羽村駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽村駅
東口(2005年6月12日)
東口(2005年6月12日)
はむら
Hamura
福生 (2.1km)
(2.4km) 小作
所在地 東京都羽村市羽東一丁目7-26
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 JC 青梅線
キロ程 11.7km(立川起点)
電報略号 ハム←ハムラ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,958人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1894年明治27年)11月19日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
西口(2009年2月11日)
ホーム(2009年2月15日)
JR東日本青梅線羽村駅改札前のキオスク(増築部分に移転後の状態。手前は移転前のキオスク跡)2017年8月13日撮影。

羽村駅(はむらえき)は、東京都羽村市羽東一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。改札内にエレベーター1台エスカレーター2台(福生方に2人用が上り下りともあり、階段は小作方のみ)羽村市管理の自由通路にも東西各出口にエレベーターがあるほか、エスカレーターも東西各出口とも2人用が上り下りとも1台ずつある(東口は小作方が下りで福生方が上り・西口は福生方に上り下りともある)。

JR東日本ステーションサービスが業務を受託する業務委託駅で、河辺駅が当駅を管理している。駅舎内には自動券売機4台(3台は多機能券売機)・自動改札機自動精算機が設置されている。2005年3月25日に有人のみどりの窓口が廃止され、代替として「もしもし券売機Kaeruくん」(営業時間6:30 - 22:00)が設置されたが、2012年2月21日をもって営業終了し撤去された。

なお、初電から6:25までは無人扱いとなるため、乗車駅証明書発行機から乗車駅証明書を取って乗車し、着駅で精算する。

改札外自由通路の自動改札機対面に売店KIOSKがあったが、2017年8月の増築工事に伴い移転した。

西口は2007年11月3日に新駅舎が竣工された。現在は西口土地区画整理事業が進められている他、自由通路の拡幅も検討されている。

JR中央線と青梅線立川 - 青梅駅間は、2020年代の前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどにオレンジ帯の電車に2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事や信号設備改良・構内配線の一部変更などが実施される[2][3]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JC 青梅線 下り 青梅御嶽奥多摩方面
2 JC 青梅線・中央線 上り 拝島立川新宿東京方面

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員13,958人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[4]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成04年) 16,647 [* 1]
1993年(平成05年) 15,759 [* 2]
1994年(平成06年) 15,340 [* 3]
1995年(平成07年) 14,839 [* 4]
1996年(平成08年) 15,381 [* 5]
1997年(平成09年) 14,865 [* 6]
1998年(平成10年) 14,167 [* 7]
1999年(平成11年) 13,716 [* 8]
2000年(平成12年) [JR 1] 13,570 [* 9]
2001年(平成13年) [JR 2] 13,576 [* 10]
2002年(平成14年) [JR 3] 13,836 [* 11]
2003年(平成15年) [JR 4] 14,088 [* 12]
2004年(平成16年) [JR 5] 14,505 [* 13]
2005年(平成17年) [JR 6] 14,527 [* 14]
2006年(平成18年) [JR 7] 14,458 [* 15]
2007年(平成19年) [JR 8] 14,339 [* 16]
2008年(平成20年) [JR 9] 14,318 [* 17]
2009年(平成21年) [JR 10] 14,095 [* 18]
2010年(平成22年) [JR 11] 13,970 [* 19]
2011年(平成23年) [JR 12] 13,872 [* 20]
2012年(平成24年) [JR 13] 14,009 [* 21]
2013年(平成25年) [JR 14] 14,103 [* 22]
2014年(平成26年) [JR 15] 13,745 [* 23]
2015年(平成27年) [JR 16] 13,914 [* 24]
2016年(平成28年) [JR 17] 13,958

駅周辺[編集]

東口には路線バスやタクシーが発着し、西友やビジネスホテルなどの商業施設が多く、また、クルクル回るモニュメント(東口の写真左側)も特徴となっている。また、西口は商店街であるが、現在区画整理事業が行われている途上で、2007年11月3日には新駅舎が完成した。

街道・河川[編集]

公共・教育施設[編集]

商工業施設・金融機関など[編集]

史跡[編集]

バス路線[編集]

1990年代に、羽村市内循環線(羽市1・羽市2系統、立川バス・西東京バス共同運行)が存在していた。当駅付近には羽村駅西バス停に停車していた。

東口[編集]

  • 立川バス
    • 羽12-1 羽村団地・長岡経由 箱根ヶ崎駅
    • 羽14 羽村高校経由 箱根ヶ崎駅行(平日1往復のみ)
    • 羽17 長岡循環
  • 西東京バス
    • 羽31 新町九丁目循環(日野自動車北門先回り)
    • 羽32 新町九丁目循環(栄町三丁目先回り)
    • 羽33 西東京バス青梅営業所行(羽村市役所経由)
    • 早朝直行バス:羽田空港第1・第2・国際線旅客ターミナル行
    • 通勤高速バス:新宿駅西口新橋駅行(土曜・休日等運休)
    • 準深夜急行バス「楽々エクスプレス」:浜松町バスターミナル河辺駅北口行(降車のみ)(土曜・休日等運休)
    • 深夜急行バス:新橋駅新宿駅西口経由 河辺駅北口行(降車のみ)(土曜・休日等運休)
    • 深夜ご帰宅バス:立川駅北口発 河辺駅北口行(休日等運休)
    • この他に西東京団地からの羽30系統(平日1回のみ・途中無停車)が到着する(降車のみ)。 
  • コミュニティバス「はむらん」(運行:羽村市、運行委託:西東京バス)
    • 羽村東コース 羽村団地西・動物公園前方面
    • 羽村西コース 神明苑・郷土博物館方面
    • 小作コース 小作立体・小作本町会館経由と小作駅東口・グリーントリム公園経由を交互に運行
    • 羽村中央コース 羽村市役所・小作駅東口方面、福生病院方面
  • シャトルバス(運行:西友、運行会社:西武総合企画

西口[編集]

  • コミュニティバス「はむらん」(運行:羽村市、運行委託:西東京バス)
    • 羽村西コース いこいの里・スポーツセンター方面
  • この他、駅から少し離れた新奥多摩街道上に「羽村駅西」バス停があり、西東京バスの福30系統(福生駅西口 - 小作駅西口)が発着する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
JC 青梅線
特別快速「ホリデー快速おくたま」(土休日のみ)
通過
通勤特快(平日上りのみ)・青梅特快・通勤快速(平日下りのみ)・快速・各駅停車(以上はいずれも青梅線内は各駅に停車)
福生駅 - 羽村駅 - 小作駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、10-11頁。
  2. ^ 中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について 東日本旅客鉄道 2015年2月4日
  3. ^ JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期 産経新聞 2017年3月24日
  4. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]