私立専願

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

私立専願(しりつせんがん)とは、大学高等学校入学試験の際に、国公立の大学や高等学校を受験せず、私立の大学や高等学校のみに出願することである。

メリット[編集]

大学の場合、国公立大学の大多数は独自の二次試験に加えて大学入試センター試験の5教科7科目の受験を課しており、文系(理系)志望者でも理系(文系)の科目を含む幅広い分野の多数の教科の学習が必要である。これに対して、私立大学は一般に受験科目が1-3教科程度と少ない学校が多く、得意科目に絞った学習や、短期間での集中的な学習が比較的しやすいという特徴がある。

関連項目[編集]