徳岡孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳岡 孝夫(とくおか たかお、1930年〈昭和5年〉1月2日 - ) は日本のジャーナリスト評論家翻訳家横浜市港南区在住。

来歴・人物[編集]

大阪に生まれる。京都大学文学部英文科卒。1952年(昭和27年)、京都大学在学中に毎日新聞社に入社(正式採用は翌年の卒論提出後)。1955年(昭和30年)10月よりフルブライト奨学生としてアメリカのシラキュース大学に留学。社会部記者、バンコク特派員、編集次長、編集委員などを歴任した。

海外特派員としてイスラエル中近東ベトナム戦争などを取材した、当時の執筆記事は『戦争屋の見た平和日本』に一部収録されている。定年を前に、1985年(昭和60年)学芸部編集委員をもって退社。

サンデー毎日』の記者時代の1970年(昭和45年)11月25日三島事件の当日、交流のあった三島由紀夫から電話で依頼され、現場の市ヶ谷会館(現:ホテルグランドヒル市ヶ谷)で、NHK記者だった伊達宗克と共に、楯の会関係者から手紙と檄文を託された。

1973年(昭和48年)にドナルド・キーンとの共著で、『悼友紀行-三島由紀夫の作品風土』(元はキーンと同行した紀行文、『サンデー毎日』で連載、本書がきっかけでキーンの著作訳者となった)を刊行。事件から四半世紀後に、経緯と三島との交流回想をつづった『五衰の人』を『文學界』で連載、1997年(平成9年) に新潮学芸賞を受賞した。

明治の居留地横浜での夫殺しをテーマにしたミステリー形式のノンフィクション『横浜・山手の出来事』で1991年(平成3年)に日本推理作家協会賞を受賞。1986年(昭和61年)には菊池寛賞を受賞した。

保守派の評論家としても活動、『フォーサイト』(新潮社刊)などで執筆。『フォーサイト』に連載のコラム「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?」は、同誌がウェブ版に移行した現在も継続中。『諸君!』(文藝春秋の月刊誌)で、1980年(昭和55年)1月号から最終の2009年(平成21年)6月号まで、匿名巻頭コラム「紳士と淑女」を連載。最終号で筆者であることを明かした。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『太陽と砂漠の国々』(毎日新聞社、1965、中公文庫、1991)
  • 『イエローヤンキー』(エール出版社、1970)
  • 『裏からみた反日運動』(新人物往来社、1974)
  • 『悼友紀行-三島由紀夫の作品風土』(中央公論社、1973、中公文庫、1981)、ドナルド・キーンと共著
  • 『銃口は死を超えて』(新人物往来社、1974)
  • 真珠湾メモリアル-現場で見た日本軍の第一撃』(中央公論社(新書判)、1982、中公文庫、1985)
  • 『翻訳者への道』(ダイヤモンド社、1989)
  • 『横浜・山手の出来事』(文藝春秋、1990、双葉文庫、2005)
  • 『薄明の淵に落ちて』(新潮社、1991)
  • 『「戦争屋」の見た平和日本』(文藝春秋、1991)
  • 『ドロシー くちなしの謎 「真珠湾」を知っていた女』(文藝春秋、1993)
  • 『紳士と淑女 人物クロニクル 1980-1994』(文藝春秋、1994)、匿名での出版
  • 『五衰の人-三島由紀夫私記』(文藝春秋、1996、文春文庫、1999、文春学藝ライブラリー(文庫)、2015)
  • 『紳士と淑女 2 人物クロニクル 1994-1996』(文藝春秋、1997)、匿名での出版
  • 『覚悟すること』(文藝春秋、1997)
  • 『きみは、どこへ行くのか』(新潮社、1998)
  • 『舌づくし』(文藝春秋、2001)
  • 『「翻訳」してみたいあなたに』(清流出版、2002)
  • 『妻の肖像』(文藝春秋、2005、文春文庫、2009)
  • 『ニュース一人旅』(清流出版、2008)
  • 『「民主主義」を疑え!』(新潮社、2008)
  • 『完本 紳士と淑女 1980-2009』(文春新書、2009)、抜粋版
  • 『お礼まいり』(清流出版、2010)
  • 『泣ける話、笑える話 名文見本帖』(文春新書、2012)、中野翠と共著
  • 『人間の浅知恵』(新潮新書、2013)

訳書[編集]

  • レイン・クルーガー 『タイ国王暗殺事件』 (エール出版社 1974)
  • ドナルド・キーン 『日本文学史 近世篇』(中央公論社 上下、1976-77 / 中公文庫 3巻、2011)
  • エンディミヨン・ウィルキンソン『誤解 ヨーロッパvs.日本』 (中央公論社、1980、新書判1982)
  • ファニア・フェヌロン『ファニア歌いなさい』(文藝春秋、1981)
  • ジョン・トーランド真珠湾攻撃』(文藝春秋、1982)
  • ハーバート・パッシン 『英語化する日本社会 日本語の維新を考える』(サイマル出版会、1982)
  • アルビン・トフラー第三の波』(監訳 中公文庫、1982)
  • アルビン・トフラー 『大変動』(中央公論社、1983)
  • バンバー・ガスコイン 『ザ・クリスチャンズ キリスト教が歩んだ2000年』 (監訳 日本放送出版協会、1983)
  • アルビン・トフラー『未来適応企業』(ダイヤモンド社、1985、中公文庫 1987)
  • リー・アイアコッカ『アイアコッカ わが闘魂の経営』(ダイヤモンド社、1985、新潮文庫、1990、ゴマブックス「ゴマ文庫」、2009)
  • リー・アイアコッカ 『トーキング・ストレート アイアコッカ Part2』(ダイヤモンド社、1988)
  • デイヴィッド・ヤロップ 『法王暗殺』 (文藝春秋、1985)
  • ウィリアム・サファイア 『大統領失明す』(文春文庫 上下、1985)
  • ヘンリー・スコット・ストークス三島由紀夫 生と死』(ダイヤモンド社、1985 / 清流出版(改訂版)、1998)
  • リチャード・ニクソン 『指導者とは』(文藝春秋、1986 / 文春学藝ライブラリー、2013)
  • エドウィン・ライシャワー 『ライシャワー自伝』(文藝春秋、1987)
  • ジョン・F・ラブ 『マクドナルド わが豊饒の人材』(ダイヤモンド社、1987)
  • シルヴィア・マーロウ 『イギリスのある女中の生涯』(草思社、1994)
  • ドナルド・キーン 『日本文学の歴史』(担当訳者の一人、中央公論社 全18巻、1995-97)
    • ※『近世篇』、『近代・現代篇』(全8巻:角地幸男らと共訳、1984-92)に、『古代・中世篇』を増補した改訂新版。文庫判は『日本文学史』(中公文庫、2011-13)。