ハーバート・パッシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハーバート・パッシン(Herbert Passin, 1916年 - 2003年2月26日)は、米国文化人類学者、日本研究家。

シカゴ出身。イリノイ大学卒。1946年、GHQ職員として来日、民間情報局に配属され、日本に初めて世論調査の手法を紹介した。1951年帰国。1962年コロンビア大学教授。フォード財団顧問として多くの日本人学者の渡米を手助けし、1967年の日米民間人会議(下田会議)の発足に尽力した。

著書(日本語)[編集]

  • 日本とアメリカ (編 長井善見ほか訳 南雲堂 1967年)
  • 日米関係の展望 (武者小路公秀共編 サイマル出版会(サイマル双書) 1967年)
  • 日本近代化と教育 (国弘正雄訳 サイマル出版会(日本双書) 1969年)
  • 遠慮と貪欲 コトバによる日本人の研究 (祥伝社(ノン・ブック) 1978年4月)
  • インドを救う道 ナラヤン獄中記 (伊藤雄次訳 サイマル出版会 1979年)
  • アメリカ人の発想・日本人の発想 “合わせる”文化と“個"の文化 トライアングル対談 (竹村健一加瀬英明 徳間書店 1979年5月)
  • 米陸軍日本語学校 日本との出会い (加瀬英明TBSブリタニカ 1981年9月)、ちくま学芸文庫、2020年4月
  • 英語化する日本社会 日本語の維新を考える (徳岡孝夫訳 サイマル出版会 1982年12月)
  • パッシン博士の東京グルメ探訪 (講談社 1985年11月)
  • 外国人が予測する五年後のニッポン 日本が生活一流国になるための条件 (共著 佐桑徹訳編 日新報道 1988年2月)
  • 日英語比較文化論 (堀内克明共著 金星堂 1995年1月)

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典