ジャック・マイヨール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャック・マイヨールJacques Mayol, 1927年4月1日- 2001年12月22日)は、フランスフリーダイバー上海生まれ。イタリアエルバ島にて没。

生涯[編集]

4歳の時、母親に初めて水とのつき合い方を教わる。10歳の時に、佐賀県唐津市七つ釜ではじめてイルカと出会い、その後の生活の原点となる。12歳で一家でフランスのマルセイユに移住。17歳で父の設計事務所で働きながらバカロレアを取得。高校を出ると北極圏イヌイットと暮らすなど、以後コペンハーゲンを起点に旅を繰り返す。

22歳の時、ヴィブケ・ボージュ・ワズショルドと間に長女ドッティをもうける。正式な結婚は後の25歳の時、コペンハーゲンにて執り行われた。その後水夫としてカナダのアルバータ州アメリカマイアミに移住。その間、レポータージャーナリストとして働き、長男ジャン・ジャックが誕生する。 フロリダではフランス語系新聞の手伝いやラジオ番組のリポーターを務めながら、マイアミ水族館で働く。そこで1957年にイルカの調教を担当したことから水中での泳ぎ方などを体得。

その後水族館を退職しカイコス諸島に移住、素潜りによる伊勢エビ漁を島民に教える。その頃になると周りの勧めでフリーダイビングに挑戦するようになり、1966年ハバナにて60メートルを記録したのを皮切りにエンゾ・マイオルカと共に記録合戦を繰り広げた。1973年、イタリアに居を移し、10余りの潜水実験に参加。それにより数十メートルの深度でフリーダイビング中のマイヨールの脈拍が毎分26回になっていることや赤血球が著しく増加していることが、スキューバで潜った医師によって測定されたこともある。1976年11月23日エルバ島にて人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録をつくる。この時49歳であった。

1983年、母親の葬儀に参列するためにマルセイユに行った折にリュック・ベッソンと出会う。1988年、自伝をもとにした映画「グラン・ブルー」が同監督により製作され、世界中の人にその存在を知られる。

1989年マルセイユ出身の女性編集者ジャンヌ・ラフィットと結婚し、本をいくつか出版する(そのひとつが『イルカと海に帰る日』である)。

大の親日家であり、フリーダイビングにヨーガを取り入れていた。千葉県館山市坂田に別荘を設けている。1995年にはTBSテレビのドキュメンタリー番組「いのちの響」に出演したことがある。1997年の秋には27HOUR SPECIAL CHALLENGE 97内で放送された「イルカが海に帰る日 ~ユキよ、自由の海を泳げ~」のスペシャルゲストを担当した。

ダイビングの第一線から引退した後は、イルカと人間との共存を訴えた。晩年はうつ病を患っていた。2001年12月22日、エルバ島の自宅の部屋で首吊り自殺をしているのが発見された。遺体のそばのテーブルの上に、「グラン・ブルー」のビデオと、直前に出演したテレビ朝日の「グレートマザー物語」のビデオが置いてあった。彼の自殺直前の状況については、兄ピエールの『ジャック・マイヨール、イルカと海に還る』(ISBN 4062119587)に詳しい。

遺骨はトスカーナ散骨された。

マイヨールの記録[編集]

著作[編集]

  • 『イルカと海に帰る日』(原題:ホモ・デルフィナス 訳:関邦博) ISBN 4062061473
  • 『海の記憶を求めて』(兄ピエールとの共著) ISBN 4881356372
  • 『イルカと、海に還る日』(ピエール・マイヨール、パトリック・ムートン著) ISBN 4062119587

参考文献[編集]

関連映画[編集]

外部リンク[編集]