丹荘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
丹荘駅
駅舎(2017年6月4日)
駅舎(2017年6月4日)
たんしょう
Tanshō
児玉 (4.1km)
(4.7km) 群馬藤岡
所在地 埼玉県児玉郡神川町大字植竹783
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八高線
キロ程 80.0km(八王子起点)
高麗川から48.9km
電報略号 タヨ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
269人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1931年昭和6年)7月1日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示
ホーム(2017年6月)

丹荘駅(たんしょうえき)は、埼玉県児玉郡神川町大字植竹(うえたけ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線で、ホーム間は跨線橋で連絡していたが、2015年7月10日に駅前後の分岐器が撤去され、棒線化された[2]。2番線側は、線路・ホームとも残っているが、線路は本線とはつながっていないため列車の進入は出来ず、ホームも跨線橋が封鎖され現在行き来はできない。

かつては上武鉄道(旧称日本ニッケル鉄道)が当駅から分岐をしていた。2番線のホームの外側に側線と専用ホームがあったが、今は住宅になっている。また、当駅から下り方(高崎側)に引き上げ線があったが、今は撤去されている。当駅から最初の踏切「鬼石街道踏切」に当時の痕跡が残っている。

高崎駅管理の無人駅で、簡易Suica改札機・乗車駅証明書発行機が設置されている。かつて隣の児玉駅とともに完全無人化の計画が出た際は、地元の反対により免れた(但し、早朝・夜間は無人となっていた)が、2012年3月17日をもって完全無人化された。

利用状況[編集]

  • 2010年度の1日平均乗車人員は269人である。
年度 一日平均
乗車人員
2000年 287
2001年 267
2002年 257
2003年 248
2004年 240
2005年 233
2006年 245
2007年 255
2008年 268
2009年 266
2010年 269

駅周辺[編集]

駅前には小学校と住宅十数軒があるが、店舗は少ない。タクシー会社はある。駅前の通りを右折すると名産であるの畑が広がっている。当駅は武蔵国二ノ宮の金鑚神社および、元三大師こと大光普照寺の最寄り駅である。

  • 神川町役場
  • フジマート神川店
  • コメリ・ハード&グリーン神川店
  • 丹荘郵便局
  • 神川町営グランド
  • 天然温泉かんなの湯(タクシーで約5分)

バス路線[編集]

最寄停留所は、丹荘駅入口となる。以下の路線が乗り入れ、朝日バスにより運行されている。

東武バス運行時代(2000年3月末まで)は、丹荘駅前停留所があり、バスが駅前まで乗り入れていた(平日朝1本のみ)。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
八高線
児玉駅 - 丹荘駅 - 群馬藤岡駅

廃止路線[編集]

上武鉄道
丹荘駅 - 神川中学校前駅

脚注[編集]

  1. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」、『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。
  2. ^ a b 丹荘駅(線路棒線化)工事のお知らせ - 神川町 「お知らせ」 2015年7月30日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]