東京メガループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東京メガループ(とうきょうメガループ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が定めた、他の鉄道会社との結節点を多く持つ東京圏の環状路線群である武蔵野線京葉線南武線横浜線を統括する名称である[1][2]

利便性向上[編集]

東京メガループの利便性向上の一環として、2010年(平成22年)12月4日のダイヤ改正では、武蔵野線の大宮駅直通列車の新設、南武線データイム(10:00 - 15:00台)の快速列車の新設(2011年(平成23年)3月より実施)を行っている[3]2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正では、武蔵野線・南武線・横浜線の混雑緩和を行っている[4]。また同日には、武蔵野線に吉川美南駅が開業している[5]

また、京葉線にE233系を、捻出した209系500番台を武蔵野線にそれぞれ投入し、快適度を向上させている。2014年度には横浜線[6]にE233系が導入され、南武線[7]にも投入された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ グループ経営ビジョン2020-挑む- (PDF)”. JR東日本. p. 18 (2008年3月31日). 2009年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。
  2. ^ 東京圏在来線における輸送戦略 (PDF)”. JR東日本. 2012年5月30日閲覧。
  3. ^ 2010年12月 ダイヤ改正について (PDF)”. JR東日本 (2010年9月24日). 2012年5月30日閲覧。
  4. ^ 2012年3月 ダイヤ改正について (PDF)”. JR東日本 (2011年12月16日). 2012年5月30日閲覧。
  5. ^ 変わる武蔵野線、進む沿線開発 「新しい街」に新駅誕生” (2012年3月18日). 2012年8月13日閲覧。
  6. ^ 秋田新幹線用車両と埼京線・横浜線用車両の新造について (PDF)”. JR東日本 (2012年4月10日). 2014年8月8日閲覧。
  7. ^ 通勤形車両の新造計画について (PDF)”. JR東日本 (2013年7月2日). 2014年8月8日閲覧。

関連項目[編集]