国鉄タキ7300形貨車 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ7300形貨車 (初代)
タキ7300形、コタキ47319、 1993年4月24日、日立駅
タキ7300形、タキ47319、
1993年4月24日、日立駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 磐城セメント川崎セメント東北開発大阪セメント電気化学工業住友セメント明星セメント日立セメント野沢石綿セメント富士セメント
製造所 川崎車輛日立製作所
製造年 1959年(昭和34年) - 1966年(昭和41年)
製造数 523両
消滅 2001年(平成13年)
常備駅 大越駅青海駅糸魚川駅
主要諸元
車体色
専用種別 セメント
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 10,800 mm
全幅 2,474 mm
全高 3,680 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 35 t
実容積 28.0 m3
自重 16.0 t - 17.5 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.6
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,700 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ7300形貨車(こくてつタキ7300がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

タキ7300形は、1959年(昭和34年)3月24日から1966年(昭和41年)10月22日にかけて523両(タキ7300 - タキ7370、タキ7374 - タキ7397、タキ17300 - タキ17399、タキ27300 - タキ27399、タキ37300 - タキ37399、タキ47300 - タキ47399、タキ57300 - タキ57327)が川崎車輛(308両)、日立製作所(215両)の2社にて製造された、35t積のセメント専用のタンク車である。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

落成時の所有者磐城セメント川崎セメント東北開発大阪セメント電気化学工業住友セメント明星セメント日立セメント野沢石綿セメント富士セメントであった。

普通鋼一般構造用圧延鋼材)製のタンク体に初期車は3個、後期車は4個の積み込み口を持ち、荷役方式はエアスライド式であった。

本車は、その後のタキ1900形などの40t車の基本となった。

車体色は黒色、寸法関係はロットによる差異があり以下一例を示す。全長は10,800mm、全幅は2,474mm、全高は3,680mm、台車中心間距離は6,700mm、実容積は28.0m3、自重は16.0 - 17.5t、換算両数は積車5.5、空車1.6であり、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであった。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には81両の車籍がJR貨物に継承されたが、2001年(平成13年)度に最後まで在籍した22両が廃車となり同時に形式消滅となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和33年度 - 6両
    • 川崎車輛 6両 磐城セメント(タキ7300 - タキ7305)
  • 昭和34年度 - 55両
    • 川崎車輛 3両 磐城セメント(タキ7306 - タキ7308)
    • 川崎車輛 16両 磐城セメント(タキ7309 - タキ7324)
    • 川崎車輛 36両 川崎セメント(タキ7325 - タキ7360)
  • 昭和35年度 - 34両
    • 川崎車輛 10両 川崎セメント(タキ7361 - タキ7370)
    • 川崎車輛 18両 磐城セメント(タキ7374 - タキ7391)
    • 川崎車輛 6両 磐城セメント(タキ7392 - タキ7397)
  • 昭和36年度 - 16両
    • 川崎車輛 8両 磐城セメント(タキ17300 - タキ17307)
    • 川崎車輛 8両 磐城セメント(タキ17308 - タキ17315)
  • 昭和37年度 - 116両
    • 川崎車輛 10両 磐城セメント(タキ17316 - タキ17325)
    • 川崎車輛 10両 磐城セメント(タキ17326 - タキ17335)
    • 川崎車輛 6両 東北開発(タキ17336 - タキ17341)
    • 川崎車輛 3両 磐城セメント(タキ17342 - タキ17344)
    • 川崎車輛 40両 磐城セメント(タキ17345 - タキ17384)
    • 川崎車輛 22両 磐城セメント(タキ17385 - タキ17399、タキ27300 - タキ27306)
    • 川崎車輛 25両 磐城セメント(タキ27307 - タキ27331)
  • 昭和38年度 - 91両
    • 川崎車輛 15両 磐城セメント(タキ27332 - タキ27346)
    • 川崎車輛 11両 磐城セメント(タキ27347 - タキ27357)
    • 日立製作所 5両 大阪セメント(タキ27358 - タキ27362)
    • 日立製作所 4両 大阪セメント(タキ27363 - タキ27366)
    • 日立製作所 6両 大阪セメント(タキ27367 - タキ27372)
    • 日立製作所 7両 電気化学工業(タキ27373 - タキ27379)
    • 日立製作所 10両 電気化学工業(タキ27380 - タキ27389)
    • 日立製作所 8両 電気化学工業(タキ27390 - タキ27397)
    • 日立製作所 1両 電気化学工業(タキ27398)
    • 日立製作所 4両 電気化学工業(タキ27399、タキ37300 - タキ37302)
    • 川崎車輛 10両 住友セメント(タキ37318 - タキ37327)
    • 川崎車輛 10両 住友セメント(タキ37328 - タキ37337)
  • 昭和39年度 - 140両
    • 川崎車輛 3両 住友セメント(タキ37303 - タキ37305)
    • 川崎車輛 5両 住友セメント(タキ37306 - タキ37310、タキ37338 - タキ37341)
    • 川崎車輛 1両 住友セメント(タキ37311)
    • 川崎車輛 6両 住友セメント(タキ37312 - タキ37317)
    • 川崎車輛 10両 住友セメント(タキ37338 - タキ37341)
    • 日立製作所 4両 電気化学工業(タキ37342 - タキ37345)
    • 日立製作所 2両 電気化学工業(タキ37346 - タキ37347)
    • 日立製作所 3両 電気化学工業(タキ37348 - タキ37350)
    • 川崎車輛 4両 東北開発(タキ37351 - タキ37354)
    • 川崎車輛 6両 明星セメント(タキ37355 - タキ37360)
    • 日立製作所 1両 野沢石綿セメント(タキ37361)
    • 日立製作所 3両 野沢石綿セメント(タキ37362 - タキ37364)
    • 日立製作所 6両 野沢石綿セメント(タキ37365 - タキ37370)
    • 日立製作所 6両 電気化学工業(タキ37371 - タキ37376)
    • 日立製作所 11両 電気化学工業(タキ37377 - タキ37387)
    • 日立製作所 11両 電気化学工業(タキ37388 - タキ37398)
    • 日立製作所 10両 電気化学工業(タキ37399、タキ47300 - タキ47308)
    • 川崎車輛 6両 東北開発(タキ47309 - タキ47314)
    • 川崎車輛 1両 東北開発(タキ47315)
    • 日立製作所 5両 日立セメント(タキ47316 - タキ47320)
    • 日立製作所 5両 日立セメント(タキ47321 - タキ47325)
    • 日立製作所 11両 電気化学工業(タキ47326 - タキ47338)
    • 日立製作所 3両 野沢石綿セメント(タキ47339 - タキ47341)
    • 日立製作所 12両 野沢石綿セメント(タキ47342 - タキ47353)
    • 日立製作所 5両 野沢石綿セメント(タキ47354 - タキ47358)
  • 昭和40年度 - 56両
    • 日立製作所 10両 野沢石綿セメント(タキ47359 - タキ47368)
    • 日立製作所 5両 野沢石綿セメント(タキ47369 - タキ47373)
    • 日立製作所 15両 野沢石綿セメント(タキ47374 - タキ47388)
    • 日立製作所 18両 電気化学工業(タキ47389 - タキ47399、タキ57300 - タキ57306)
    • 日立製作所 8両 電気化学工業(タキ57307 - タキ57314)
  • 昭和41年度 - 13両
    • 日立製作所 7両 富士セメント(タキ57315 - タキ57321)
    • 日立製作所 3両 大阪セメント(タキ57322 - タキ57324)
    • 日立製作所 3両 大阪セメント(タキ57325 - タキ57327)

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]