国鉄タキ10450形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ10450形貨車
国鉄タキ10450形、アコタキ10463 1987年3月28日、佐倉駅
国鉄タキ10450形、アコタキ10463
1987年3月28日、佐倉駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 日産化学工業宇部興産住友化学工業、日本水素工業→日本化成旭化成工業
製造所 日立製作所富士車輌川崎重工業三菱重工業日本車輌製造
製造年 1968年(昭和43年) - 1974年(昭和49年)
製造数 24両
消滅 2009年(平成21年)
常備駅 速星駅宇部港駅
主要諸元
車体色
専用種別 濃硝酸
化成品分類番号 侵(禁水)84
軌間 1,067 mm
全長 10,200 mm
全幅 2,590 mm
全高 3,860 mm
タンク材質 アルミニウム
荷重 35 t →32 t
実容積 23.3 m3
自重 14.6 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.4
台車 TR41C、TR41D、TR41E
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,400 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ10450形貨車(こくてつタキ10450がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

本形式はタキ7500形の後継車として1968年(昭和43年)4月26日より1974年(昭和49年)3月20日にかけて24両(アコタキ10450 - アコタキ10473)が日立製作所富士車輌川崎重工業三菱重工業日本車輌製造の5社にて製造された35t積(後に32t積)の濃硝酸専用のタンク車である。

タンク体は腐食防止のため、純アルミ製であり、「純アルミ」「連結注意」と表記される。

記号番号表記は特殊標記符号「アコ」(純アルミ製タンク車、全長 12 m 以下)を前置し「 アコタキ」と標記する。

落成時の所有者日産化学工業宇部興産住友化学工業、日本水素工業(後に日本化成に社名変更)、旭化成工業の5社であり、それぞれの常備駅は速星駅宇部港駅桜島駅宮下駅南延岡駅であった。

1974年(昭和49年)1月17日に住友化学工業所有車4両(アコタキ10458 - アコタキ10461)が日本石油輸送へ名義変更された。

1973年(昭和48年)頃に濃硝酸専用タンク車の発煙・滴下事故が多発したため、1974年(昭和49年)に保安対策による荷重見直しを行い、35t積から32t積に変更された。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号侵(禁水)84」(侵食性の物質、水と反応する物質、腐食性物質、禁水指定のもの)が標記された。

塗色は銀色であり、全長は10,200mm、全幅は2,590mm、全高は3,860mm、台車中心間距離は6,400mm、実容積は23.3m3、自重は14.6t、換算両数は積車5.0、空車1.4、最高運転速度は75km/h台車ベッテンドルフ式で、アコタキ10450 - アコタキ10466は板バネ式のTR41Cであったが、後にコイルバネ式のTR41Dに改造されている。アコタキ10467以降は製造時からコイルバネ式のTR41Eである。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には全車(24両)の車籍がJR貨物に継承されたが、1990年(平成2年)にタキ10462が事故廃車され、その後は老朽化や輸送体系の変化により、廃車が進み、2009年(平成21年)度に形式消滅した。

改造[編集]

国鉄タキ10450形、アコタキ10461
1995年5月2日、大牟田駅
外板(キセ)取り付け改造車

アコタキ10453、アコタキ10461は保冷のために遮熱用の外板(キセ)を取り付ける改造を受けている。

アコタキ10461は1974年(昭和49年)に日立製作所にて改造を受けた。当初は4両(アコタキ10458 - アコタキ10461)が改造を受ける予定となっていたが、実際に改造されたのはアコタキ10461のみである。アコタキ10453はJR化後に改造された。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和43年度 - 8両
    • 日立製作所 4両 日産化学工業(アコタキ10450 - アコタキ10453)
    • 富士車輌 4両 宇部興産(アコタキ10454 - アコタキ10457)
  • 昭和44年度 - 3両
    • 日立製作所 3両 住友化学工業(アコタキ10458 - アコタキ10460)
  • 昭和45年度 - 1両
    • 日立製作所 1両 住友化学工業(アコタキ10461)
  • 昭和46年度 - 3両
    • 川崎重工業 3両 日本水素工業(アコタキ10462 - アコタキ10464)
  • 昭和47年度 - 1両
    • 三菱重工業 1両 旭化成工業(アコタキ10465)
  • 昭和48年度 - 8両
    • 日本車輌製造 1両 宇部興産(アコタキ10466)
    • 川崎重工業 3両 日本化成(アコタキ10467 - アコタキ10469)
    • 川崎重工業 2両 日本化成(アコタキ10470 - アコタキ10471)
    • 三菱重工業 2両 旭化成工業(アコタキ10472 - アコタキ10473)

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • ネコ・パブリッシング「プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑」Rail Magazine 1997年6月号増刊
  • 『日本の貨車―技術発達史』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]