スピッツベルゲン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スピッツベルゲン島
現地名:
Spitsbergen
Spitsbergen.png
赤がスピッツベルゲン島(左下の四角内の赤はスヴァールバル諸島の位置)
スピッツベルゲン島の位置(北極海内)
スピッツベルゲン島
スピッツベルゲン島 (北極海)
スピッツベルゲン島の位置(北西連邦管区内)
スピッツベルゲン島
スピッツベルゲン島 (北西連邦管区)
スピッツベルゲン島の位置(スヴァールバル諸島内)
スピッツベルゲン島
スピッツベルゲン島 (スヴァールバル諸島)

スヴァールバル諸島の位置を示すために便宜上北西連邦管区と表示される地図を使用
地理
場所 北極海
座標 北緯78度45分 東経16度00分 / 北緯78.750度 東経16.000度 / 78.750; 16.000座標: 北緯78度45分 東経16度00分 / 北緯78.750度 東経16.000度 / 78.750; 16.000
諸島 スヴァールバル諸島
面積 37,673 km2 (14,546 sq mi)
面積順位 36位
最高標高 1,717 m (5,633 ft)[1]
最高峰 ニュートン山(英語)[1]
行政
最大都市 ロングイェールビーン
人口統計
人口 2,642(2012年時点)
テンプレートを表示

スピッツベルゲン島(スピッツベルゲンとう、Spitsbergen)は、ノルウェースヴァールバル諸島最大の。同諸島で唯一の有人島であり、面積は37,673 km2九州島とほぼ同じ面積)、フィヨルドで入り組んだ海岸線の延長は3,919 kmになる。

島の中部に所在し、行政の中心であり最大の居留地であるロングイェールビーン北緯78.2132度、東経15.6445度に位置し、2012年現在、 2,642人が住んでいる。このほか、北西部のニーオーレスンは、北緯78.9377度、東経11.8432度に位置する。

諸島全体が一年を通じて寒冷な北極圏にあるため、極地科学の研究拠点・対象であるともに、世界の農作物種の保存を目的としたスヴァールバル世界種子貯蔵庫と、各国の公文書などをフィルム化して預かるArctic World Archive(北極圏世界記録庫)[2]の設営場所である。またEISCAT主導のISレーダーの観測に日本も参画する[3][4]

発見と地名[編集]

1720年のスヴァールバル諸島の地図

この島を含むスヴァールバル諸島は1596年北東航路の探索途中であったオランダ探検家ウィレム・バレンツによって発見された。ただし、ロシアには「10世紀頃からスラブ民族が島で狩猟をしていたのに、ロシア革命の混乱期にノルウェーに奪われた」との主張があるという[5]12世紀末にはすでにノルウェー人によって知られていたとの説もある。バレンツは、当地の険しく尖った山々を見て、諸島の名をオランダ語の「spits (尖った)」と「bergen (山々、山地)」より、「Spitsbergen (スピッツベルヘン、尖った山々)」とした。

以来、この諸島名はその後の約300年を通して使われてきたが、1925年をもってノルウェー領となった折、諸島は古ノルド語「Svalbard (冷たい岸辺)」から採ったノルウェー語地名に改称する。また古称 Spitzbergen は諸島の中で最大の島の名称に変わり、合わせて綴りもノルウェー語による Spitsbergen と正式に改められた。

地勢と特徴[編集]

島の南側から西にむかってスピッツベルゲン海流が流れ、島内にはフィヨルドがあちこちで見られる。

最大の町はロングイェールビーン。北部にあるニーオーレスンはかつて石炭採掘業が盛んで、現在では炭鉱は閉鎖され、研究者に開放されている[6]国立極地研究所を参照)。採炭地はロングイェールビーンから西へ約55kmのバレンツブルクに移り、ロシア人が多く居住するこの町は観光の町でもある。

スヴァールバル条約により、日本を含む調印国であればいずれの国民もビザを申請せずにこの島に住むことができる。ただし、90日を超える場合は滞在許可の事前取得が必要である[7]現在この権利を行使しているのは、40以上の加盟国中でノルウェーとロシアの2国のみである[要出典]

