栗橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗橋駅
東口(2012年2月)
東口(2012年2月)
くりはし
Kurihashi
所在地 埼玉県久喜市
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東武鉄道駅詳細
テンプレートを表示

栗橋駅(くりはしえき)は、埼玉県久喜市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道である。

JR東日本の東北本線と、東武鉄道の日光線の2路線が乗り入れ、接続駅となっているが、日光線の急行・区間急行を除いて優等列車は停車しない。東北本線は旅客案内上の愛称「宇都宮線」の設定区間に含まれており、上野駅発着系統と、新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。

歴史[編集]

1900年明治33年)に作詞された「鉄道唱歌 第三集奥州磐城篇」(大和田建樹作)では、栗橋駅を以下のように歌った。

5.中山道と打わかれ ゆくや蓮田の花ざかり 久喜栗橋の橋かけて わたるはこれぞ利根の川
6.末は銚子の海に入る 板東太郎の名も高し みよや白帆の絶間なく のぼればくだる賑わいを

駅構造[編集]

自由通路を兼ねた橋上駅舎を有しており、JR東日本と東武鉄道それぞれに改札がある。

JR東日本[編集]

JR 栗橋駅
くりはし
Kurihashi
東鷲宮 (5.6km)
(7.5km) 古河
所在地 埼玉県久喜市栗橋北一丁目1-1
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 57.2km(東京起点)
東京から尾久経由で57.4km
電報略号 クリ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
12,150人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1885年明治18年)7月16日
備考 みどりの窓口
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅である。

みどりの窓口(営業時間 7時00分 - 18時00分)・Suica対応自動改札機指定席券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 上り 大宮東京新宿横浜大船方面
湘南新宿ライン)(上野東京ライン
2 上り 予備ホーム
3 下り 小山宇都宮黒磯方面
  • 湘南新宿ラインの列車は前述のように横須賀線へ直通する。
  • 2番線は待避線であるが、2006年3月18日ダイヤ改正以降はダイヤが乱れた場合などの使用である。そのため、コンコースでは「臨時上りホーム」と案内されている。2015年9月19日現在は、土休日1本のみ寝台特急『カシオペア』の運転日に当駅にて寝台特急の通過待ちを行う(運転日でない日も時間調整のために5分程度停車する)[4]

東武鉄道[編集]

東武 栗橋駅
くりはし
Kurihashi
TN 03 南栗橋 (3.5km)
(6.7km) 新古河 TN 05
所在地 埼玉県久喜市伊坂字土取場1202-2
駅番号 TN 04
所属事業者 Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
所属路線 TN 日光線
キロ程 13.9km(東武動物公園起点)
電報略号 クリ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
11,118人/日
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。駅番号はTN 04PASMO対応自動改札機設置。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TN 日光線 上り 南栗橋東武動物公園
TS 東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 下り 新栃木東武日光TN 鬼怒川線 鬼怒川温泉
TN 宇都宮線 東武宇都宮方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 2013年3月16日のダイヤ改正で、当駅は区間快速の停車駅から外され、また2017年4月21日のダイヤ改正で当駅から東武動物公園方面を乗り換え無しで結ぶ列車は全廃された。そのため当駅 - 東武動物公園、東武スカイツリーライン半蔵門線日比谷線方面を行き来する場合は、南栗橋駅で対面乗り換えとなる。
  • 2017年4月21日のダイヤ改正では、快速・区間快速の廃止の代替として新設される、急行・区間急行の停車駅となった。

JR・東武連絡線とデッドセクション[編集]


栗橋駅
配線図
南栗橋駅 東鷲宮駅


JR1 2 3 東武1 2


STRg STRf STRg STRf
STR STR KRWgl KRWg+r
STR STRl STRq KRZu KRZu STRq STRq STRq STR+r
STRl STRq STRq KRZu KRZu STRq STRq STR+r STR
STR+l ABZgr STR STR STR
STR STR ABZgl STR+r STR STR
STRg STRg STRf STRf STR STR
STR+BSr STR+BSl STR+BSr eSTR+BSl STR STR
STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR STR STR
STR+BSr STR+BSl STR+BSr eSTR+BSl STR+l ABZgr STR
STRg STRg STRf STR+GRZq STR STRg STRf
ABZg+l STRr STR STR STR STR+BSl STR+BSr
STR ENDEa STR STR STR STR+BSl STR+BSr ENDEa
STR STR STR STRg ENDEe STR+BSl STR+BSr STR
ABZg+l ABZlr ABZg+r STRl STR+r STRg STRf STR
STR STR STRl ABZg+r ABZg+l STRr
STR STR+l STRr KRWgl KRWg+r
STRg STRf STRg STRf
JR1 2 3 東武1 2


