国鉄タキ22900形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ22900形貨車
タキ22900形タキ22900タンク車 1993年9月24日倉敷貨物ターミナル駅
タキ22900形タキ22900タンク車
1993年9月24日倉敷貨物ターミナル駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道
所有者 日本曹達日本石油輸送
製造所 日本車輌製造
製造年 1972年(昭和47年) - 1992年(平成4年)
製造数 31両
常備駅 倉敷貨物ターミナル駅、二本木駅
主要諸元
車体色
専用種別 青化ソーダ液
化成品分類番号 62
軌間 1,067 mm
全長 12,100 mm- 12,400 mm
全幅 2,593 mm
全高 3,772 mm
タンク材質 耐候性高張力鋼
荷重 35 t
実容積 29.9 m3
自重 17.5 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C、TR41E-13、TR225、TR213C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 8,000 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ22900形貨車(こくてつタキ22900がたかしゃ)は、1972年(昭和47年)から製作された、青化ソーダ液専用の 35 t貨車タンク車)である。

私有貨車として製作され、日本国有鉄道(国鉄)に車籍編入された。1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を承継された。

概要[編集]

タキ22900形は青化ソーダ液輸送用として1972年(昭和47年)7月5日から1992年(平成4年)6月にかけて日本車輌製造にて31両(タキ22900 – タキ22930)が製作された。

所有者は、日本曹達日本石油輸送の2社のみである。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号 62」(毒性の物質、毒性物質、危険性度合1(大))が標記された。

日本曹達所有車は 倉敷貨物ターミナル駅(短く「倉敷(タ)駅」と標記することもある)、二本木駅、日本石油輸送所有車は名古屋南貨物駅をそれぞれ常備駅としている。

製造当初より専用種別を青化ソーダ液としたのは、本形式のみである。荷役方式は上入れ、S字管による上出し式である。

全長は12,100mm - 12,400mm、全幅は2,593mm、全高は3,772mm、台車中心間距離は8,000mm、実容積は29.9m3、自重は17.5tで、換算両数は積車5.5、空車1.8、台車は、製造ロットにより違いがありタキ22900 – タキ22908がTR41C、タキ22909 – タキ22926がTR41E-13、タキ22927がTR225、タキ22928 – タキ22930がTR213Cである。すべてベッデンドルフ形状であるものの、1形式で実に4種類もの違いがある。TR213Cのみ灰色に塗装されている。

2007年(平成19年)、最後まで在籍した9両が除籍され、形式消滅した[1]

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。

  • 昭和47年度 – 5両
    • 日本車輌製造 5両 日本曹達 (タキ22900 – タキ22904)
  • 昭和48年度 - 13両
    • 日本車輌製造 13両 日本曹達 (タキ22905 – タキ22908、タキ22912 – タキ22920)
  • 昭和49年度 - 9両
    • 日本車輌製造 9両 日本曹達 (タキ22909 – タキ22911、タキ22921 – タキ22926)
  • 昭和55年度 – 1両
    • 日本車輌製造 1両 日本曹達 (タキ22927)
  • 平成4年度 - 3両
    • 日本車輌製造 3両 日本石油輸送 (タキ22928 – タキ22930)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.810 鉄道車両年鑑2008年版 p.117

関連項目[編集]