国鉄タム400形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タム400形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
日本貨物鉄道
所有者 保土谷化学工業日産化学工業宇部興産
製造所 新潟鐵工所三菱重工業日立製作所日本車輌製造
製造年 1926年(大正15年) - 1968年(昭和43年)
種車 リ2510形、ア2560形
改造年 1928年(昭和3年)
消滅 1989年(昭和64年)
常備駅 郡山駅速星駅宇部港駅
主要諸元
車体色
専用種別 濃硫酸及び発煙硫酸
化成品分類番号 侵(禁水)84
軌間 1,067 mm
全長 5,380 mm - 8,000 mm
全幅 2,004 mm - 2,388 mm
全高 3,135 mm - 3,425 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 15 t
実容積 8.0 m3 - 9.3 m3
自重 8.0 t - 10.3 t
換算両数 積車 2.4
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 2,743 mm - 4,000 mm
最高速度 65 km/h→75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タム400形貨車(こくてつタム400がたかしゃ)は、かつて鉄道省運輸通信省運輸省日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

本形式より改造され別形式となったタム20400形についても本項目で解説する。

タム400形[編集]

タム400形は、1928年(昭和3年)の車両称号規程改正によりリ2510形(リ2510 - リ2511→タム400 - タム401)、ア2560形(ア2560 - ア2561→タム402 - タム403)の合計4両を改番し誕生した形式である。種車となったリ2510形は1926年(大正15年)に新潟鐵工所にて製造された車両である。

タム400形となった後も1968年(昭和43年)9月10日までの40年間に渡り417両(タム400 - タム499、タム1400 - タム1698、タム10400 - タム10417)が新潟鐵工所三菱重工業日立製作所日本車輌製造等にて製造または改造編入された。またその後本形式より多数の車両が改造され他形式車となった。

本形式の他に「濃硫酸」又は「濃硫酸及び発煙硫酸」を専用種別とする貨車は、タキ300形(469両)、タキ4000形(351両)、タキ5750形(500両)、タキ29300形(62両)、タキ46000形(71両)等実に21形式が存在した。

貨物列車の最高速度引き上げが行われた1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正対応のため、軸距3,500mm未満の車両は強制廃車された。軸距3,500mm以上の大半の車両は軸ばね支持方式が二段リンク式に改造され、最高運転速度は65km/hから75km/hへ引き上げられた。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号侵(禁水)84」(侵食性の物質、水と反応する物質、腐食性物質、禁水指定のもの)が標記された。

長年にわたり増備されたためロットによる寸法の幅が広い。全長は5,380mm - 8,000mm、全幅は2,004mm - 2,388mm、全高は3,135mm - 3,425mm、軸距は2,743mm - 4,000mm、実容積は8.0m3 - 9.3m3、自重は8.0t - 10.3t、換算両数は積車2.4、空車1.0、車軸は12t長軸であった。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には9両の車籍がJR貨物に継承され、1989年(平成元年)11月に最後まで在籍した1両が廃車となり同時に形式消滅となった。

タム20400形[編集]

国鉄タム20400形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
所有者 東酸商事、日曹金属、チッソ三井東圧化学
種車 タム400形
改造年 1968年(昭和43年)
改造数 15両
消滅 1973年(昭和48年)
常備駅 南延岡駅磐梯町駅水俣駅豊沼駅東室蘭駅
主要諸元
車体色 黒+黄1号の帯
専用種別 濃硫酸及び発煙硫酸
化成品分類番号 制定前に形式消滅
軌間 1,067 mm
全長 7,500 mm 8,000 mm
タンク材質 普通鋼(一般構造用圧延鋼材)
荷重 15 t
実容積 8.9 m3
自重 9.3 t
換算両数 積車 2.4
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 3,500 mm、4,000 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

タム20400形は濃硫酸及び発煙硫酸専用の15t 積み私有貨車(タンク車)である。

当初タム400形の軸ばね支持装置は一段リンク式であったが、貨物列車の最高速度引き上げが行われた1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正対応のため、大半の車は二段リンク式に改造したが、二段リンク化の対象外となった車両が15両(タム20424 - タム20426、タム20429 - タム20430、タム20435 - タム20437、タム20488 - タム20489、タム21419、タム21493、タム21526、タム21570 - タム21571)残り、区別のため別形式(タム20400形)とした。車番は現番号に「20000」を加える形となった。改造内容は標記類の書き換え以外何もなく、むしろ本形式の方が本来のタム400形ともいえる。

識別のため記号に「ロ」が追加され「タム」となり黄色(黄1号)の帯を巻いている。更に北海道内を常備駅とした車両は識別の「ロ」を丸で囲んだ通称マルロが使用され、タンク体には同色で「道外禁止」と標記された。

所有者は東酸商事、日曹金属、チッソ三井東圧化学であった。

全長は7,500mm - 8,000mm、実容積は8.9m3、自重は9.3t、換算両数は積車2.4、空車1.0、最高運転速度は65km/h、車軸は12t長軸であった。

1973年(昭和48年)9月12日に最後まで在籍した3両(タム21419、タム21570、タム21571)が廃車となり、同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • レイルマガジン』通巻140号(1995年5月・ネコ・パブリッシング
    • 吉岡心平「私有貨車セミナー」 pp. 74-77
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]