型紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

型紙(かたがみ)とは、平面形状をなぞって複写するための原型(パターン)、もしくは模様を転写するためのマスク(ステンシル)のこと。

裁縫における型紙が前者の、染色における型紙が後者の代表例である。ここでは後者について述べる。

染色における型紙[編集]

染色(型染め)用の型紙は、油や柿渋等で加工した紙に文様を彫り抜き、染料防染糊捺染したり、注染したりするのに用いる。中国日本琉球等で盛んに用いられた。

日本の型紙の中でも特に伊勢型紙は文様の美しさから型紙そのものが珍重され、西洋でも「カタガミ」と呼ばれ収集された。

参考文献[編集]