境界駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

境界駅(きょうかいえき)とは、何らかの異なるエリア間の境界となる鉄道である。 鉄道事業者間の境界駅では乗務員の交代が行われることが多い。

日本国内における代表的な境界駅の定義としては、以下のものが挙げられる。

  • JR各社の営業エリアの境界となる駅
  • JRと私鉄、私鉄同士など、異なる鉄道事業者間の境界となる駅(ただし駅名が同じでも駅が分かれている場合は、境界駅とは呼ばない)。
  • 鉄道路線間の境界となる駅
  • 電化非電化区間の境界となる駅
  • 単線複線の境界となる駅。同時に閉塞区間の境界となることもある。
  • ICカード乗車券の各エリア間

JR各社間の境界駅[編集]

在来線[編集]

JR北海道JR東日本[編集]

※JR東日本の管轄駅・但し、2016年3月26日以降、海峡線を通る旅客列車は廃止され、貨物列車のみ運行されている。

JR東日本とJR東海[編集]

※すべてJR東日本の管轄駅。ただし熱海駅は東海道新幹線に関してのみJR東海の管轄。

JR東日本とJR西日本[編集]

※JR東日本の管轄駅

JR東海とJR西日本[編集]

※亀山駅はJR東海の管轄駅、それ以外はJR西日本の管轄駅。ただし米原駅は東海道新幹線に関してのみJR東海の管轄。

JR西日本とJR四国[編集]

※JR西日本の管轄駅

JR西日本とJR九州[編集]

※JR西日本の管轄駅

新幹線[編集]

JR北海道とJR東日本[編集]

※JR東日本の管轄駅

JR東日本とJR東海[編集]

  • 東京駅(東海道新幹線・東北新幹線)

※路線により管轄が異なる(東海道新幹線→JR東海管轄 東北新幹線及び在来線→JR東日本管轄)

※JR東海の管轄駅(在来線部分はJR東日本の管轄)

JR東日本とJR西日本[編集]

※JR東日本の管轄駅(在来線部分はえちごトキめき鉄道の管轄)

JR東海とJR西日本[編集]

※JR東海の管轄駅(在来線部分はJR西日本の管轄)

JR西日本とJR九州[編集]

※JR西日本の管轄駅(在来線部分はJR九州の管轄)、なお博多南駅はJR西日本管轄

私鉄間の境界駅[編集]

東京地下鉄と各私鉄およびJR東日本[編集]

東武鉄道
西武鉄道
小田急電鉄
東京急行電鉄
東京都交通局都営地下鉄
東日本旅客鉄道
その他

東京都交通局都営地下鉄)と各私鉄[編集]

京成電鉄
京浜急行電鉄
  • 泉岳寺駅(京急本線・都営地下鉄浅草線 東京都交通局の管轄駅)
京王電鉄

その他[編集]

京成電鉄新京成電鉄
  • 京成津田沼駅(京成電鉄京成本線・新京成電鉄新京成線 京成電鉄の管轄駅)
名古屋鉄道名古屋市交通局名古屋市営地下鉄
近畿日本鉄道阪神電気鉄道
  • 大阪難波駅(近畿日本鉄道難波線・阪神電鉄阪神なんば線 近畿日本鉄道の管轄駅)

