蒸気機関車牽引列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本における蒸気機関車牽引列車(じょうききかんしゃけんいんれっしゃ)とは、蒸気機関車が主に客車を牽引して走行する臨時列車定期列車などの総称である。SL列車(エスエルれっしゃ)や、蒸機列車(じょうきれっしゃ)とも呼ばれる。

概要[編集]

かつては日本国内の国鉄私鉄を問わず津々浦々の路線で運転されていたが、日本国有鉄道(国鉄)の動力近代化計画の進捗に伴い蒸気機関車牽引列車は一旦全廃となった。その後、1976年昭和51年)に大井川鉄道(現・大井川鐵道)で、1979年(昭和54年)に国鉄(現・JR山口線で蒸気機関車が復活したのをはじめ、各地で蒸気機関車が復活し運転されている。

ほとんどが季節運転や休日運転であるが、大井川鐵道ではほぼ毎日運転されている。

蒸気機関車牽引列車一覧[編集]

以下の一覧は、毎年あらかじめ一定の日数の運転が予定される列車に限る。なお、路線名は運転区間の主たるものを挙げる。

JR[編集]

私鉄[編集]

過去の蒸気機関車牽引列車[編集]

以下の一覧は、国鉄の動力近代化計画の進捗に伴う蒸気機関車牽引列車の全廃以降に運転を開始したが、後に運転を終了したものを挙げる。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/dd4f61ac1ed1d06adcfcc19cd3348d14/161201.pdf?date=20161130121716

関連項目[編集]