古河駅 新古河駅


当駅にはJR東日本の線路と東武鉄道の線路をつなぐ連絡線が設置されている。これは、2006年3月18日より新宿 - 東武日光鬼怒川温泉間で特急列車(スペーシア)日光・きぬがわ」を相互直通運転することになったため、それにあわせて新設されたものである。総工費は約16億円である。

連絡線は両社の土地の境界線付近に設置され、東武の側線跡の土地も利用している。連絡線の途中には、両社の乗務員が交代するためのデッキおよび乗務員詰所が設置されている。JRと東武を直通する特急は当駅で乗客の乗降扱いを行わないため、旅客用ホームは設けられておらず、列車は運転停車となる。線路の配置は運転本数が少ないため、単純な平面交差となっている。

両社連絡線設置に伴い、長さ80メートルデッドセクション(死電区間)が設置された。東北本線東京 - 黒磯間と東武日光線はいずれも直流1,500ボルト電化であるが、双方の電源の混触を防ぐために設置され、列車は惰行で通過する。デッドセクション内の架線は断路器を介して東武側の饋(き)電線に接続されており、何らかの理由で列車がデッドセクション内に停止した場合には東武側からの加圧で列車を動かすことができる。

なお、2009年時点では東武本線においてJR線と東武線が直結されている唯一の地点である。南栗橋車両管区は至近であるものの、新車搬入には使用されていない。新車は熊谷貨物ターミナル駅から秩父鉄道線羽生駅・東武動物公園駅を経て南栗橋車両管区まで搬入される。

利用状況[編集]

市境の近い加須市大利根町は勿論のこと、利根川対岸の古河市中田地域や権現堂川対岸の五霞町駅勢圏に入る。

  • JR東日本 - 2016年度の一日平均乗車人員12,150人である[5]
  • 東武鉄道 - 2016年度の一日平均乗降人員は11,118人である[6]
    • 日光線の駅では東武動物公園駅、幸手駅、杉戸高野台駅、栃木駅に次ぐ第5位である。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下記の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 JR東日本 東武鉄道
1日平均
乗車人員[8]
1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[8]
2000年(平成12年) [10] 11,965 10,413
2001年(平成13年) [11] 12,451 10,944
2002年(平成14年) [12] 12,426 10,511
2003年(平成15年) [13] 12,347 10,384
2004年(平成16年) [14] 12,307 10,254
2005年(平成17年) [15] 12,396 10,092
2006年(平成18年) [16] 13,008 11,060
2007年(平成19年) [17] 13,044 11,371
2008年(平成20年) [18] 12,873 11,429 5,714
2009年(平成21年) [19] 12,291 10,880 5,423
2010年(平成22年) [20] 11,988 10,868 5,424
2011年(平成23年) [21] 11,989 10,773 5,342
2012年(平成24年) [22] 12,107 11,180 5,540
2013年(平成25年) [23] 12,192 11,106 5,502
2014年(平成26年) [24] 11,843 10,944 5,412
2015年(平成27年) [25] 12,094 10,972
2016年(平成28年) [26] 12,150 11,118

駅周辺[編集]

東口[編集]

西口[編集]

西口開設に伴い、現在も栗橋駅西土地区画整理事業が進行中である。900メートルほど西に進むと、加須市(旧・大利根町)である。

バス路線[編集]

かつては茨城急行自動車により古河駅西口までのバスが運行されていたが、2012年4月に古河市循環バス(ぐるりん号)・南コースに統合・延伸される形で廃止された。

乗り場 系統 主要経由地 行先
栗橋駅東口     第四小学校前・二高前・台町 古河駅西口
  第四小学校前・古河三高前・台町 古河駅西口

付記[編集]

  • 東口北方にある木造の建物、野本タクシー車庫は橋上駅舎化前・西口開設前の駅舎のそのまた前の当駅駅舎である。1947年、カスリーン台風により利根川が決壊、決壊の原因は利根川橋梁に漂流物が引っかかり流れが悪くなったためとされる。さらに1948年にはアイオン台風により、橋梁の線路部分まで浸水した。そのため1949年から橋梁持ち上げ工事を行い、翌年に持ち上げ工事完了。それにともない200m南の現在の位置に駅舎を新設、東北本線ホームは移動して建て直された。かつては東武線ホームと並んで東北本線ホームがあった。

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg東日本旅客鉄道
宇都宮線
通勤快速・快速「ラビット」(以上は上野方面発着)・快速(湘南新宿ライン経由)
通過
普通(湘南新宿ライン経由含む)
東鷲宮駅 - 栗橋駅 - 古河駅
Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TN 日光線
急行・区間急行
南栗橋駅(TN 03) - 栗橋駅(TN 04) - 板倉東洋大前駅(TN 07)
普通
南栗橋駅(TN 03) - 栗橋駅(TN 04) - 新古河駅(TN 05)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]