楢崎宗重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楢崎 宗重(ならさき むねしげ、1904年6月26日 - 2001年7月18日)は、日本の美術史家、立正大学名誉教授。

来歴[編集]

佐賀県生まれ。東京帝国大学卒。1942年立正大学教授。1954年「近世風俗画様式史の研究」で東洋大学文学博士。1962年日本浮世絵協会を設立し理事長。1975年定年退任、名誉教授。研究活動の中で収集した美術品は、墨田区に寄贈し、現在はすみだ北斎美術館が所蔵している[1]

著書[編集]

  • 日本版画の美 不二書房 1942
  • 美術と史学 有光社 1943
  • 北斎論 アトリヱ社 1944
  • 浮世絵史話 巧芸社 1948
  • 江の島と錦絵 鎌倉市教育委員会ほか 1959 (鎌倉国宝館論集)
  • 広重 浮世絵界の巨匠のあゆみ 清水書院 1971 (センチュリーブックス) 「広重の世界・巨匠のあゆみ」清水新書
  • 浮世絵の美学 講談社 1971
  • 絵画論集 講談社 1977.6
  • 原色浮世絵大百科事典 第1巻 歴史 大修館書店 1981.2

編共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 財団法人 墨田区文化振興財団編集発行 『楢崎宗重博士収集 美術品目録』 2005年3月31日。

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典