坂田山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂田山
Sakata-yama.JPG
坂田山(2010年6月6日撮影)
標高 111 m
所在地 日本の旗 日本
神奈川県中郡大磯町大磯
位置 北緯35度18分52秒
東経139度18分42秒
座標: 北緯35度18分52秒 東経139度18分42秒
山系 大磯丘陵
坂田山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

坂田山(さかたやま)は、神奈川県中郡大磯町にある山である。JR東海道本線大磯駅の裏手にあり、湘南平に連なる。

元々の名前は「八郎山」だったが、1932年にここで発生した慶應義塾大学の男子学生と静岡県裾野の資産家令嬢との心中事件(坂田山心中事件)の第一報を報じた東京日日新聞の記者が、「詩情に欠ける山名」ということで、大磯駅近辺の小字名「坂田」を冠して、勝手に「坂田山」と命名した。この心中が後にセンセーションを巻き起こしたことで、「坂田山」の名前が定着することになった。 この年、坂田山では6月から12月までの7か月間に20組もの心中事件が発生した。そのため、山の所有者が入山禁止にした時期もあった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『私と昭和』奥田修、文芸社, 1998

関連項目[編集]