パタンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パターン・メーカー(英語:pattern maker、フランス語:modelist、イタリア語:modellista)あるいは和製英語で"パタンナー"とは、ファッションデザイナーのイメージしたデザイン画を元にアパレルファッション分野の型紙(=パターン、英:pattern)を作ること(型紙の適切な線を決定し「引く」こと)を専門とする人を指す。

また、シーチングと言う布で立体的に型をとることを「トワルを組む」といい、この作業をドレーピング(立体裁断)という。

役割と地位[編集]

主な役割は、冒頭の説明のように、デザイン画を元にパターンを作ることであるが、 それに加えてファッションデザイナーの描いた服飾画を見た段階で、型紙の実現が難しい箇所や制作が難しい箇所をあらかじめ指摘することも含まれ、つまり実質的にはパターンメーカーとファッションデザイナーが共同・協調してデザインを行っている。

企業ではそれぞれにチーフパタンナー、チーフデザイナーのポジションが用意されている。パタンナーの技量が、デサイナーの技量 同様に、ブランドの盛衰を左右する。そのため、しばしばブランド間で引き抜き合戦が行わる。

フランスアメリカ合衆国イギリスにおいてパターンメーカー(パタンナー)とファッションデサイナーは対等の関係にある。(ただし、日本国内では「ファッションデザイナーのアシスタント的ポジション」との偏見を持たれがちである(イタリアもほぼ同様の状態)。

なお、デザイナーヨーロッパでは、フランス語では couturier(クチュリエ)、イタリア語ではstilista(スティリスタ)と呼び、パターン・メーカー(modelistやmodellista)とは区別されている。

関連項目[編集]