休日おでかけパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

休日おでかけパス(きゅうじつおでかけパス)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が発売する特別企画乗車券(トクトクきっぷ)。2011年春期に大人の休日倶楽部会員限定で発売され、2012年3月17日利用分からホリデー・パスの後継商品として一般向け発売を開始した。

概要[編集]

東京都内のJR東日本全路線と、隣接する近郊6県(神奈川県埼玉県千葉県栃木県茨城県山梨県)のJR東日本の一部路線(後述)の普通列車快速含む)の普通車自由席および、東京臨海高速鉄道りんかい線東京モノレール羽田空港線に乗車できる。

特急急行列車および東北上越新幹線特急券急行券を購入することで乗車できる。また指定席への乗車は座席指定券が、グリーン車への乗車はグリーン券の購入がそれぞれ条件となる。

利用可能日[編集]

土曜休日および大型連休4月29日 - 5月5日)、夏休み期間(7月20日 - 8月31日)、および年末年始12月29日 - 1月3日)のうちの1日間。

発売[編集]

  • 発売は通年で行われ、使用日の1か月前より発売する。
  • フリーエリア内のJR東日本の駅のみどりの窓口・指定席券売機・びゅうプラザ、提携販売センターで発売(東京モノレール・東京臨海高速鉄道では発売しない)。
  • 羽田空港地下1階の案内所7で購入可能。
  • 発売額(2014年4月時点)
    おとな 2,670円
    こども 1,330円

有効区間[編集]

フリーエリアの東西および南北の端になる駅と路線を以下に記す(*印が終端駅でない境界駅)。

備考[編集]

  • 東海道新幹線等、東海旅客鉄道(JR東海)の路線は利用できない。
  • 綾瀬駅分倍河原駅等他社管理駅、及び無人駅では発売されていない。
  • 大人の休日倶楽部割引の適用を受けた料金券を利用する場合、大人の休日倶楽部会員用のきっぷと併用しなければならない。
  • 乗車した列車が翌日に跨って運転される場合はフリー区間内の最終停車駅まで乗車できる(継続乗車)。
  • 東北新幹線を利用し宇都宮駅以遠まで、上越新幹線を利用し高崎駅以遠まで乗り越す場合は、在来線利用の際と同様に前者は自治医大駅から、後者は神保原駅からの運賃を収受する。
  • フリー区間外への乗り越し精算の際、自動精算機で精算すると回収されてしまうので、有人改札で精算する必要がある。
  • 当商品の発売に伴い、ホリデー・パスと東京週末フリーきっぷ(普通列車用)は2012年3月11日利用分を以って発売を終了した。
  • ホリデー・パスと比べ、エリアが拡大されたが300円の値上げとなった。また、ホリデー・パスで利用できたトレン太くんレンタカー)は利用できなくなった。
  • 当きっぷで、非電化区間に乗車できるのは、八高線の高麗川駅寄居駅間と久留里線(全線)のみである。

外部リンク[編集]