国鉄タキ3900形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ3900形貨車
タキ3900形、コタキ3936 1995年7月2日、浜安善駅
タキ3900形、タキ3936
1995年7月2日、浜安善駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 東洋レーヨン宇部興産三井物産日本石油輸送三井化学工業本州化学工業
製造所 三菱重工業富士重工業日本車輌製造若松車輌
製造年 1954年(昭和29年) - 1969年(昭和44年)
製造数 66両
消滅 2002年(平成14年)
常備駅 前川駅居能駅塩釜埠頭駅
主要諸元
車体色
専用種別 石炭酸
化成品分類番号 61
軌間 1,067 mm
全長 12,000 mm
全幅 2,600 mm
全高 3,874 mm
タンク材質 ステンレスクラッド
普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 29.0 m3
自重 22.7 t - 24.5 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 2.4
台車 TR41C→TR41DS-13
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 8,350 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ3900形貨車(こくてつタキ3900がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は、日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

本形式は、石炭酸専用の30t積タンク車として1954年(昭和29年)4月14日から1969年(昭和44年)8月23日にかけて66両(タキ3900 - タキ3965)が三菱重工業富士重工業日本車輌製造若松車輌の4社で製作された。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

1966年(昭和41年)6月6日に2両(タキ3924 - タキ3925)の専用種別がPPG(ポリプロピレングリコール)に変更され本形式を離脱しタキ8550形(タキ8557 - タキ8558)に編入された。この内タキ8557は1969年(昭和44年)4月15日に専用種別が石炭酸に戻され本形式に復帰したが元の原番号とはならず、最新続番であるタキ3962とされた。

石炭酸を専用種別とする形式には、他にはタサ3400形(10両)、タキ20500形(21両)の2形式があり、本形式は最大両数形式であった。

落成時の所有者は、東洋レーヨン宇部興産三井物産日本石油輸送三井化学工業本州化学工業の6社である。

1961年(昭和36年)12月1日に東洋レーヨン所有車24両が三井物産へ、1961年(昭和36年)12月21日に三井物産所有車3両(タキ3929 - タキ3931)が本州化学工業へ、1968年(昭和43年)10月21日に三井化学所有車9両が三井東圧化学へ、1974年(昭和49年)6月18日に三井物産所有車29両が石油荷役(1991年(平成3年)にニヤクコーポレーションへ社名変更)へ、1976年(昭和51年)7月13日に本州化学工業所有車2両(タキ3938 - タキ3939)がケミカルサービスへ、1976年(昭和51年)7月20日に石油荷役所有車1両(タキ3965)が内外輸送へ、1978年(昭和53年)4月10日にケミカルサービス所有車2両が日本触媒化学工業(現在の日本触媒)へ、1979年(昭和54年)12月21日に石油荷役所有車1両(タキ3947)が日本石油輸送へそれぞれ名義変更した。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号61」(毒性の物質、毒性物質、危険性度合2(中))が標記された。

ドーム付き直円筒型のタンク体は、ステンレスクラッド又は普通鋼一般構造用圧延鋼材、SS41現在のSS400)製で断熱材を巻きキセ(外板)、内部には加熱管を装備した。荷役方式は、積込はタンク体左右にある液入管からの上入れ、荷卸しは吐出管による下出しである。

塗色は黒色、全長は12,000mm、全幅は2,600mm、全高は3,874mm、台車中心間距離は8,350mm、実容積は29.0m3、自重は22.7t - 24.5t、換算両数は積車5.5、空車2.4、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであったがその後改造されTR41DS-13となった。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には17両の車籍がJR貨物に継承されたが、2002年(平成14年)6月に最後まで在籍した1両が廃車となり、同時に形式消滅となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和29年度 - 9両
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3900 - タキ3901)
    • 三菱重工業 1両 東洋レーヨン(タキ3902)
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3903 - タキ3904)
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3905 - タキ3906)
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3907 - タキ3908)
  • 昭和30年度 - 11両
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3909 - タキ3910)
    • 三菱重工業 1両 東洋レーヨン(タキ3911)
    • 三菱重工業 2両 宇部興産(タキ3912 - タキ3913)
    • 三菱重工業 2両 宇部興産(タキ3914 - タキ3915)
    • 三菱重工業 4両 東洋レーヨン(タキ3916 - タキ3919)
  • 昭和31年度 - 2両
    • 三菱重工業 2両 東洋レーヨン(タキ3920 - タキ3921)
  • 昭和34年度 - 7両
    • 三菱重工業 6両 東洋レーヨン(タキ3922 - タキ3927)
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3928)
  • 昭和36年度 - 4両
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3929)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3930 - タキ3931)
    • 日本車輌製造 1両 日本石油輸送(タキ3932)
  • 昭和37年度 - 13両
    • 富士重工業 3両 三井物産(タキ3933 - タキ3935)
    • 富士重工業 3両 三井化学工業(タキ3936 - タキ3937)
    • 富士重工業 3両 本州化学工業(タキ3938 - タキ3940)
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3941)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3942 - タキ3943)
    • 富士重工業 1両 三井化学工業(タキ3944)
  • 昭和38年度 - 17両
    • 日本車輌製造 2両 三井化学工業(タキ3945 - タキ3946)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3947 - タキ3948)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3949 - タキ3950)
    • 若松車輌 1両 三井化学工業(タキ3951)
    • 富士重工業 1両 三井化学工業(タキ3952)
    • 日本車輌製造 2両 三井化学工業(タキ3953 - タキ3954)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3955 - タキ3956)
    • 日本車輌製造 1両 三井物産(タキ3957)
    • 日本車輌製造 2両 三井物産(タキ3958 - タキ3959)
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3960)
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3961)
  • 昭和44年度 - 13両
    • (富士重工業) 1両 三井物産(タキ3962、タキ8557よりの改造車)
    • 富士重工業 2両 三井物産(タキ3963 - タキ3964)
    • 富士重工業 1両 三井物産(タキ3965)

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)