国鉄タキ43000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄タキ43000形貨車
43100番台43213 青色塗装の日本オイルターミナル所有車(郡山駅、2007年3月)
43100番台43213 青色塗装の日本オイルターミナル所有車(郡山駅、2007年3月)
基本情報
製造所 三菱重工業日本車輌製造
製造年 1967年
製造数 819両
常備駅 西上田駅倉賀野駅
主要諸元
車体色 青15号、エメラルドグリーン+灰色
専用種別 ガソリン
化成品分類番号 燃32
軌間 1,067 mm
全長 13,370、13,570 mm
全幅 2,960 mm
全高 3,900、3,885 mm
荷重 43、44 t
実容積 58.9、60.2 m3
自重 15.6 - 16.9 t
換算両数 積車 6.0
換算両数 空車 1.6
台車 TR210,TR214A他
軸距 9,390 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ43000形貨車(こくてつタキ43000がたかしゃ)は、1967年から製作されたガソリン専用の貨車タンク車)である。日本オイルターミナルまたは日本石油輸送が所有する私有貨車で、当初は日本国有鉄道(国鉄)に、1987年国鉄分割民営化以降は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍編入されている。

同一の車体構造で同時に製作された石油類専用タンク車タキ44000形についても本項目で解説する。

概要[編集]

鉄道貨物においても、1965年頃から「物資別適合輸送」の運用形態が増加してきた。これは石灰石セメント石油製品などのバラ積み輸送(バルク輸送)品目について、新設した各品目専用の物資別ターミナルに輸送拠点を集約し、専用の貨車で組成された直行列車を拠点間に運行して一括大量輸送を行う輸送体系である。

ガソリンなどの石油製品においては、国鉄と各石油会社との共同出資で日本オイルターミナル株式会社が1966年に設立され、西上田駅倉賀野駅を皮切りに、各地に拠点が新設された。この各拠点への専用列車に充当する目的で開発された新形式がタキ43000形(ガソリン専用)・タキ44000形(石油類専用)である。

輸送効率向上のためにフレームレス構造や異径胴のタンク体を採用して容積を極限まで拡大し、43tの荷重を実現した。これは当時の2軸ボギータンク車では最大である。外部塗色は識別のため、ガソリン専用タンク車としては異例の青15号(濃青色)とされた。

1974年のタンク車構造基準改訂を受け製作が中断されるが、設計変更のうえ1982年に製作を再開した。以後、種々の設計変更を経ながら1993年までに2形式合計989両が製作され、主に名古屋以東の地域で後継のタキ1000形とともに石油専用列車に使用されている。

構造[編集]

タキ43000形に使用されるTR214B形台車(郡山駅、2007年3月)

車体は軽量化のため、側梁を省略した台枠をタンク体と一体化したフレームレス構造を採用した。タンク体は中央部の直径を車両限界いっぱいまで拡大し、両端部を斜円錐形状とした異径胴としている。積荷の比重が異なることから、タキ43000形とタキ44000形とではタンク体中央部の長さが異なる。昇降ハシゴは車体中央部を避け、タンク直径の小さい側方に設置される。石油類専用のタキ44000形はタンク鏡板に点検用のハッチと、積荷取り下ろしに用いる加熱管を設置する。

台車は当初、ベッテンドルフ式平軸受のTR210形を用いた。これは貨車用標準台車TR41形を基本に、車軸を重荷重対応の14t軸に、枕バネをコイルバネとした台車であるが、積車時の走行抵抗が大きく長編成での運用に支障をきたすため、100番台からは軸箱装置を密封コロ軸受としたTR214形に改良された。軸重は15t(総重量60t)で、運用線区は限定される。最高速度75km/hである。

当初は日本オイルターミナル1社のみの所有で、外部塗色は青15号のみであったが、1974年(昭和49年)からは日本石油輸送も同形式の投入を開始した。同社所有車は一般的な黒色塗装であったが、最終製作グループは濃淡グリーンとグレーの塗り分けに変更され、JXエネルギーの油槽所向けに運用される一部については、タンク体右側にJXエネルギーのブランド「ENEOS」マークが貼られている。

形式・形態別詳説[編集]

タキ43000形[編集]

