真岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真岡駅
Moka-Sta.JPG
東口駅舎(2016年10月)
もおか*
Mōka
寺内 (3.8 km)
(1.6 km) 北真岡
所在地 栃木県真岡市台町2474-1
北緯36度26分22.05秒 東経140度0分10.45秒 / 北緯36.4394583度 東経140.0029028度 / 36.4394583; 140.0029028 (真岡駅)座標: 北緯36度26分22.05秒 東経140度0分10.45秒 / 北緯36.4394583度 東経140.0029028度 / 36.4394583; 140.0029028 (真岡駅)
所属事業者 真岡鐵道
所属路線 真岡線
キロ程 16.4 km(下館起点)
電報略号 モオ
モウ(変更前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
400人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1912年明治45年)4月1日[1]
備考 * 1988年に「もうか」からひらがな表記を変更[2]
テンプレートを表示

真岡駅(もおかえき)は、栃木県真岡市台町にある真岡鐵道真岡線である。

歴史[編集]

1912年明治45年)4月1日に、下館 - 真岡間の官設鉄道真岡軽便線が開業し、真岡駅が開設された[1]。翌年1913年大正2年)7月11日に、真岡軽便線は真岡駅から七井駅まで延伸された[1]

開業時より貨物の取り扱いも行う一般駅であったが[3]1982年昭和57年)11月1日に貨物の取り扱いを廃止して旅客駅となり[4]1984年(昭和59年)2月1日には荷物の扱いを廃止した[3]

1987年(昭和62年)4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化され、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となった[2]。翌年1988年(昭和63年)4月11日に、JR東日本真岡線第三セクター真岡鐵道になった。同時に真岡駅は呼称を「もうか」から「もおか」に変更した[2]

1996年平成8年)3月22日に、転車台を設置した[2]。翌年1997年(平成9年)3月30日に、SLの形の新駅舎が完成し、供用開始された[2]。同年、関東の駅百選に選出された[5]。選定理由は「地域の核として期待される巨大な蒸気機関車の複合施設の駅」である。

真岡市では、2012年現在井頭公園で展示されていた9600形49671号機を駅東口に移設展示し、廃車車両も外観整備をした上で移動させ真岡駅全体をSLミュージアムとして新たな観光名所を計画[6]。2012年7月には、展示車両のひとつであるスハフ44 25が駅構内へ搬入[7]2013年(平成25年)4月28日に、SLキューロク館が開館した[8][9]

駅構造[編集]

ホーム
改札口

2面3線のホームに、下館方に切り欠きホーム(旧貨物ホーム)1線を併設した地上駅である。駅舎は真岡駅子ども広場、真岡鐵道の本社、真岡駅前交番などが併設された複合施設となっている。

改札口を有し、出札窓口・自動券売機を備えるが、「SLもおか」以外の営業列車は車内で運賃収受するため、ここでの改札・集札は行わない(20時以降は駅員不在となる)。東口と西口を結ぶペデストリアンデッキ(東西自由通路・自転車対応)が設けられている。この自由通路は跨線橋とつながっており、改札を通らずに直接ホームに行くことができる。

構内にある車両基地は旧・国鉄時代、水戸機関区真岡支区(略号:水モウ)があり、1970年ごろにはキハ17が7両、キハ11が5両、キハ25が6両配属されていた。また、水戸機関区のDD13形(1969年2月まではC12形)が夜間駐泊していた[10]

切り欠きホーム(元貨物ホーム)や構内の側線には、部品取り用の車両や国鉄時代に真岡線で使用されていた機関車・気動車などが複数留置されている。

利用状況[編集]

2019年度の一日平均乗車人員は400人である。真岡鐵道の駅では最も多い。 近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2007 620
2008 589
2009 515
2010 527
2011 499
2012 516
2013 504
2014 450
2015 491
2016 464
2017 442
2018 482
2019 400

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

真岡市コミュニティバス(いちごバス)が東口、西口に、関東自動車宇都宮駅石橋駅方面)が東口に乗り入れている。

かつては関西方面への夜行高速バスが乗り入れていた。

隣の駅[編集]

真岡鐵道
真岡線
SLもおか」停車駅
寺内駅 - 真岡駅 - 北真岡駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 18頁
  2. ^ a b c d e 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 19頁
  3. ^ a b 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、467-468頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  4. ^ “日本国有鉄道公示第143号”. 官報. (1982年10月30日) 
  5. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 15頁
  6. ^ 真岡駅全体をSLミュージアムに、構想が本格化(2012年2月22日時点のアーカイブ) - 読売新聞 2012年2月21日(2012年3月7日閲覧)
  7. ^ スハフ44 25が真岡駅構内に到着 - 『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース(交友社) 2012年7月11日(2012年9月23日閲覧)
  8. ^ 開館 SLキューロク館の紹介
  9. ^ SLキューロク館オープン 真岡駅にぎわう(2013年5月4日時点のアーカイブ) - 下野新聞 2013年4月28日(2013年5月1日閲覧)
  10. ^ 『シナリーストラクチャーガイド1』機芸出版社、1988年、80頁

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』 21号 関東鉄道・真岡鐵道・首都圏新都市鉄道・流鉄、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年8月7日。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]