丸山信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山信号場
まるやま
Maruyama
横川 (1.8km)
(4.3km) 熊ノ平
所在地 群馬県碓氷郡(現・安中市松井田町大字横川
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 信越本線
キロ程 31.5km(高崎起点)
電報略号 マル
駅構造 複線単線の接続点
開業年月日 1901年(明治34年)4月
廃止年月日 1966年(昭和41年)7月2日
テンプレートを表示

丸山信号場(まるやましんごうじょう)は、かつて群馬県碓氷郡松井田町(現・安中市)大字横川に存在した、日本国有鉄道(国鉄)信越本線信号場である

歴史[編集]

当信号場より熊ノ平駅を経て矢ヶ崎信号場に至る区間は、かつて国鉄・JRを通じての最急勾配区間である66.7の勾配区間であり、1893年(明治26年)4月1日より1963年(昭和38年)9月30日まで国鉄唯一のアプト式鉄道にて運行されていた。当信号場は66.7‰の勾配区間の起点に位置しており、ラックレールのエントランス(開始地点)が設けられ、横川 - 軽井沢間の電化後には集電用の第三軌条が設けられた。また、熊ノ平駅までの単線区間の閉塞境界としての役割も担っていた。

1963年(昭和38年)7月15日に同区間をより直線的に結ぶ新線が開通し、1966年(昭和41年)7月2日に廃止された。

年表[編集]

構造[編集]

横川方が複線、軽井沢方が単線の複線始終端形信号場である。軽井沢方面に安全側線を1本備える。また、横川方面(碓氷峠の反対側)に200‰の勾配を付けた非常時退避用(万一列車が何らかの事由により逆行した場合、引き込んで自然停車させるため)の長さ350mの側線を設けていたが、これは昭和初期に撤去されている。

構内配線図 A:軽井沢 B:横川

周辺[編集]

当信号場の東側には丸山変電所跡がある。1912年(明治45年)碓氷峠区間の電化時に設置、1963年(昭和38年)のアプト式廃止後は放棄され建物は荒廃していたが、2001年(平成13年)から2002年(平成14年)にかけて修復工事が行われ、ほぼ建築当初の外見に戻された。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
信越本線(廃止区間)
横川駅 - (丸山信号場) - 熊ノ平駅 - (矢ヶ崎信号場) - 軽井沢駅

関連項目[編集]