国鉄トラ4000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄トラ4000形貨車
基本情報
製造所 日本車輌製造
製造年 1938年(昭和13年)
製造数 761両
消滅 1983年(昭和58年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,936 mm
全幅 2,718 mm
全高 2,255 mm
荷重 17 t
実容積 41.8 m3
自重 8.9 - 9.0 t
換算両数 積車 2.2
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式
軸距 4,200 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄トラ4000形貨車(こくてつトラ4000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した無蓋貨車である。

概要[編集]

1938年(昭和13年)から1941年(昭和16年)にかけて製造された17トン積み二軸無蓋車で、750両(トラ4000 - トラ4749)が日本車輌製造支店で新製された。最終番号はトラ4760であるが、これは南海鉄道(旧阪和電気鉄道)の買収車が10両(トラ4750 - トラ4759)と二車現存による改番車が1両(トラ4760)あるためである。

前級トラ1形のあおり戸と妻板を含銅鋼板製に変更したもので、寸法は同形式をほぼ忠実にトレースしている。荷台の内法は、長さ8,130mm、幅2,480mm、あおり戸高さ850mm、妻板高さ1,150mm、床面積20.2m2である。形態的にはあおり戸上縁部の補強の形態差により、前期形と後期形に分かれており、後期形は補強を魚腹形として強化している。番号の区分ははっきりとしないが、前期形は100両(トラ4000 - トラ4099)と推定されている。床板は木製である。また、台枠長さは、8,136mmとトラ1形の8,230mmに比べて短いが、これは鋼製化により妻板が薄くなったためである。その他の主要諸元は、全長8,936mm、全幅2,710mm、容積42.4m3、軸距4,200mm、自重8.8 - 9.0t。同時期に製造された15トン積みのトム19000形は、本形式の17分の15短縮版といえる。

走り装置は一段リンク式で、最高運転速度は65km/hであった。戦後の1948年(昭和23年)4月の調査では745両が残存していたが、1951年(昭和26年)から1953年(昭和28年)にかけて実施された更新修繕により、当時残存していた全車(約730両)についてあおり戸と妻板が木製化された。これによる改形式は行われなかったが、荷台寸法は妻板の厚み分だけ狭くなり、長さ8,036mm、幅2,480mm、あおり戸高さ850mm、床面積19.9m2となった。

その後は汎用無蓋車の一員として全国で使用されたが、1958年(昭和33年)ごろから廃車が始まり、1968年(昭和43年)10月1日国鉄ダイヤ改正では高速化不適格車とされて、補助符号「ロ」と黄色帯を標記のうえ特定線区や北海道内に封じ込められた。1968年(昭和43年)度末には48両が在籍していたが、1983年(昭和58年)度に形式消滅した。ただし、これは書類上の話で、実際には1970年(昭和45年)度には消滅していたものと推定されている。

改造[編集]

セラ1形[編集]

1959年、石炭車セラ1形の改造種車となっているが、輪軸、ブレーキ装置、連結器等の部品を流用した程度で、台枠、ホッパ等は新製されている。

譲渡[編集]

小坂鉄道トラ4000形[編集]

1962年(昭和37年)9月に、4両(トラ4156, トラ4200, トラ4743, トラ4234)が小坂鉄道に譲渡され、トラ4000形(トラ4001 - トラ4004)とされている。小坂線所属であった。1978年(昭和53年)7月10日付けでトラ4001とトラ4002が廃車となったが、残ったトラ4003とトラ4004は2代目のトラ4001、トラ4002とされた。両車は、2005年(平成17年)4月1日付けで除籍となったが、トラ4002(2代)は小坂鉄道レールパークで保存されている。

同形車[編集]

阪和電気鉄道トラ900形[編集]

1936年(昭和11年)に田中車輛で10両(トラ916 - トラ925[1])が製造された同系車であるが、こちらの方が鉄道省のものより先行している。そのため、トラ1形と同様、あおり戸間の側柱が固定式であったと推定されるが、真相は不明である。また、あおり戸上縁部は魚腹型に補強されているが、上下方向に拡幅されている鉄道省のものに対し、幅方向に拡幅されている。1944年(昭和19年)5月の戦時買収にともない国有化され、トラ4750 - トラ4759に改番された。

脚注[編集]

  1. ^ トラ901 - トラ915は、トラ1形の同形車である。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊
  • 吉岡心平「プロフェッサー吉岡の貨車研究室 第42・49回」レイルマガジン 2011年2・9月号(Nos.329, 336)
  • 寺田裕一「RM LIBRARY 183 小坂鉄道(下)」2014年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-77705373-5

関連項目[編集]