43t・44t積のガソリン専用タンク車である。1967年 - 1993年に819両が製作された。

  • 基本番台(タキ43000 - タキ43036)
基本番台43004 日本オイルターミナル所有車(郡山駅、2007年3月)
1967年に37両が三菱重工業及び日本車輌製造にて製作された。平軸受・鋳鉄制輪子付のTR210形台車を装備し、車両番号・専用種別などの標記は側面中央から片側に寄せて記される。
転がり性能に難のあるTR210形台車は、後に100番台以降と同様のコロ軸受台車TR214系列に交換されている。
  • 43100番台(タキ43100 - タキ43485)
43100番台43322(塩浜駅、2006年3月)
1968年から1974年にかけて386両が日本車輌製造及び三菱重工業にて製作された。台車の転がり性能を改善するため、軸受をコロ軸受に改良したTR214A形台車に変更した区分である。ブレーキ制輪子もレジン製に変更された。タンク体など車体各部寸法は基本番台と同一であるが、車両番号・専用種別などの標記が側面中央に移されている。
  • 寒地仕様車(タキ43500 - タキ43514)
1968年から1969年にかけて15両が日本車輌製造にて製作された。基本仕様は100番台と同一であるが、北海道で運用するため耐雪性能を考慮し、ブレーキ制輪子は鋳鉄製のままである。後年の耐雪型レジン制輪子実用化を受け、以後の製作は北海道向けも100番台に統一された。
  • 準保安対策車(タキ43486 - タキ43499, タキ43519 - タキ43599)
準保安対策車43570(蘇我駅、2009年4月)
1974年に95両が日本車輌製造にて製作された。成田国際空港燃料輸送への充当を考慮して製作された、本系列初の日本石油輸送所有車で、外部塗色は黒である。
同年に施行されたタンク車の安全基準改定に伴い、従来設計の範囲で安全確保を考慮した仕様を採り入れた。脱線転覆時の安全確保のため、車体下部にある取出口の開閉弁をタンク上部で操作する方式に変更した。また、タンク体の衝突安全空間を確保するため、手ブレーキのない側の車端部デッキを200mm延長し、前後のデッキを同じ長さとした。
本区分は単年度に一括製造され、車両番号は100番台の続番を付番した後に500番台の続番を付番した。本来の500番台(北海道向け)とは仕様が異なる。
  • 保安対策車(タキ43600 - タキ43644)
43600番台43630(蘇我駅、2008年1月)
1982年に45両が日本車輌製造及び富士重工業にて製作された。本形式の製作再開にあたり、安全性能と積載効率を両立した車両として設計された区分で、車両前後の安全空間を確保するためタンク形状を変更した。タンク体直径は50mm拡大し、球面半径を大きく取った扁平形状の鏡板とすることでタンク全長を252mm短くしている。タンク上部の踏板は、転覆時のタンク倒立を防ぐため強度を増した形状に改良された。
  • 143000番台(タキ143645)
143000番台143645(大宮駅、2009年6月)
1987年に1両のみ日本車輌製造にて製作された。ステンレス鋼を用いた無塗装のタンク体はガソリン専用車唯一の仕様である。大型化されたタンク受台は銀色で、「銀タキ」の愛称がある[1]。車端部台枠は黒である。台車は余剰のコキ1000形コンテナ車から供出したTR215形を使用する。番号は143000番台に区分されるが、600番台の続番に「1」を冠したものである。主に関東地区を中心に運用されている[1]
  • 243000番台 (タキ243646 - タキ243885)
243000番台243752 淡緑+灰色塗装の日本石油輸送所有車(四日市駅、2007年8月)
1989年から1993年にかけて240両が日本車輌製造にて製作された。タンク寸法の変更、ハシゴ・踏板のアルミニウム合金化などで軽量化と容積の拡大を図り、荷重を1t増の44tに拡大した。全車とも日本石油輸送の所有車で、外部塗色は243665までの車両は黒色1色、243666から243680までの車両は黒色1色塗装とエメラルドグリーン+灰色の2色塗装の車両が混在し、以降の車両はエメラルドグリーン+灰色の2色塗装である。台車は全車とも灰色である。

タキ44000形[編集]

