藤原紀香の1ボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤原紀香の1ボトル』(ふじわらのりかのワンボトル)は、2006年8月20日(日曜) 24:15 - 25:15と2007年1月2日(火曜) 23:55 - 24:55に関西テレビで放送されたトーク番組である。

概要[編集]

タイトルにあるように、藤原紀香がMCを務めたこの番組は、ある料理店に唐突に登場するゲスト1名が持ち寄るを1本まるごと飲みきりつつ、藤原自身とゲストが2人きり(撮影は固定の無人カメラ数台)になり、お互いの素の部分をさらけ出すという内容だった。収録は2名分を連続して行うため、1人目が退席して2人目と入れ替わる時点で、藤原はベロベロに酔っ払っていた。また、1人目が退席しても、食卓は片付けないままで2人目の収録が行われた。

第1回に登場したゲストは歌手の大黒摩季とお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史であったが、藤本が訪れた時に持参したワインを飲んだことを藤原はすっかり酔いつぶれて忘れてしまったという逸話がある。また、第2回の冒頭で藤原が述べたところによると、初回放送後に友人やファンからの反響が藤原のもとへ殺到したが、9割は「偉い」「カッコイイ」などの絶賛、残る1割は「ショックやった」とのこと。また、陣内智則との婚約発表後にもかかわらず、ゲストの脇田寧人(ワッキー)が当人を口説く様子が放送された。

ゲスト[編集]

放送[編集]

この番組は関西テレビのほかに、以下の局でも放送された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]