持田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
持田駅
駅舎(2012年10月)
駅舎(2012年10月)
もちだ - MOCHIDA
行田市 (1.8km)
(4.8km) 熊谷
所在地 埼玉県行田市城西四丁目6-1
所属事業者 秩父鉄道
所属路線 秩父本線
キロ程 10.1km(羽生起点)
電報略号 モチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
499人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1925年大正14年)11月15日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
ホーム(2008年1月)

持田駅(もちだえき)は、埼玉県行田市城西四丁目にある、秩父鉄道秩父本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 島式ホーム1面2線を持つ地上駅
  • 熊谷駅管理の業務委託駅
  • 駅係員勤務時間は平日・土休日ともに7:00〜20:00となっている。
  • 出入口は南口のみ1カ所で、駅舎とプラットホームは構内用の踏切を渡って往き来する。そのため熊谷方面から乗車した場合、または羽生方面から乗車した場合でも当駅で列車交換をする場合は、熊谷方面からの列車が発車するまで、踏切の遮断機が上がらず、数十秒程度待つことになる(列車交換が遅れている場合などは、駅係員の判断で遮断機を上げて、線路を横断させることがある)。
  • 鉄道は左側通行が原則となっている(過去に右側通行の路線であっても左側通行に改められている)が、当駅を含め、新郷駅武州荒木駅秩父駅は現在も右側を通行する。これは当駅がタブレット授受をしていた頃の名残で、運転台側がホームに面しているとタブレットの交換がしやすかったことに由来する。
1 秩父線 熊谷寄居長瀞秩父三峰口方面
2 秩父線 行田市羽生方面

トイレは改札内にあり、オストメイト対応の多機能トイレもある。

利用状況[編集]

2014年度の利用者数は秩父本線35駅中「14位」。

年度ごとの1日平均乗車人員は以下の通り[2]

年度 乗車人員(1日平均)
1999年(平成11年) 633
2000年(平成12年) 662
2001年(平成13年) 651
2002年(平成14年) 572
2003年(平成15年) 530
2004年(平成16年) 526
2005年(平成17年) 501
2006年(平成18年) 495
2007年(平成19年) 514
2008年(平成20年) 529
2009年(平成21年) 515
2010年(平成22年) 515
2011年(平成23年) 525
2012年(平成24年) 514
2013年(平成25年) 502
2014年(平成26年) 507
2015年(平成27年) 499

駅周辺[編集]

バス[編集]

駅前にバスは乗り入れていない。当駅より徒歩約100メートル弱の国道125号上に「持田駅入口」停留所が設けられている。

隣の駅[編集]

秩父鉄道
秩父本線
急行「秩父路
通過
普通
行田市駅 - 持田駅 - ソシオ流通センター駅(2017年春開業予定) - 熊谷駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]