国鉄トム60000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄トム60000形貨車
基本情報
車種 無蓋車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 国鉄工場
製造年 1956年(昭和31年)
製造数 400両
種車 トキ900形
改造所 盛岡工場新小岩工場
改造数 200両
消滅 1985年(昭和60年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,100 mm
全幅 2,740 mm
全高 2,255 mm
荷重 15 t
実容積 39.4 m3
自重 8.7 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 0.8
走り装置 二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,300 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示


国鉄トム60000形貨車(こくてつトム60000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した無蓋貨車である。

概要[編集]

1956年(昭和31年)に製造された、15トン積み二軸無蓋車で、600両(トム60000 - トム60599)が国鉄工場で製造された。国鉄最後の新製「トム」である。このうちの200両(トム60000 - トム60199)は、当時余剰となっていたトキ900形の改造名義で製作されているが、一部の部品流用にとどまっている。200両の内訳は盛岡工場100両、新小岩工場100両である。

本形式が計画された1954年(昭和29年)の日本は不況下にあり、小単位輸送のできる小形貨車が求められていた。その経緯により、1955年(昭和30年)度から翌年度にかけて10トン積みの有蓋車ワ10000形など)が新製されており、本形式はその無蓋車版として計画された。しかし、本形式が落成した1956年(昭和31年)には不況から回復し、逆に輸送力増強が急務となっていたのは皮肉であった。

本形式の車体は、戦前のトム50000形、戦中のトラ20000形を基本として改良を加えたもので、下回りは次級トラ35000形と同じ軸距4,300mmに拡大され、軸ばね受けは二段リンク式となっており、最高運転速度は75km/hと近代化も図られている。荷台については、トラ20000形の改造により製作されたトム25000形とほぼ同様であり、内法は長さ7,200mm、幅2,480mm、あおり戸高さ850mm、妻板高さ1,150mm、床面積17.9m2、容積39.4m3で、車体は木製である。あおり戸は片側2枚で、中央部の側柱は取り外し式となっている。その他の主要諸元は、全長8,100mm、全幅2,740mm、自重8.7tである。

汎用無蓋車として全国で使用されたが、両数が多くないこともあり、目立った存在ではなかった。1965年(昭和40年)頃から事業用車代用として使用されるものも多くなり、特に中部支社には多数が配置されていた。1973年(昭和48年)度から本格的な廃車が始まり、1985年(昭和60年)度に形式消滅となった。

同形車[編集]

羽後交通トム3形[編集]

トム3形は、羽後交通1960年(昭和35年)7月に協三工業で2両(トム3, トム4)が製造された同形車である。トム3は雄勝線、トム4は横荘線に配属されたが、1966年(昭和41年)にトム5形(国鉄トラ30000形同形車)が竣功すると、トム3は横荘線に移った。両車とも、国鉄直通車として使用されたが、認可は1967年(昭和42年)のことであった。1971年(昭和46年)7月には、雄勝線の内燃化に備えて機材を運ぶため、雄勝線に移動した。廃車は両車とも同年12月である。

参考文献[編集]