大阪夕陽丘学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪夕陽丘学園高等学校
Osaka Yuhigaoka Gakuen high school.JPG
過去の名称 大阪女子学園高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人大阪夕陽丘学園
校訓 愛と真実
設立年月日 1939年
創立記念日 5月1日
創立者 里見純吉
共学・別学 男女共学
(一部コースは女子のみ募集)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
英語国際コース
音楽コース
美術コース
総合進学コース
高校コード 27504C
所在地 543-0073
大阪市天王寺区生玉寺町7-72
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪夕陽丘学園高等学校(おおさかゆうひがおかがくえんこうとうがっこう)は、大阪府大阪市天王寺区にある私立高等学校学校法人大阪夕陽丘学園が運営する。 旧名は『大阪女子学園高等学校』。

同じ学校法人が運営している大阪夕陽丘学園短期大学と同キャンパス内にある。江戸時代に存在した料亭「西照庵」の跡地に建てられたといわれている。また、日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)協力校でもある。

概要[編集]

創設者は里見純吉(株式会社大丸 元社長)。校訓は「愛と真実」 。

生徒指導に力を入れている学校だが、特進コース設置後は進学指導にも力を入れている。補習などでは予備校講師による授業も受けられる(全コースで受講可能)。

特進コース(文系・理系)、英語国際コース、音楽コース、美術コース、総合進学コースを設置している。総合進学コースのみ女子のみの募集となっている。

沿革[編集]

  • 1939年 株式会社大丸 元社長 里見純吉の発意にもとづき、大丸洋裁研究所をに設立。
  • 1942年 大阪市天王寺区に移転。大丸洋裁学校、のち大阪家政学園と改称し、男女卒業者を対象とする。
  • 1943年 戦時の要請により、保健婦養成施設の指定を受ける。大阪女子厚生学園と改称。
  • 1946年 文化部を新設し従来の保健婦養成部門を厚生部とする。
  • 1947年 財団法人大阪女子厚生学園を設立。
  • 1948年 学制改革にともない、大阪女子厚生学園高等学校を設立。
  • 1950年 高等学校を大阪女子学園高等学校と改称。大阪女子厚生学園厚生部・文化部を廃止、『大阪女子学園短期大学』を設立。
  • 1951年 財団法人大阪女子厚生学園を学校法人大阪女子学園に組織変更。
  • 2003年 一年次からコース制を導入。
  • 2004年 特進文系コースを新設。
  • 2005年 学校法人大阪夕陽丘学園、大阪夕陽丘学園高等学校と改称。男女共学化。特進理系コース新設。

主な出身者[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]