夕陽丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夕陽丘(ゆうひがおか)は、大阪府大阪市天王寺区西部の汎称地名であり、夕陽丘町を中心とした、上町台地西側の地域をさす。具体的には生玉町生玉寺町夕陽丘町伶人町逢阪(1丁目)下寺町の地域一帯あたりを指し、「夕陽丘風致地区」に指定されており、緑風景が維持されている。広域的には東側の生玉前町上汐(4~6丁目)、六万体町、南側の逢阪2丁目あたりも含まれる。

上町筋よりも東の上町台地東側(上本町北山町四天王寺小宮町辺り)にも「夕陽丘」と名の付く施設は幾らか存在するが、これらの地区は夕陽丘地区には通常は含めない。

かつては夕日岡(ゆうひのおか)とも呼ばれていた。(後述)

歴史[編集]

家隆塚(伝 藤原家隆墓、夕陽丘町5)

1236年(嘉禎2年)に歌人・藤原家隆が、浄土教の教えである「日想観」を修するためにこの地に移り住んで終の地とし、住居として『夕陽庵』(せきようあん)を設けたことが夕陽丘の地名の由来とされる。また、家隆は

ちぎりあれば難波の里にやどり来て波の入り日をおがみつるかも

の歌を詠み残している。

かつては大阪湾に落ちる夕日を眺める絶好の地であり、大江神社、新清水寺、四天王寺西門辺りが有名だった。現在の夕陽丘町と六万体町には「天王寺寺町」、生玉町と生玉寺町には東側に「生玉中寺町」、西側に「生玉寺町」といった寺町が形成された。

幕末の国学者・伊達宗広は藤原家隆を敬愛しており、明治初期にこの地に「自在庵」を建てて居とし、この地を「夕日岡」と命名した。しかし1873年(明治5年)に体調を崩して東京に移り住んだ。1878年(明治10年)に宗広が死去した際、遺言により家隆塚の近くに埋葬された。のちに実子の陸奥宗光ら一族9名もこの地に埋葬されたが、1953年(昭和28年)に宗広や陸奥家一族は鎌倉・寿福寺境内に改葬去れた。

夕日岡(とくに狭義)の地名はのちに南区天王寺大字天王寺字夕陽丘 → 南区天王寺夕陽丘町 → 現在の地名へと変わっている。

太平洋戦争による空襲で一帯は焼け野原となったが、1948年(昭和23年)に上町台地上で開催された復興博覧会を期に復興、母子関係の施設が多く設置された。

2009年(平成21年)に大阪市は「上町台地マイルドHOPEゾーン事業」の一環として、家隆塚(伝 藤原家隆墓)を「夕陽を見る場」として再整備し、5月29日に記念講演会が行われた[1]

地理[編集]

上町台地の西側、北は千日前通、南は国道25号線(逢坂)、東は谷町筋、西は松屋町筋に囲まれている。前述の通り風致地区に指定されており、大学・高校も複数所在、神社・仏教寺院も多く、幹線道路から少し中に入ると概ね閑静な住宅街である。

天王寺七坂と呼ばれる七つの坂(真言坂源聖寺坂口縄坂愛染坂清水坂天神坂逢坂)は当地にある。

主な施設[編集]

神社・仏閣

など。

学校
その他
清地蔵と夕陽丘阡表(地蔵の右)
傍らに「夕日岡(夕陽丘)命名の地」碑がある。(夕陽丘町5)
家隆塚の近く、稱念寺そばに佇む地蔵。陸奥宗光の長女・清子が20歳で死去したのを哀れみ、等身大の地蔵を当地に建立した。
地蔵の傍らに「夕日岡(夕陽丘)命名の地」「伊達宗広 陸奥宗光 墓所跡」「小松帯刀墓所跡」と記された碑があり、彼らの縁の地であることの説明書きがある。さらに伊達宗広を顕彰する碑「夕陽丘阡表」がある。

脚註[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 「夕陽丘」(JLogos版)
  • [保存版] 大阪夕陽丘歴史散策ガイド (三善 貞司 著、一心寺 2004年3月 ISBN 4882695529

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度39分29.8秒 東経135度30分45.5秒 / 北緯34.658278度 東経135.512639度 / 34.658278; 135.512639 (夕陽丘)