東雲駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東雲駅
駅舎
駅舎
しののめ
Shinonome
R 01 新木場 (2.2km)
(1.3km) 国際展示場 R 03
所在地 東京都江東区東雲二丁目8-10
駅番号 R 02
所属事業者 東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg 東京臨海高速鉄道
所属路線 R りんかい線
キロ程 2.2km(新木場起点)
電報略号 シノ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
6,590人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1996年平成8年)3月30日
テンプレートを表示
ホーム

東雲駅(しののめえき)は、東京都江東区東雲二丁目にある、東京臨海高速鉄道りんかい線である。駅番号R 02

最初は建設計画がなかったが、江東区の請願駅として開業している。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。りんかい線の多くが地下駅となっているが、当駅は大崎駅新木場駅とともに数少ない地上部にある駅である。また、相対式ホームもりんかい線では当駅が唯一である。これはすでに旧・日本国有鉄道(国鉄)京葉貨物線として計画され、ほぼ完成していた複線用の高架橋を生かしたまま駅を後付けするかたちで建設したためである。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 R りんかい線 下り 大井町大崎JA 埼京線渋谷新宿川越線)方面
2 上り 新木場方面

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員6,590人である[1]。りんかい線内8駅中最下位。JR線直通運転区間を含めても西大宮駅南古谷駅を下回り、最下位となる。

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 1日平均
乗車人員
出典
1996年(平成08年) 808 [* 1]
1997年(平成09年) 1,082 [* 2]
1998年(平成10年) 1,118 [* 3]
1999年(平成11年) 1,175 [* 4]
2000年(平成12年) 1,192 [* 5]
2001年(平成13年) 1,496 [* 6]
2002年(平成14年) 1,901 [* 7]
2003年(平成15年) 2,749 [* 8]
2004年(平成16年) 2,970 [* 9]
2005年(平成17年) 3,468 [* 10]
2006年(平成18年) 4,203 [* 11]
2007年(平成19年) 4,374 [* 12]
2008年(平成20年) 4,822 [* 13]
2009年(平成21年) 5,178 [* 14]
2010年(平成22年) 5,268 [* 15]
2011年(平成23年) 5,352 [* 16]
2012年(平成24年) 5,793 [* 17]
2013年(平成25年) 6,335 [* 18]
2014年(平成26年) 6,449 [* 19]
2015年(平成27年) 6,541 [* 20]
2016年(平成28年) 6,590

駅周辺[編集]

東雲は東京湾埋立11号地に作られた新しい街である。かつて、周りは見渡す限りの工業団地物流基地であった。その後国道357号北側の開発が進み、大型ショッピングセンターや商業施設が開業した。2005年以降は超高層マンションなども多数建設され、住民が急増している。

バス路線[編集]

都営バス[編集]

駅前にロータリーがあり、東雲駅前停留所がある。都営バスの以下の路線が乗り入れる。

東北急行バス[編集]

東雲駅北西側にある。停留所名は東北急行東京営業所

京成バス[編集]

東雲駅から北に徒歩約10分の場所にある。停留所名は東雲車庫

※特急便(1往復)に限り当停留所より発着。その他の便は浜松町バスターミナル始発。

その他[編集]

当駅はテレビコマーシャル撮影で多く使われている。

隣の駅[編集]

東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg 東京臨海高速鉄道
R りんかい線
通勤快速・快速・各駅停車(いずれもりんかい線内は各駅に停車)
新木場駅 (R 01) - 東雲駅 (R 02) - 国際展示場駅 (R 03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]