヤはモスクワで芸術家を多く輩出する有名なユダヤ人一家に生まれた。エンジニアの父の仕事の都合で、スピッツベルゲン島の学校へ通う。1938年、父親はスターリンの粛清により処刑され、サイレント映画女優だった母親はカザフスタンへ強制送致された。プリセツカヤは母方の叔母にあたるバレリーナスラミフィ・メッセレルの養子となった。

1934年、プリセツカヤの一家は休暇のためモスクワに帰り、その期間中にプリセツカヤは帝室バレエ学校のエフゲニヤ・イワノヴナ・ドリンスカヤのクラスに編入する。プリセツカヤはバレエを始めて1年目で「軍縮会議」という演目の中国人役で舞台に立った。その後再びモスクワに戻り、バレリーナであったエリザヴェータ・ゲルトのもとで6年間学んだ。プリセツカヤは1943年国立モスクワ舞踊学校を卒業し、ボリショイ・バレエに入団した。

プリセツカヤは2015年5月2日、89歳で心臓発作のためドイツでその生涯を閉じた[2]。プリセツカヤの遺言により、遺骨は散骨された[3]

活動歴[編集]

プリセツカヤはバレエ学校卒業後、ボリショイバレエ団にコール・ド・バレエ(群舞を担当するダンサー集団)として入団する。プリセツカヤもこのポジションに不満があったこともあり、ボリショイ劇場以外での公演に積極的に出演して経験を積んだ。プリセツカヤは入団1年目を終えるころに、欠員のため「くるみ割り人形」のマーシャ役に抜擢されることとなった。

アンナ・パヴロワの代表作でもある「瀕死の白鳥」を演じ、当たり役とした。またプリセツカヤの最大の当たり役は、「白鳥の湖」のオデット/オディール(1947年)、「眠れる森の美女」のオーロラ姫(1961年)である。跳躍の高さ、柔軟で大きく反る背中、技術の確かさ、カリスマ性すべてにおいて高く評価された。

そんなプリセツカヤに向けられた高い賞賛とは裏腹に、劇場上層部のプリセツカヤへの待遇はあまり良いものとはいえなかった。プリセツカヤは自らがユダヤ人であったことが災いし、1956年の国外公演には反ユダヤ主義的風潮のなかで同行が許されなかった。しかし1959年にプリセツカヤが西側世界に初めて登場すると、バレエ界に大きな衝撃を与えることとなった。世界中のバレリーナはプリセツカヤの以後、技術の完成度でも演技力でもより高度なものを要求されることになったのである。

1958年、作曲家のロディオン・シチェドリンと結婚、翌年にはソ連人民芸術家として表彰された。

1960年ガリーナ・ウラノワが引退すると、プリセツカヤもボリショイ劇場のプリマ・バレリーナ(首席バレリーナ)に任命された。1967年ソ連で制作された『アンナ・カレーニナ』の映画版では、トヴェルスコイ公爵夫人(ヴェッツィ)を演じ、1971年にはシチェドリンの作曲、自身の振り付けによるバレエ版「アンナ・カレーニナ」を発表し、主役のアンナを演じた。他にもユーリー・グリゴローヴィチローラン・プティアルベルト・アロンソモーリス・ベジャールなどの著名な振り付け師が、プリセツカヤのために作品を振り付けている。

1980年代にはプリセツカヤはシチェドリンとともに海外で過ごすことが多くなり、ローマ・オペラ・バレエマドリードのスペイン国立バレエの芸術監督を務めた。プリセツカヤは65歳でボリショイ劇場のソリストから引退したが、その後も芸術活動を続けていた。70歳の誕生日にはベジャールの振り付けによる「アヴェ・マイヤ」を初演した。

1994年からは、プリセツカヤの名を冠したマイヤ・プリセツカヤ国際バレエコンクールの審査員長を務めた。

日本との関係[編集]

プリセツカヤは約40回に渡って来日し、多くの公演を行った[4][5]2003年、宝塚歌劇星組公演「王家に捧ぐ歌」の振付を担当した。

プリセツカヤは2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞の演劇・映像部門を受賞した。2011年には日本のバレエに対する貢献が認められて旭日中綬章を受章し、2012年2月にモスクワの日本大使館で行われた伝達式の際には、「私と日本は特別な関係です。日本の食事や教育、文化、全てが気に入っています。」と述べていた[4]

DVD、書籍[編集]

  • 「闘う白鳥」(自伝)
  • 「アンナ・カレーニナ」(1967年モスフィルム製作 - DVD出版元 RUSCICO(ロシア映画評議会))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]