エンゾ・マイオルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エンゾ・マイオルカ(Enzo Maiorca 、1931年6月11日 - 2016年11月13日)は、イタリアの男性フリーダイバー。エンツォと表記される場合もある。

人物[編集]

イタリアのシラクサ生まれ。数々の記録を持っていた。フリーダイビングのパイオニア。

映画『グラン・ブルー』のエンゾ・モリナーリ(Enzo Molinari)のモデルと言われている。作品中で死亡したかのようになっているが、エンゾ・マイオルカ本人は映画制作当時は存命で、映画が公開された1988年にNo-limits Variable Weightで101mの記録を出している[1]

『グラン・ブルー』では監督と同じフランス人であるジャック・マイヨールを主役にしているため、ジャック・マイヨールは本人より美化され、エンゾ・マイオルカは悪くかかれている、と本人が発言している。[2]

2016年11月13日逝去。85歳没[3]

エンゾ・マイオルカを取り上げたテレビ番組や雑誌等[編集]

  • Sports Graphic Number 477号 1999年8月26日号
  • スポーツ20世紀—甦る「スポーツの世紀」の記憶 (Vol.4) (2000年7月)
  • 「島田楊子・沢村一樹・おいしい!気持ちいい!地中海の楽園南イタリア・シチリア欲張り旅!」(2003年12月30日 テレビ朝日)

脚注[編集]

  1. ^ アプネアの歴史
  2. ^ Sports Graphic Number 477号 1999年8月26日号
  3. ^ “「グラン・ブルー」ライバル役のモデル、マイオルカ氏死去”. スポニチアネックス. (2016年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/14/kiji/K20161114013720560.html 2016年11月14日閲覧。 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]