国鉄タ300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タ300形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本曹達
製造所 汽車製造
製造年 1959年(昭和34年) - 1960年(昭和35年)
製造数 8両
消滅 1972年(昭和47年)
常備駅 二本木駅
主要諸元
車体色 ねずみ色
専用種別 液化エチレン
化成品分類番号 制定以前に形式消滅
軌間 1,067 mm
全長 10,000 mm
全幅 2,703.2 mm
全高 3,746.6 mm
荷重 6.16 t - 6.25 t
実容積 21.5 m3 - 21.9 m3
自重 41.4 t - 43.7 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 4.5
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 5,900 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タ300形貨車(こくてつタ300がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

本形式は、1959年(昭和34年)6月3日から1960年(昭和35年)9月28日にかけて5ロット8両(タ300 - タ307)が汽車製造の1社のみで製作された液化エチレン専用の約6.2t積マルチボンベ方式貨車である。

車体には「連結注意」の文字が標記された。

所有者は、日本曹達の1社のみであり、その常備駅は信越本線二本木駅であった。二本木駅 - 浜川崎駅間を主な運行区間とした

1964年(昭和39年)から1965年(昭和40年)にかけて7両(タ300 - タ305、タ307)の専用種別変更(カセイソーダ)が行われ、形式はタキ2600形へ編入された。

外観からは有蓋車にしか見えないが、室内に継目無しのボンベ84本を10段積み(下段より1段 - 8段 9本、9段 7本、10段 5本)にして搭載した。積荷の際にはボンベを車載したまま充填し、最高充填圧力は135kg/cm2と高圧であった。各々のボンベ寸法にはわずかな違いがあったものと思われ、積載荷重は車両によってまちまちであった(6.16t - 6.25t)。通常貨車の積載荷重には小数点以下は記入しないが、本形式は特例として小数点以下2桁まで標記された。高圧ボンベを84本も搭載したため自重は41.4t - 43.7tとなり、積載荷重に対して積載効率の悪い形式であった。運賃的にも積車時は積載荷重、空車時(返回送)の場合自重の半分という規定のため運賃の特例(積載荷重25t として計算する)が生じた。この自重のため「タ車」(荷重13t以下のタンク車)では少数派のボギー式台車であるベッテンドルフ式のTR41Cを使用した。

車体塗色はねずみ色で、全長は10,000mm、全幅は2,703.2mm、全高は3,746.6mm、台車中心間距離は5,900mm、換算両数は積車5.0、空車4.5 であった。

最後まで在籍した1両(タ306)が1972年(昭和47年)3月17日に廃車になり、同時に形式消滅となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。

  • 昭和34年度 - 7両
    • 汽車製造 1両 日本曹達(タ300)
    • 汽車製造 3両 日本曹達(タ301 - タ303)
    • 汽車製造 2両 日本曹達(タ304 - タ305)
    • 汽車製造 1両 日本曹達(タ306)
  • 昭和35年度 - 1両
    • 汽車製造 1両 日本曹達(タ307)

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]