上方絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上方絵(かみがたえ)は、江戸時代から明治時代に描かれた浮世絵の様式のひとつである。主に京阪地方で製作された浮世絵版画を指す。

概要[編集]

江戸の浮世絵に対して、上方、つまり京都大坂で作られたものを指す。作品の大半は役者絵で、江戸のものとは異なる独特の似顔絵表現を持つ。京都においてはもともと、絵画は上流階級の人々が楽しむという文化習慣があった。元禄期には、西川祐信肉筆浮世絵美人画絵本の面で活躍し、彼の門人たちが細々と活動していたのみであった。この時期、上方では江戸のように、錦絵版画を新芸術として鑑賞するまでには到っていなかった。これは上方においては、本絵の伝統を重んじることや、絵本、名所記が盛んになったためであり、一枚絵はあまり好まれなかったのであった。しかし、江戸と上方との交流も時代が下るにつれて盛んとなってゆく。暫く時代が下って、寛政4 - 5年(1792年 - 1793年)の頃になると、流光斎如圭によって、勝川風を取入れた多色摺りのものが描かれ、後には葛飾北斎歌川豊国歌川国貞歌川国芳らの流れを汲む上方在住の絵師たちが多数登場し、活躍している。北斎の門人では葛飾北広など、豊国の門人では滝川国広、国貞の門人では歌川貞升長谷川貞信、国芳の門人では歌川芳梅が挙げられ、さらにこの芳梅の門人として明治期に活躍した野村芳圀などが挙げられる。また、大坂においては寛政ころに浅山芦国が現れ、流光斎一派とは別の一派の絵師が役者絵を描いて活躍している。

なお、長谷川貞信の系統のみが現代にまで受け継がれている。

上方にて多数作られ、流行を極めた版画を合羽摺(かっぱずり)という。この合羽摺は、渋を引いた厚紙を切抜いて、刷毛(はけ)で絵の具を摺付けて作るものであった。但し時には、切り抜いた面から絵の具がはみだす場合も生じ、馬連の摺りとの区別が明確になってしまうこともあった。合羽摺は役者絵にとどまらず、絵本、挿絵本の彩色にも見られ、一枚摺では風景画武者絵が描かれている。一枚絵の大きさは細絵、大判、間判、小判などがあり、中でも最も多いのが細絵で、次いで間判のものが多く制作された。また、相撲絵地図などもあり、宝船、金のなる木、高砂などと言った祝儀絵も多く見られる。それ以外には引札、大小暦、芝居番付、節用集の他、双六、面子、立版古などの玩具絵には合羽摺の例が夥しく存在している。主要な合羽摺の作家として、岡本昌房寺沢昌次堀田行長有楽斎長秀清谷茶楽斎括嚢日本斎不韻斎国花堂らが挙げられる。

版元[編集]

  • 石川屋和助(石和) 大坂平野町通5丁目。幕末から明治。「浪花百景」などを出版。
  • 大左 寛政文化頃。大坂。流光斎「山下金作のやなぎさくら」(細判)など。
  • 天喜 大坂浪花。幕末。歌川広重張交絵「近江八景」など。
  • 前田喜兵衛 明治11年に大坂塩町通4丁目4で営業、明治12年、芝町通4丁目4で営業。鈴木年基「文武高名伝」、山崎年信「大日本名優鏡」、後藤芳景「皇子御降誕之図」など。
  • 綿屋喜兵衛(綿喜、金随堂) 大坂心斎橋塩町角。姓は前田。芦雪「佐々木舟右衛門」、長谷川貞信「六十余州能登」など。

参考図書[編集]

外部リンク[編集]