国鉄タサ500形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タサ500形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 鉄道省
日本国有鉄道
所有者 北海木材防腐日本石油、横須賀海軍軍需部、中野興業、紐育スタンダード石油(その後スタンダード・ヴァキューム石油ヘ社名変更)、三菱商事ライジングサン石油
製造所 新潟鐵工所日本車輌製造汽車製造浅野造船所大阪鉄工所
製造年 1929年(昭和4年)- 1937年(昭和12年)
製造数 80両
消滅 1971年(昭和46年)
常備駅 東室蘭駅塩釜埠頭駅扇町駅
主要諸元
車体色
専用種別 クレオソート、揮発油
化成品分類番号 制定以前に形式消滅
軌間 1,067 mm
全長 10,100 mm
全幅 2,500 mm
全高 3,860 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 20 t
実容積 27.5 m3
自重 14.2 t
換算両数 積車 3.0
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式(三軸車)
車輪径 860 mm
軸距 2,850 mm+2,850 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄タサ500形貨車(こくてつタサ500がたかしゃ)は、かつて鉄道省及び1949年(昭和24年)6月1日以降は日本国有鉄道(国鉄)に在籍した私有貨車タンク車)である。

タサ500形[編集]

タサ500形は、1928年(昭和3年)の車両称号規程改正によりア27370形ア27570形改番し誕生した形式である。ア27370形1926年(大正15年)に4両(ア27370 - ア27373→タサ500 - タサ503)が日本製鋼所にて、ア27570形1928年(昭和3年)に19両(ア27570 - ア27588→タサ504 - タサ522)が新潟鐵工所にてそれぞれ製造された。ア27570形からの改番車は附番の誤り(積載荷重が19tの為タラ(17t - 19t)に附番すべきが、タサ(20t - 24t)へ附番されてしまった)により1931年(昭和6年)2月12日にタラ1形ヘ再附番(タサ504 - タサ522→タラ13 - タラ31)が行われた。

タサ500形となった後も1937年(昭和12年)5月24日までに合計13ロット57両(タサ523 - タサ526、タサ529 - タサ536、タサ539 - タサ583)の増備が新潟鐵工所、日本車輌製造汽車製造浅野造船所大阪鉄工所の5社にて行われた。この際なぜかタサ527 - タサ528、タサ537 - タサ538の欠番が発生した。

落成時の専用種別は4両(タサ500 - タサ503)がクレオソート専用、52両(タサ504 - タサ522、タサ544 - タサ555、タサ561 - タサ577、タサ580 - タサ583)が揮発油(ガソリン)専用、24両が「なし」であった。また所有者は、北海木材防腐日本石油、横須賀海軍軍需部、中野興業、紐育スタンダード石油(その後スタンダード・ヴァキューム石油ヘ社名変更)、三菱商事ライジングサン石油の6社1組織であった。

1933年(昭和8年)8月4日にタサ503の専用種別変更(クレオソート→重油)が行われ、形式は新形式であるタラ200形とされた。タラ200形はその後増備されることなく1両のままであったが、1940年(昭和15年)12月24日に再度専用種別変更(重油→クレオソート)が行われ車番は旧番号(タサ503)へ復帰しタラ200形は形式消滅となった。

車体色は黒色、寸法関係はロットにより違いがあるが一例として全長は10,100mm、全幅は2,500mm、全高は3,860mm、台車中心間距離は6,100mm、実容積は27.5m3、自重は14.2t、換算両数は積車3.0、空車1.0であった。

1971年(昭和46年)12月8日に最後まで在籍した1両(タサ524)が廃車となり、同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]