国鉄タキ7750形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ7750形貨車
タキ7750形 コタキ17785 (日産化学工業所有車、撮影:蘇我駅)
タキ7750形 タキ17785
日産化学工業所有車、撮影:蘇我駅)
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
製造所 日立製作所富士重工業日本車輌製造川崎車輛三菱重工業
製造年 1967年(昭和42年) - 1993年(平成5年)
製造数 289両
常備駅 安治川口駅新南陽駅
主要諸元
車体色
専用種別 カセイソーダカセイカリ液
化成品分類番号 81
軌間 1,067 mm
全長 10,200 mm
全幅 2,538 mm
全高 3,800 mm
タンク材質 耐候性高張力鋼
荷重 35 t
実容積 23.8 m3
自重 15.7 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.6
台車 TR41C、TR41DS-12、TR41E-12、TR225、TR213C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,400 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ7750形貨車(こくてつタキ7750がたかしゃ)は、1967年昭和42年)に登場した日本国有鉄道(国鉄)及び1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍するタンク車である。

概要[編集]

本形式は、1967年(昭和42年)から1993年(平成5年)にかけて総数289両(タキ7750 - タキ7799、タキ17750 - タキ17799、タキ27750 - タキ27799、タキ37750 - タキ37799、タキ47750 - タキ47799、タキ57750 - タキ57788)が日立製作所富士重工業日本車輌製造川崎車輛三菱重工業にて製造された、35t積のカセイソーダカセイカリ専用の私有貨車タンク車)である。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

本形式の他にカセイソーダ液を専用種別とする貨車はタム900形(130両)、タキ1400形(104両)、タキ2600形(523両)、タキ2800形(332両)、タキ4200形(252両)等実に29形式が存在し、35t 級としてはタキ4100形 (初代)[1]タキ4200形に次ぐ両数の形式であり、タキ7750形は軽量化・保安度向上がなされた形式である。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号81」(侵食性の物質、腐食性物質、危険性度合2(中))が標記された。

タンク体はドームレスの直円筒型、荷役方式はS字管を用いた圧縮空気による上入れ・上出し式である。内部には純度保持のためゴムライニングが施され、外周には保温のため厚さ50mmのグラスウール断熱材と薄鋼板製の外板(キセ)が設置されている。

1967年(昭和42年)から1976年(昭和51年)にかけて製作されたタキ7750 - タキ47791は車両により、側梁があるものとないものが存在する。1976年(昭和51年)以降に製作されたタキ47792以降は保安対策車として製作され、タンク空容積が7%以上増加し、大型化したため、タンク長が延長されている。

台車はタキ7750 - タキ37767は当初、平軸受・板バネ式のベッテンドルフ台車TR41Cであったが、後にコイルバネ式のTR41DSに改造されている。タキ37768 - タキ47767は平軸受・コイルバネ式のTR41E、タキ47768 - タキ57772はコロ軸受・コイルバネ式のTR225、タキ57773以降は改良型のTR213Cである。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化に際しては日本貨物鉄道(JR貨物)に267両が継承され、JR化後も1993年(平成5年)まで製作されたが、老朽化やコンテナ化などによる輸送体系の変化により廃車が進み、2010年(平成22年)4月の時点では24両が在籍する。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後にタキ4200形に改造され、形式消滅。なお、タキ4100形2代目は25t積の液化アンモニア専用車である。
  2. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.840 増刊 鉄道車両年鑑 p.107

参考文献[編集]

関連項目[編集]