ドロウジー・シャペロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドロウジー・シャペロン』(The Drowsy Chaperone)は、ブロードウェイのミュージカル舞台。2006年5月1日ニューヨークマーケス劇場で開幕し、2007年12月31日に閉幕した。その後、全米中でツアー上演され、イギリス・ロンドンのウエスト・エンドでの公演も行われた。これからは、オーストラリアと最初の翻訳公演となる日本2009年1月)での上演が予定されている。

現代のマンハッタンのアパートの一室に暮らすミュージカルおたくの"椅子の男"が、1928年に上演されレコードが擦り切れるほど聞いて愛し空想したミュージカル「ドロウジー・シャペロン」の世界を観客に解説していく。"椅子の男"は謂わば狂言回し的に登場し、彼の部屋ではミュージカル「ドロウジー・シャペロン」の物語が繰り広げられていくという構成になっている。「ドロウジー・シャペロン」は、ブロードウェイの新進の歌姫の突然の結婚・引退を巡る騒動を描いた物語となっている。当時の古き良きミュージカルや現代ミュージカルを風刺しつつ、ミュージカルへの愛情に溢れた作品となっている。

第60回トニー賞ではミュージカル部門の助演女優賞や楽曲賞、脚本賞など5部門を受賞した。

曲目[編集]

  • Overture
  • Fancy Dress
  • Cold Feets
  • Show Off
  • As We Stumble Along
  • I Am Aldolpho
  • Accident Waiting To Happen
  • Toledo Surprise
  • Message From A Nightingale
  • Bride's Lament
  • Love Is Always Lovely In The End
  • I Do, I Do In The Sky
  • As We Stumble Along (Reprise)

登場人物と配役[編集]

オリジナル・ブロードウェイ・キャスト
ロンドン(ウエスト・エンド)版キャスト
日本版キャスト

主な賞歴[編集]

トニー賞 (13候補5部門受賞)
  • 受賞
    • 助演女優賞 - ベス・リーヴェル
    • 脚本賞 - ボブ・マーティン、ドン・マッケラー
    • 楽曲賞 - リサ・ランバート、グレッグ・モリソン
    • 装置デザイン賞
    • 衣装デザイン賞
  • 候補
    • 作品賞
    • 主演男優賞 - ボブ・マーティン
    • 主演女優賞 - サットン・フォスター
    • 助演男優賞 - ダニー・バーンスタイン
    • 演出賞
    • 振付賞
    • 編曲賞
    • 照明デザイン賞

(いずれもミュージカル部門)

ドラマ・デスク賞 (14候補6部門受賞)
  • 受賞
    • 作品賞
    • 助演女優賞 - ベス・リーヴェル
    • 脚本賞 - ボブ・マーティン、ドン・マッケラー
    • 作詞賞 - リサ・ランバート、グレッグ・モリソン
    • 作曲賞 - リサ・ランバート、グレッグ・モリソン
    • 装置デザイン賞
    • 衣装デザイン賞
  • 候補
    • 主演男優賞 - ボブ・マーティン
    • 主演女優賞 - サットン・フォスター
    • 助演男優賞 - Eddie Korbich
    • 演出賞
    • 振付賞
    • 編曲賞
    • 照明デザイン賞

(いずれもミュージカル部門)

ローレンス・オリヴィエ賞(5候補)
  • 候補
    • 新作ミュージカル賞
    • ミュージカル男優賞 - ボブ・マーティン
    • ミュージカル女優賞 - Summer Strallen
    • 振付賞
    • 衣装デザイン賞

外部リンク[編集]