国鉄タキ29300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄タキ29300形貨車
タキ29300形、コタキ29327 2003年8月30日、神岡鉱山前駅
タキ29300形、タキ29327
2003年8月30日、神岡鉱山前駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 三井金属鉱業神岡鉱業
古河鉱業
三井金属三池精錬所→三井金属鉱業→神岡鉱業
日本陸運産業
同和鉱業
製造所 富士重工業川崎重工業日本車輌製造
製造年 1976年(昭和51年) - 2004年(平成16年)
製造数 62両
常備駅 神岡鉱山前駅足尾駅小坂駅
主要諸元
車体色 又は銀
専用種別 濃硫酸
化成品分類番号 侵(禁水)84
軌間 1,067 mm
全長 10,800 mm
全幅 2,460 mm
全高 3,597 mm
タンク材質 耐候性高張力鋼
荷重 39 t
実容積 21.1 m3
自重 14.8 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.4
台車 TR225-1、TR213C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,700 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ29300形貨車(こくてつタキ29300がたかしゃ)は、1976年(昭和51年)から製作された、濃硫酸専用の 39 t貨車タンク車)である。

私有貨車として製作され、日本国有鉄道(国鉄)に車籍編入された。1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を承継されている。

概要[編集]

1976年(昭和51年)4月28日から2004年(平成16年)にかけて、総数62両(タキ29300 - タキ29361)が富士重工業(22両)、川崎重工業(20両)、日本車輌製造(20両)の3社で製作された。

それまで製作されていた濃硫酸専用40 t 積タンク車タキ5750形の後継として製作された車両である。1974年(昭和49年)の保安対策に伴う諸基準の改訂に伴い、フレームレス構造・側梁なし台枠を持つ貨車の製作が禁止されたことを受け、台枠に側梁を設け、台車にコロ軸受を採用した。そのため、自重が増加し、荷重はタキ5750形と比べて1 t 減少している。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

落成時の所有者は、三井金属鉱業、古河鉱業(現在の古河機械金属)、三井金属三池精錬所、日本陸運産業および同和鉱業である。1984年(昭和59年)11月21日に三井金属三池精錬所所有車1両(タキ29306)が三井金属鉱業へ名義変更された。1988年(昭和63年)8月6日に三井金属鉱業所有車2両(タキ29300、タキ29306)が神岡鉱業へ名義変更された。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号侵(禁水)84」(侵食性の物質、水と反応する物質、腐食性物質、禁水指定のもの)が標記された。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和51年度 - 1両
    • 富士重工業 1両 三井金属鉱業(タキ29300)
  • 昭和52年度 - 5両
    • 川崎重工業 5両 古河鉱業(タキ29301 - タキ29305)
  • 昭和53年度 - 1両
    • 富士重工業 1両 三井金属三池精錬所(タキ29306)
  • 昭和54年度 - 5両
    • 川崎重工業 5両 古河鉱業(タキ29307 - タキ29311)
  • 昭和55年度 - 10両
    • 川崎重工業 10両 古河鉱業(タキ29312 - タキ29321)
  • 平成2年度 - 10両
    • 富士重工業 10両 日本陸運産業(タキ29322 - タキ29331)
  • 平成4年度 - 10両
    • 富士重工業 10両 同和鉱業(タキ29332 - タキ29341)
  • 平成14年度 - 5両
    • 日本車輌製造 5両 同和鉱業(タキ29342 - タキ29346)
  • 平成15年度 - 10両
    • 日本車輌製造 10両 同和鉱業(タキ29347 - タキ29356)
  • 平成16年度 - 5両
    • 日本車輌製造 5両 同和鉱業(タキ29357 - タキ29361)

構造[編集]

タンク体はタキ29300 - タキ29341は耐候性高張力鋼製で塗色はタキ29342以降は耐硫酸性鋼製で無塗装(銀)である。

荷役方式は、搬入は上部の注入口から、搬出は空気弁から空気を注入加圧して上部液出弁から行う上入れ・上出し方式である。

台枠はタキ5750形では自重軽減のために車体側面の側梁を省略していたが、本形式では保安向上のために側梁を設けた。

ブレーキ装置はタキ29300 - タキ29321は手ブレーキと積空ブレーキ、タキ29322以降は手ブレーキとCSD型積空ブレーキである。

台車はスリーピース形状の台車が採用されており、タキ29300 - タキ29306はTR225-1、タキ29307以降はTR213Cである。

下回りの塗色はタキ29300 - タキ29341は黒、タキ29342以降はグレーである。

運用の変遷・現況[編集]

本形式は、1980年(昭和55年)までに22両が製作された時点で製作は一旦中止され、その後の増備は国鉄の財政難もあり、余剰車両活用の観点からタキ45000形の台枠を流用して改造名義で製作したタキ46000形1985年(昭和60年)に登場し、製作はそちらに移行したが、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化に際しては22両全車がJR貨物へ継承された。1991年(平成3年)からタキ46000形の種車であるタキ45000形が枯渇したため、本形式の製作が再開され、2004年までに40両が増備された。なお、2002年(平成14年)以降の増備車は初期車が廃車された後に新製されているため、62両全車が同時に在籍していたことはない。

1994年(平成6年)から廃車が開始され、その後も鉄道による硫酸輸送の減少から廃車が進み、2010年(平成22年)4月1日の時点では42両が在籍している。[1]

なお、タキ29312が廃車後、わたらせ渓谷鐵道足尾駅構内で静態保存されている。

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」鉄道車両年鑑2010年度版 840号107頁「2009年度貨車動向」

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]