国鉄タキ2500形貨車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ2500形貨車 (2代)
基本情報
車種 タンク車
運用者 鉄道省
日本国有鉄道
所有者 旭ベンベルグ絹糸東部硫酸販売昭和人絹
製造所 大阪鉄工所新潟鐵工所汽車製造
製造年 1935年(昭和10年) - 1937年(昭和12年)
製造数 7両
消滅 1968年(昭和43年)
常備駅 石山駅須賀駅勿来駅
主要諸元
車体色
専用種別 濃硫酸
化成品分類番号 制定以前に形式消滅
軌間 1,067 mm
全長 9,100 mm
全幅 2,474 mm
全高 3,480 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 25 t
実容積 13.6m3 - 16.0 m3
自重 12.8 t - 13.3 t
換算両数 積車 4.0
換算両数 空車 1.4
走り装置 一段リンク式(三軸車)
車輪径 860 mm
軸距 2,650 mm + 2,650 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ2500形貨車(こくてつタキ2500がたかしゃ)は、鉄道省及び1949年(昭和24年)6月1日以降は日本国有鉄道(国鉄)に在籍した私有貨車タンク車)である。 ここではタキ2500形の改造によって誕生したタサ1300形タラ600形についても記述する。

タキ2500形[編集]

タキ2500形は、濃硫酸専用の25t 積タンク車として1935年(昭和10年)10月19日から1937年(昭和12年)1月11日にかけて、3ロット7両(タキ2500 - タキ2506)が大阪鉄工所新潟鉄工所汽車製造にて製作された。

各年の製造会社と両数、所有者、常備駅は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

タンク体は普通鋼一般構造用圧延鋼材)製で初期の3両(タキ2500 - タキ2502)はリベット組立構造、それ以降は全溶接構造であり、荷役方式はタンク上部の液入管からの上入れ、液出管と空気管使用による上出し方式である。

車体色は黒色、寸法関係は全長は9,100mm、全幅は2,474mm、全高は3,480mm、軸距は2,650mm + 2,650mm、自重は12.8t - 13.3t、実容積は13.6 - 16.0m3換算両数は積車4.0、空車1.4であり、走り装置は一段リンク式の三軸車である。

1942年(昭和17年)3月11日と5月28日に2両(タキ2505、タキ2506)が専用種別変更により「カセイソーダ液」専用となり、形式は新形式であるタサ1300形(タサ1300、タサ1301)となった。続いて1943年(昭和18年)6月4日に3両(タキ2500 - タキ2502)がタサ1300形(タサ1302 - タサ1304)へ変更された。残った2両は1968年(昭和43年)9月に廃車となり同時に本形式は形式消滅となった。

他形式への改造[編集]

タサ1300形[編集]

20 t 積カセイソーダ液専用車で、1942年(昭和17年)3月11日から5月28日にかけて2両(タキ2505、タキ2506)が、1943年(昭和18年)6月4日に3両(タキ2500 - タキ2502)が改造され(タサ1300 - タサ1304)となった。1961年(昭和36年)7月3日に(タサ1300、タサ1301)がタラ600形(タラ600、タラ601)に改造された。タサ1303は1965年(昭和40年)3月15日に、タサ1302、タサ1304は1968年(昭和43年)9月30日にそれぞれ廃車となり形式消滅した。

タラ600形[編集]

18 t 積サラシ液専用車で、1961年(昭和36年)7月3日に協三工業にて2両(タサ1300、タサ1301)が改造され、タラ600形(タラ600、タラ601)となった。 積荷の保冷のため、タンク体の周囲にキセを取り付けている。1968年(昭和43年)9月30日に廃車となり形式消滅した。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『3軸貨車の誕生と終焉(戦後編)』RMライブラリー9 2000年、ネコ・パブリッシングISBN 4-87366-198-6
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]