シェンゲン協定に加盟しないスヴァールバル諸島では、ノルウェー政府によるパスポート審査を行わない。ただし渡航者の国籍によってノルウェー本土を含むシェンゲン圏の出入りに査証の提示が求められ、その場合は数次査証を受給した渡航が推奨される[8]。これは、スピッツベルゲン島に滞在するには、到着と出発を含めてシェンゲン圏との境を複数回越えるためである。

古生物化石[編集]

「尖った山々」を意味するスピッツベルゲン島は、雪の女王の座所とされる。

スヴァールバル諸島は地質学的・古生物学的にも注目に値する。最古の有孔虫化石の発見地とされた時期もあり、三葉虫類の産出も多い。中生代裸子植物であるゼノキシロン属の最初の発見地であり、古生代デボン紀に生息した最初期のシーラカンス類と見られるディプロケルキデスの発見地の一つとしても、この島の名が挙げられる。イクチオサウルスプレシオサウルスといった中生代の海棲爬虫類の化石も見出されており、2008年には巨大なプリオサウルス類が発見され、2012年にはオフタルモサウルス科の魚竜であるクリオプテリギウスパルベンニアが記載された[9]

その他の関連事項[編集]

参考文献[編集]

  • Patrick S. Druckenmiller; Jørn H. Hurum; Espen M. Knutsen; Hans Arne Nakrem (2012). “Two new ophthalmosaurids (Reptilia: Ichthyosauria) from the Agardhfjellet Formation (Upper Jurassic: Volgian/Tithonian), Svalbard, Norway”. Norwegian Journal of Geology 92 (2–3): 311–339. ISSN 1502-5322. 
  • Scheffel, Richard L., ed (1980). Natural Wonders of the World. United States of America: Reader's Digest Association, Inc. p. 355. ISBN 0-89577-087-3 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b readersnatural 1980, p. 355.
  2. ^ “記録の力・Part1「極北の凍土で守り抜く記録」”. 『朝日新聞GLOBE』. (2017年9月). オリジナルの2018年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180202111433/http://globe.asahi.com/feature/article/2017083000010.html 
  3. ^ 日本の参画|EISCAT”. EISCAT国内推進室(国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所). 2019年12月14日閲覧。
  4. ^ 研究・観測活動 │ EISCATレーダーならびに地上拠点観測に基づく北極圏超高層・中層大気の国際共同研究”. 国立極地研究所 - 国際北極環境研究センター. 2019年12月14日閲覧。
  5. ^ “【世界発2017】「ソ連」香るノルウェーの島/国際条約の下 ロシアが80年超「集落」維持/炭鉱縮小 観光で生き残りへ”. 『朝日新聞』朝刊. (2017年7月25日). http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170725000207.html 
  6. ^ ノルウェーの取り組み - 北極研究” (日本語). ノルウェーポータル. 駐日ノルウェー王国大使館. 2019年12月14日閲覧。
  7. ^ Visas and immigration” (英語). Governor of Svalbard. 2019年12月14日閲覧。 スヴァールバル総督府
  8. ^ “[https://www.norway.no/ja/japan/services-info/visitors-visa-res-permit/faq/faq2/ スヴァールバル諸島への渡航について (滞在許可に関するよくある質問)]” (日本語). 駐日ノルウェー王国大使館. 2019年12月14日閲覧。 ノルウェーポータル Norgesportalen
  9. ^ Druckenmiller, Hurum, Knutsen, Nakrem 2012, pp. 311–339.
  10. ^ 「地球最後の日」に備えて種子保存の「箱船」、ノルウェーにきょう開設”. AFP (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  11. ^ 低解像度 pdf at the Wayback Machine (archived 2015-09-24)
  12. ^ 低解像度 pdf[リンク切れ]
  13. ^ Druckenmiller, Hurum, Knutsen, Nakrem (2012)[11]、リンク切れ[12]
  14. ^ 高解像度 pdf at the Wayback Machine (archived 2015-09-24)
  15. ^ 高解像度 pdf[リンク切れ]
  16. ^ Druckenmiller, Hurum, Knutsen, Nakrem (2012)[14]、リンク切れ[15]

外部リンク[編集]