※運行上の境界は隣の桜川駅(阪神電気鉄道の管轄駅で西大阪高速鉄道株式会社所有)である。

京都市交通局と近畿日本鉄道
  • 竹田駅(京都市営地下鉄烏丸線・近畿日本鉄道京都線 京都市交通局の管轄駅)
京都市交通局と京阪電気鉄道
  • 御陵駅(京都市営地下鉄東西線・京阪京津線 京都市交通局の管轄駅)
南海電気鉄道泉北高速鉄道
  • 中百舌鳥駅(南海高野線・泉北高速鉄道線 南海電気鉄道の管轄駅)
大阪市交通局大阪市営地下鉄北大阪急行電鉄
  • 江坂駅(大阪市営地下鉄御堂筋線・北大阪急行電鉄南北線 大阪市交通局の管轄駅)
大阪市交通局(大阪市営地下鉄)と近畿日本鉄道
  • 長田駅(大阪市営地下鉄中央線・近鉄日本鉄道けいはんな線 大阪市交通局の管轄駅)
大阪市交通局(大阪市営地下鉄)阪急電鉄
神戸市交通局神戸市営地下鉄北神急行電鉄
  • 新神戸駅(神戸市営地下鉄山手線・北神急行電鉄北神線 神戸市交通局の管轄駅)
山陽電気鉄道と阪神電気鉄道
  • 西代駅(山陽電鉄本線・阪神電気鉄道神戸高速線 山陽電気鉄道の管轄駅)

JR・私鉄・第三セクターの境界駅[編集]

※原則としてレールがつながる2社(線)の起点・終点となるもの、または乗り入れを行うものを記載。 電化・非電化の境界駅と重複するもの、レールがつながっていても通常乗り入れを行わない鉄道事業者間の境界駅(長津田駅東急田園都市線横浜高速鉄道こどもの国線など)は省略。関係する鉄道事業者のうち、当該駅を管理する事業者を最初に記す。鉄道事業者が複数の路線を現有またはかつて有していた場合は事業者名のほかに路線名も掲載。JRのみ事業者名を略称とした。

 ※小室以東、印旛日本医大まで北総が第二種鉄道事業者、千葉ニュータウンが第三種鉄道事業者。

 ※成田高速鉄道アクセスは第三種鉄道事業者。成田湯川駅を経て成田市土屋で成田高速鉄道と接続する。

 ※京成高砂~小室~印旛日本医大~成田高速鉄道アクセス経由、成田空港駅まで京成電鉄が第二種鉄道事業者。京成成田空港線(愛称・成田スカイアクセス)。

その他の例

※小田急電鉄が運行する特急あさぎりは下り列車の場合、小田急小田原線新松田駅手前にある連絡線よりJR東海御殿場線松田駅に入り松田駅で小田急電鉄の乗務員からJR東海の乗務員に交代する。客扱いも行う。(上り列車は逆の順序)

※JR東日本・東武鉄道が共同運行する特急(スペーシア)日光・きぬがわは下り列車の場合、JR東日本東北本線・栗橋駅構内で乗務員交代後、構内の連絡線で東武線に入る(上り列車は逆の順序)。客扱いは行わない。

今後予定されるJR・私鉄・第三セクターの境界駅[編集]

小樽駅JR北海道函館本線北海道新幹線並行在来線第三セクター鉄道会社の境界駅となる)
横浜羽沢駅JR東日本東海道本線相模鉄道の境界駅となる)
新横浜駅(相模鉄道と東京急行電鉄の境界駅となる)
大聖寺駅又は牛ノ谷駅IRいしかわ鉄道福井県第三セクター鉄道会社の境界駅となる)
越前花堂駅JR西日本越美北線と福井県第三セクター鉄道会社の境界駅となる)
敦賀駅(JR西日本北陸本線小浜線と福井県第三セクター鉄道会社の境界駅となる)
肥前鹿島駅(JR九州長崎本線と第三セクター鉄道会社の境界駅となる)

今後廃止が予定されるJR・私鉄・第三セクターの境界駅[編集]

五稜郭駅(道南いさりび鉄道単独駅となる。)
金沢駅(在来線区間がIRいしかわ鉄道単独駅となる。新幹線部分に関しては引き続きJR西日本の管轄)

電化・非電化の境界駅[編集]

※原則として同一路線上、またはレールがつながる2線の起終点となる電化・非電化境界駅を記載

JR北海道
JR東日本
JR東海
  • 亀山駅(関西本線) JR西日本との境界駅でもある。同駅から加茂駅(京都府)まで非電化
JR西日本
JR四国
JR九州
JR以外

電化方式の違いによる境界駅[編集]

関連項目[編集]