御嶽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御嶽駅
Mitake station.jpg
駅舎(2017年2月)
みたけ
Mitake
JC 68 沢井 (1.3km)
(2.8km) 川井 JC 70
所在地 東京都青梅市御岳本町310
駅番号 JC69
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 青梅線(東京アドベンチャーライン)
キロ程 27.2km(立川起点)
電報略号 ミケ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
683人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1929年昭和4年)9月1日[1]
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示
ホーム(2009年9月6日)
ホーム(2009年9月6日)
臨時降車口(2009年2月11日)
臨時降車口(2009年2月11日)
改札(2019年8月25日)
改札(2019年8月25日)
駅構内にある登山計画書提出箱(2012年9月29日)
駅構内にある登山計画書提出箱(2012年9月29日)

御嶽駅(みたけえき)は、東京都青梅市御岳本町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線である。駅番号JC 69

武蔵御嶽神社御岳山高水三山などへのハイキングの入口である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。6両編成分の有効長を確保している。

青梅駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)であったが、2016年4月1日より無人化された[3]自動券売機・簡易Suica改札機が設置されている。登山客が多いため、登山計画書提出箱が設けられている。

ホームは駅舎よりも一段高いところにあり、駅舎への通路は1番線の下をくぐる形となる。エレベーターなどのバリアフリー設備は設置されていない。列車は、各駅停車のほか、「ホリデー快速おくたま」号や行楽向けの臨時電車が停車する。

2019年2月15日のリニューアルオープンにより、待合室の整備がなされて情報発信スペースが追加された。また、コンコース強化とレンタルサイクルを設置した[4]。同年3月24日にリニューアルイベントを実施[6]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 JC 青梅線 下り 鳩ノ巣奥多摩方面
2 JC 青梅線・中央線 上り 拝島立川新宿東京方面 一部列車は1番線

(出典:JR東日本:駅構内図

当駅始発青梅・立川方面行きの上り普通電車(平日朝の一部電車を除く)は1番線から発車する。それぞれホームに乗車口が表示されている。以前設定されていた当駅始発の「ホリデー快速みたけ」号も1番線から発車していた。

JR青梅線の前身、青梅電気鉄道の終着駅であり、ホームは広く、奥多摩方には両側に階段のある臨時降車口もあった。毎年12月31日深夜から翌1月1日未明にかけ、立川 - 御嶽間で終夜運転(初詣列車)が実施される。

2番線外に待避線が1本あり、回送電車の待避などに利用されている。

利用状況[編集]

2014年(平成26年)度の1日平均乗車人員683人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 986 [* 1]
1991年(平成03年) 956 [* 2]
1992年(平成04年) 956 [* 3]
1993年(平成05年) 904 [* 4]
1994年(平成06年) 888 [* 5]
1995年(平成07年) 858 [* 6]
1996年(平成08年) 819 [* 7]
1997年(平成09年) 771 [* 8]
1998年(平成10年) 712 [* 9]
1999年(平成11年) 678 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]633 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]611 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]617 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]603 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]593 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]591 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]589 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]606 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]607 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]622 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]615 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]658 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]669 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]706 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]683 [* 25]

駅周辺[編集]

御嶽駅近辺には玉堂美術館、せせらぎの里美術館、御岳美術館など美術館が多い。

この地域は御岳渓谷として、多摩川と青梅街道にはさまれる形で遊歩道が整備されていて、喫茶店ギャラリーがあり、ハイキングをしたり、カヌーに興じる人たちもいる。

バス路線[編集]

青梅街道上にある「御嶽駅前」(路上)「御岳駅」(待機所)となる。

1番のりば
2番のりば
  • 西東京バス
    • 御11:青梅駅行き(平日のみ)

その他[編集]

  • 御岳駅 - ケーブル下間の西東京バスと御岳登山鉄道(ケーブルカー)の往復乗車券をセットにした「駅からパック」は、2010年3月31日をもって発売中止となった。
  • 1985年5月、つげ義春が家族と共に訪れ、駅前の渓谷美に感動、多くの渓谷を見てきたがここ以上のものはないと絶賛している。つげはこの場所で石拾いを試みたが、のちに映画化までされた作品『無能の人』シリーズのモチーフとなった[注釈 1]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JC 青梅線(東京アドベンチャーライン)
特別快速「ホリデー快速おくたま」(土休日のみ)
青梅駅 (JC 62) - 御嶽駅 (JC 69) - 奥多摩駅 (JC 74)
快速(青梅線内は各駅に停車)・各駅停車
沢井駅 (JC 68) - 御嶽駅 (JC 69) - 川井駅 (JC 70)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『無能の人』あとがき(日本文芸社)・雨の日の風景は鉄道ファンに人気である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、10-11頁。
  2. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。
  3. ^ a b 平成28年第2回奥多摩町議会定例会 会議録 (PDF)” (日本語). 奥多摩町. 2018年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月31日閲覧。
  4. ^ a b “青梅線 御嶽駅リニューアルオープンについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2019年2月15日), オリジナルの2019年2月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190218060111/https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20190215/20190215_info004.pdf 2019年4月8日閲覧。 
  5. ^ “青梅線 御嶽駅に「名誉駅長」を配置します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2020年3月27日), オリジナルの2020年3月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200327072254/https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20200327/20200327_info001.pdf 2020年3月27日閲覧。 
  6. ^ “青梅線 御嶽駅リニューアルイベントについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2019年3月14日), オリジナルの2019年4月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190403001901/https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20190314/20190314_info001.pdf 2019年4月8日閲覧。 

利用状況[編集]

  1. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  2. ^ 青梅市の統計 - 青梅市
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]