小坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小坂駅
駅舎(2007年8月撮影)
駅舎(2007年8月撮影)
こさか
Kosaka
古館 (0.8km)
所在地 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古川30
所属事業者 小坂製錬
所属路線 小坂線
キロ程 22.3km(大館駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1909年(明治42年)5月7日
廃止年月日 2009年(平成21年)4月1日
備考 小坂線の貨物輸送廃止により廃駅
テンプレートを表示
駅構内、左側に旧旅客ホームがある
腕木式場内信号機

小坂駅(こさかえき)は、かつて秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古川30にあった小坂製錬小坂線(通称小坂鉄道)の貨物駅である。

駅概要[編集]

地上駅。小坂鉄道の拠点となっていた駅で、駅構内には機関区コンテナホーム1面1線、濃硫酸貯蔵タンクおよび濃硫酸荷役線があった。濃硫酸は小坂製錬所から貯蔵タンクまでパイプライン輸送され、タンク車に積み込まれた後、海上出荷設備がある秋田製錬飯島製錬所(秋田臨海鉄道秋田北港駅隣接)に輸送された。また、酒田港駅から苛性ソーダが輸送されることがあった。

1994年まで旅客営業を行っていたため、廃止時点まで単式ホーム1面1線と駅舎が残っていた。

かつては、駅から小坂製錬所までの構外側線があり、鉱石や硫酸などが輸送されていたが、1983年に廃止された。

廃止後、駅施設を利用して「小坂鉄道レールパーク」がオープンした。

歴史[編集]

駅周辺[編集]

小坂鉄道レールパーク[編集]

廃止後、駅周辺の土地を地元の小坂町に賃貸し、車両や駅舎、施設等を無償譲渡する形で、2014年(平成26年)6月1日鉄道保存展示施設「小坂鉄道レールパーク」としてオープンした。ディーゼル機関車については、構内で体験運転が可能となっている。同年11月21日、文部科学省の文化審議会は登録有形文化財の登録対象として、「小坂駅本屋とプラットホーム」および「小坂機関車庫」を答申し、官報告示後に正式に登録されることとなった[1][2]

保存車両[編集]

隣の駅[編集]

廃線時[編集]

小坂製錬小坂線
茂内駅 - 小坂駅

旅客営業廃止時[編集]

小坂製錬小坂線
古館駅 - 小坂駅

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]