イソヒヨドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
亜種 M. s. philippensis のオス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: イソヒヨドリ属 Monticola
: イソヒヨドリ M. solitarius
学名
Monticola solitarius Linnaeus, 1758
英名
Blue Rock Thrush

イソヒヨドリ(磯鵯) Monticola solitarius は、スズメ目、ヒタキ科に分類される鳥の一種[1]アフリカユーラシア大陸に広く分布する鳥で、和名どおり海岸や岩山などで多く見られる。磯や岩場に多く生息していて、ヒヨドリに似ていることからこの和名がついているが、分類上はヒヨドリ科ではなくヒタキ科でまったく別の鳥である[2]

分布[編集]

アフリカからユーラシア大陸インドネシアニューギニアまで広く分布する。

形態[編集]

体長は23cmほどで、ヒヨドリよりは少し小さい。体色は亜種によって異なるが、日本に分布する亜種イソヒヨドリ M. s. philippensis では、オスは頭から喉および背部が暗青色、胸腹部がレンガ色のような赤褐色、翼がと鮮やかに色分けされる。一方、メスは全身がやや暗青色を帯びた茶褐色で、のような模様があり、雌雄の区別は容易であるが、若鳥のオスは、メスの個体と近似の羽色をしており雌雄の区別がしづらい。繁殖期が近づくと、正面の腹の下部からだんだん赤褐色に変色していく。

生態[編集]

イソヒヨドリは世界的には標高2,000-4,000mの高山の岩石地帯に生息する鳥である(右図参照)。

日本ではかつてはなど海岸周辺が主要な生息地域であったが、1980年頃から内陸部の地方都市で繁殖が確認されるようになり、2000年代に入ってその数はさらに増加している。2019年現在では関東、近畿など大都市圏で見かけることも珍しくなく[3]、電線や看板に留まっていたり、住宅地やビルの間を飛び回る姿を見かけたり、鳴き声を聞くことができる。

おもに地上で餌を探し、甲殻類昆虫類トカゲなど、いろいろな小動物を捕食する。 単独行動で、群れは作らない。 春にはツグミ科特有の声量のある美声でさえずる。その声音と節回しは複雑である。 また、イソヒヨドリは繁殖期以外でも天気の良い日はさえずることが知られている。

通常は岩陰などの岩の隙間等に営巣するが、都市部ではビルの屋上、屋根の隙間、通風口などに営巣して人々を驚かせることもある。

産卵は地域により差があるが本州では5月初旬ごろ行われる。巣は枯れた雑草などの寄せ集めである。通常、5、6個程度の卵を産む。雛は濃い鼠色をし、2週間程度で巣立つ。この間、雄雌が交代で餌を運ぶ。

亜種[編集]

南西諸島などに稀に渡来する亜種アオハライソヒヨドリ M. s. pandoo のオスは全身青色である。

  1. Monticola solitarius philippensis, イソヒヨドリ、Red-bellied Rock Thrush
  2. Monticola solitarius pandoo, アオハライソヒヨドリ、Blue Rock Thrush
  3. Monticola solitarius madoci
  4. Monticola solitarius longirostris
  5. Monticola solitarius solitarius

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ヒタキ上科 Muscicapoidea
ヒタキ科Muscicapidae

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山形則男・吉野俊幸・五百澤日丸=写真、五百澤日丸・山形則男=解説『新訂 日本の鳥550 山野の鳥』文一総合出版、2014年、285頁。ISBN 978-4829984000
  2. ^ 安部直哉『山溪名前図鑑 野鳥の名前』山と溪谷社、2008年、47頁。ISBN 978-4-635-07017-1
  3. ^ 柴田佳秀「鳥の都会暮らしはじめました#17今いちばん目が離せない‐イソヒヨドリ」『BIRDER 2019 Augst vol.391』、文一総合出版、2019年、 54頁。

関連項目[編集]