国鉄タキ5450形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ5450形貨車
タキ5450形、コタキ125461 2007年12月、四日市駅
タキ5450形、タキ125461
2007年12月、四日市駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 旭化成工業呉羽化学工業三菱商事日本陸運産業保土谷化学工業錦商事日栄薬品興業日本曹達関西化成品輸送旭硝子東ソー東亞合成ソーダニッカ東北東ソー化学昭和電工トクヤマ北海道曹達ダイソー伊藤忠商事蔵町工業大成化学薬品日本石油輸送
製造所 三菱重工業富士車輌日本車輌製造富士重工業川崎重工業日立製作所
製造年 1964年(昭和39年)
製造数 696両
種車 タキ5400形
改造所 富士車輌
改造年 1969年(昭和44年)
改造数 1両
常備駅 郡山駅安治川口駅
主要諸元
車体色 黄1号
専用種別 液化塩素
化成品分類番号(G)26
軌間 1,067 mm
全長 10,200 mm、9,460 mm
全幅 2,400 mm、2,420 mm
全高 3,700 mm、3,705 mm
タンク材質 高張力鋼
荷重 25 t
実容積 20.2 m3 - 20.6 m3
自重 21.2 t - 21.5 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 2.2
台車 TR41D、TR211B他
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,200 mm、5,660 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示
タキ5450形、タキ155451
2006年3月14日、塩浜駅

国鉄タキ5450形貨車(こくてつタキ5450がたかしゃ)は、1964年昭和39年)から1994年平成6年)まで製造された、日本国有鉄道、後に日本貨物鉄道に車籍を有する、液化塩素専用の25tタンク車私有貨車)である。

本形式のとなった車両であるタキ5400形、本形式を改造した液化塩化ビニル専用車であるタム9300形についても本項目で解説する。

構造[編集]

タンク体はマンホール弁式ドーム付き直円筒形。塗装は、高圧ガス保安法区別規定により黄色(黄1号)塗装である。

また輸送の際の保安上、中和剤の入った石灰箱が設置されている。

鉄道連絡船による航送用の車両は、取卸口の密閉化・中和剤として液状カセイソーダ箱が追加設置されている。この対策がなされた車両には「航送用」の標記がなされる。

形式・形態別詳説[編集]

タキ5400形[編集]

液化塩素専用タンク車として初の25t積車として登場した。1957年(昭和32年)3月26日から1965年(昭和40年)4月30日にかけて三菱重工業富士車輌日本車輌製造で15両(タキ5400 - タキ5414)が製作された。記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。1979年(昭和54年)10月からは化成品分類番号「毒(G)26」(毒性の物質、高圧ガス、高圧ガス、毒性のあるもの)が標記された。タンク材質はボイラー鋼板を用いる。

台車は当初、平軸受・板バネ式のベッテンドルフ台車であるTR41Cであったが、後に一部の車両を除いて平軸受・コイルバネ式のTR41Dに改造されている。タンク体は三菱重工業製と富士車輌製は車体長をタム2300形に合わせたため、太めのものに対し、日本車輌製造製はタンク径をタム2300形に合わせたため、細長いものとなっている。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には6両の車籍がJR貨物に継承されたが、1991年(平成3年)12月に最後まで在籍した2両(タキ5406、タキ5407)が廃車となり同時に形式消滅となった。

タキ5450形[編集]

1964年4月11日から1994年11月25日にかけて三菱重工業・富士車輌・日本車輌製造・富士重工業川崎重工業日立製作所で総数697両(タキ25454 - タキ25458を二重カウント)が製作された。番号は、次のとおり。

  • タキ5450 - タキ5499
  • タキ25450 - タキ25474, タキ25476 - タキ25499(タキ25475は改造編入車)
  • タキ55450 - タキ55499
  • タキ65450 - タキ65499
  • タキ75450 - タキ75499
  • タキ85450 - タキ85499
  • タキ95450 - タキ95499
  • タキ105450 - タキ105499
  • タキ115450 - タキ115499
  • タキ125450 - タキ125499
  • タキ135450 - タキ135499
  • タキ145450 - タキ145499
  • タキ155450 - タキ155499
  • タキ165450 - タキ165491

タンク体は既に製造されていた同じ25t積液化塩素専用のタキ5400形で使用されたボイラー鋼板から高張力鋼に変更されたため、新形式となった。そのため、自重が減って荷重増も計画されたが、結局は25t積のままとなった。

台車は当初TR41Cを採用したが、後にTR41Dに変更され、TR41Cの車両もTR41Dに改造されている。タキ95453 - タキ105471は走行性能改善のためコロ軸受・コイルバネ式のTR211B、タキ105472以降は改良型のTR216Bを採用するが、一部の車両は他車から流用したTR211Bを採用する車両もある。

ブレーキ装置は円ハンドル式とサイド式の2種類がある。

所有者は、次のとおり。

旭化成工業呉羽化学工業三菱商事三菱製紙三菱製紙販売日本陸運産業保土谷化学工業錦商事日栄薬品興業日本曹達関西化成品輸送旭硝子東ソー東亞合成ソーダニッカ東北東ソー化学昭和電工トクヤマ北海道曹達ダイソー伊藤忠商事蔵町工業大成化学薬品日本石油輸送旭電化工業

1987年4月の国鉄分割民営化時には485両の車籍がJR貨物に継承されJR化後も1994年まで製作されたが、老朽化や輸送体系の変化(タンクコンテナの普及)により廃車が進み、2010年(平成22年)4月1日の時点では74両が在籍している。[1]

改造[編集]

  • タキ5400形からタキ5450形への改造
1969年(昭和44年)7月9日、タキ5400形1両(タキ5405)が富士車輌でタンク体を高張力鋼製のものに交換する改造を行い、タキ5450形へ編入のうえ、タキ25475に改番された。
  • タキ5450形からタム9300形への改造、復元
1969年、日本ゼオン塩化ビニルプラントで事故が発生した。これにより、復旧まで塩化ビニルを他社から輸送することになったが、塩化ビニルの原料である液化塩素輸送に使用されていたタキ5450形のうち、タキ25454 - タキ25458の5両を一時的に転用することになった。
改造に際しては、液化塩素の中和剤が入っている石灰箱は液化塩化ビニルの輸送時は不要となるので、一時的に撤去され1969年2月10日に落成した。また、積荷である液化塩化ビニルの容器は規定により灰色(ねずみ色1号)に塗装された。その他は、改造前後ともに高圧ガスタンク車として使用されたため、特に変化は見られない。
その後、日本ゼオンの塩化ビニルプラントが復旧したことにより、1969年8月9日に5両(タム9300 - タム9304)すべて液化塩素専用車に再改造され、僅か半年足らずで形式消滅した。その際、車号も原車号に戻されている。

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.840 増刊 鉄道車両年鑑 p.107

参考文献[編集]

  • 吉岡心平「プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑」レイルマガジン1997年6月号増刊 ネコパブリッシング
  • 貨車技術発達史編纂委員会 『日本の貨車 - 技術発達史 - 』 社団法人 日本鉄道車輌工業会 2008年3月