国鉄タキ5200形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ5200形貨車
国鉄タキ5200形タキ5278 1992年12月5日東新潟駅
国鉄タキ5200形タキ5278
1992年12月5日東新潟駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道
所有者 日本瓦斯化学工業住友化学工業東洋高圧工業日本石油輸送三菱鉱業日産化学工業三菱商事協和ガス化学工業三井物産日本陸運産業
製造所 日本車輌製造日立製作所飯野重工業富士車輌新三菱重工業富士重工業
製造年 1955年(昭和30年) - 1967年(昭和42年)
製造数 104両
種車 タキ1500形
改造年 1964年(昭和39年) - 1968年(昭和43年)
改造数 5両
消滅 2002年(平成14年)
常備駅 速星駅太郎代駅
主要諸元
車体色
専用種別 メタノール
化成品分類番号 31
軌間 1,067 mm
全長 13,700 mm
全幅 2,500 mm
全高 3,868 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 38.0 m3 - 41.0 m3
自重 18.3 t - 20.2 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 2.0
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 9,600 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ5200形貨車(こくてつタキ5200がたかしゃ)は、1955年(昭和30年)から製作された、メタノール専用の 30 t貨車タンク車)である。

私有貨車として製作され、日本国有鉄道(国鉄)に車籍編入された。1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を承継された。

概要[編集]

タキ5200形は、1955年(昭和30年)3月16日から1968年(昭和43年)2月29日にかけて17ロット109両(タキ5200 - タキ5262、タキ5265 - タキ5299、タキ25200 - タキ25210)が日本車輌製造日立製作所飯野重工業富士車輌新三菱重工業富士重工業にて製作(改造による編入車を含む)された。 タキ5263 - タキ5264は当初より欠番である。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号31」(燃焼性の物質、引火性液体、危険性度合2(中))が標記された。

キセ(外板)なしドーム付きタンク車であり、荷役方式はマンホールによる上入れ、吐出管による下出し式である。

落成時の所有者日本瓦斯化学工業住友化学工業東洋高圧工業日本石油輸送三菱鉱業日産化学工業三菱商事協和ガス化学工業三井物産日本陸運産業の10社である。日本陸運産業所有の5両(タキ5291 - タキ5292、タキ25208 - タキ25210)は全て他形式であるタキ1500形からの改造による編入車である。

塗色はであり、全長は13,700mm、全幅は2,500mm、全高は3,868mm、台車中心間距離は9,600mm、実容積は38.0m3 - 41.0m3、自重は18.3t - 20.2t、換算両数は積車5.0、空車2.0、最高運転速度は75km/h、台車はベッテンドルフ式のTR41Cである。 また、一部の車両は台車をTR209に振り替えたものも存在した。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には66両の車籍がJR貨物に継承され、2002年平成14年)6月に最後まで在籍した2両(タキ5266、タキ5295)が廃車となり同時に形式消滅となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和29年度 - 3両
    • 日本車輌製造 3両 日本瓦斯化学工業(タキ5200 - タキ5202)
  • 昭和31年度 - 3両
    • 日立製作所 1両 住友化学工業(タキ5203)
    • 日立製作所 2両 東洋高圧工業(タキ5204 - タキ5205)
  • 昭和32年度 - 11両
    • 飯野重工業 2両 日本瓦斯化学工業(タキ5206 - タキ5207)
    • 富士車輌 3両 東洋高圧工業(タキ5208 - タキ5210)
    • 日本車輌製造 6両 日本瓦斯化学工業(タキ5211 - タキ5216)
  • 昭和33年度 - 32両
    • 日本車輌製造 32両 日本石油輸送(タキ5217 - タキ5248)
  • 昭和34年度 - 14両
    • 新三菱重工業 14両 三菱鉱業(タキ5249 - タキ5262)
  • 昭和37年度 - 26両
    • 日立製作所 12両 日産化学工業(タキ5265 - タキ5276)
    • 新三菱重工業 4両 三菱商事(タキ5277 - タキ5280)
    • 富士重工業 5両 協和ガス化学工業(タキ5281 - タキ5285)
    • 富士重工業 5両 三井物産(タキ5286 - タキ5290)
  • 昭和38年度 - 2両
    • 東急車輛製造(改造所) 2両 日本陸運産業(タキ1520、タキ1529→タキ5291 - タキ5292、種車は昭和27年度川崎車輌製)
  • 昭和39年度 - 5両
    • 富士重工業 5両 日産化学工業(タキ5293 - タキ5297)
  • 昭和41年度 - 5両
    • 富士重工業 5両 日産化学工業(タキ5298 - タキ5299、タキ25200 - タキ25202)
  • 昭和42年度 - 8両
    • 富士重工業 5両 日産化学工業(タキ25203 - タキ25207)
    • 東急車輛製造(改造所) 3両 日本陸運産業(タキ1511 - タキ1513→タキ25208 - タキ25210、種車は昭和27年度川崎車輌製)

他形式への改造[編集]

タキ3000形[編集]

1963年(昭和38年)の6月から10月にかけて17両(タキ5227 - タキ5228、タキ5230 - タキ5239、タキ5241 - タキ5245)が改造されタキ3000形(タキ33015 - タキ33021、タキ33041 - タキ33044、タキ33051 - タキ33054、タキ33060 -タキ33061)となった。

タキ6900形[編集]

1959年(昭和34年)10月6日に日立製作所にて1両 (タキ5203)が改造されタキ6900形タキ6910となった。 その後1986年(昭和61年)10月31日に廃車となった。

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]