国鉄タキ44000形貨車
タキ44000形44022。青色塗装の日本オイルターミナル所有車(郡山駅、2007年3月)
タキ44000形44022。青色塗装の日本オイルターミナル所有車(郡山駅、2007年3月)
基本情報
製造所 日本車輌製造
製造年 1967年
製造数 170両
常備駅 倉賀野駅、宇都宮貨物ターミナル駅
主要諸元
車体色 青15号、黒
専用種別 石油類(除ガソリン)
化成品分類番号 燃31
軌間 1,067 mm
全長 11,945、12,180 mm
全幅 2,960 mm
全高 3,900 mm
荷重 43 t
実容積 50.6 m3
自重 16.2 - 16.7 t
換算両数 積車 6.0
換算両数 空車 1.6
台車 TR210,TR214A他
軸距 7,960、8,000 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示
タキ44000形44207。黒色塗装の日本石油輸送所有車(大宮駅、2005年3月)

43t積の石油類(除ガソリン)専用タンク車である。1967年から1982年にかけて170両が日本車輌製造にて製作された。積荷の比重が大きいため、タキ43000形と比べ全長は約2m短く、車端部のタンク鏡板には点検用ハッチと、荷役のための加熱管を装備する。

  • 基本番台 (タキ44000 - タキ44023)
1967年に24両が製作された。平軸受・鋳鉄制輪子付のTR210形台車を装備する。
  • 100番台(タキ44100 - タキ44223)
1968年から1974年にかけて124両が製作された。台車をコロ軸受・レジン制輪子のTR214A形に変更した。
  • 寒地仕様車(タキ44500 - タキ44506)
1968年に7両が製作された。北海道で運用するため、台車をコロ軸受・鋳鉄制輪子のTR214形とした区分。後の耐雪型レジン制輪子実用化により、以後の製作を100番台に統一したことはタキ43000形と同じである。
  • 保安対策車(タキ44507 - タキ44521)
1982年に15両が製作された。タキ43000形の600番台に相当する区分で、タンク体は直径を50mm拡大、扁平形状の鏡板に変更してタンク長を217mm短くしている。北海道向け500番台の続番で付番されているが、仕様はまったく異なる。

現況[編集]

1974年のタンク車構造基準改訂でフレームレス構造車の新規製作が禁止され、本系列の製作は一旦中断した。その間は安全性を向上させたタキ40000形40t積タンク車やタキ38000形36t積タンク車を投入したものの積載効率は本系列に劣るものであった。しかしながら、積載効率の高さから重用されていた本系列は荷主の要望を酌み、一部設計変更の上で1982年に製作を再開している。

現在の所有者は日本オイルターミナルと日本石油輸送の2社で、需給体制の変化などで2社間を移籍する車両もある。移籍直後の車両は標記の社名と塗色が整合しない場合もある。(青15号の日本石油輸送所有車など)

1993年以降、新規の製作は45t積・95km/h走行可能なタキ1000形に移行したが、本系列は現在も石油専用列車の主力形式として汎用的に使用されている。タキ1000形の投入で余剰となった一部のタキ43000形がタンク内洗浄の上で石油輸送に変更してタキ44000形の初期車やタキ45000形を置き換えた車両も存在する。

2000年代まで一部事故車を除きほぼ全車が健在だったが、2008年4月以降は順次廃車が進められている。特に、2012年以降は北海道地区の石油輸送列車が減少し、2014年には北海道地区における石油輸送列車が終了したことから余剰車が大量に発生し[2]、本系列の大規模な転属が行われている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 配6794列車にタキ1900形・ホキ1000形・タキ143645・タキ1200形が連結される 交友社鉄道ファン』railf.jp 2015年8月11日掲載
  2. ^ 【JR貨】北海道内の鉄道による石油タンク輸送が終了 (RMニュース) ネコ・パブリッシング 2014年5月29日
  3. ^ 【JR貨】タキ43000形25輌を東室蘭から笠寺へ回送 (RMニュース) ネコ・パブリッシング 2014年5月21日

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 誠文堂新光社 「国鉄客車・貨車ガイドブック」1971年
  • 鉄道ジャーナル社「鉄道ジャーナル」1983年9月号 No.199 特集:貨物列車はどうなっているか
  • 鉄道ジャーナル社「国鉄現役車両1983」鉄道ジャーナル別冊No.4 1982年
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』 ネコ・パブリッシング刊、Rail Magazine 1997年6月号増刊
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]