餌差町 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 天王寺区 > 餌差町
餌差町
明星中学校・高等学校
明星中学校・高等学校
餌差町の位置(大阪市内)
餌差町
餌差町
餌差町の位置
餌差町の位置(大阪府内)
餌差町
餌差町
餌差町の位置
北緯34度40分13.72秒 東経135度31分32.91秒 / 北緯34.6704778度 東経135.5258083度 / 34.6704778; 135.5258083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
天王寺区
面積
 • 合計 0.13182836km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 744人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
543-0016[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

餌差町(えさしまち)は、大阪府大阪市天王寺区にある町名。丁番を持たない単独町名である。

地理[編集]

天王寺区の北東部に位置し、南に味原本町、北に空堀町、東に舟橋町、南東に真田山町、北東に玉造本町、南西に城南寺町、北西に空清町と接している。

歴史[編集]

西部は真田丸跡を含む高台で東成郡東高津村の一部、東部は江戸時代に形成された寺町の小橋寺町(12ヶ寺)が占めていた。1873年明治6年)に小橋寺町(12ヶ寺)は西成郡吉右衛門肝煎地へ編入された。

  • 1882年(明治15年) 吉右衛門肝煎地が清堀村に改称。
  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、東成郡東平野町大字東高津、清堀村(東成郡へ転属)となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 大阪市へ編入され、東区東平野大字東高津、清堀となる。
  • 1900年(明治33年) 東区餌差町・小橋寺町に改編。
  • 1943年昭和18年)4月1日 天王寺区へ転属。
  • 1965年(昭和40年) 小橋寺町の全域および宰相山町・味原町・東高津北之町のそれぞれ一部を餌差町へ編入し、現在の町域となる。

寺町[編集]

小橋寺町(12ヶ寺)

  • 心眼寺
  • 興徳寺
  • 大應寺
  • 伝長寺
  • 本覚寺 - 現在は超善寺・伝光寺と合併して顕祥寺となっており、本覚寺跡は顕祥寺霊園として利用されている。
  • 西念寺
  • 両岩寺 - 跡地は大阪市立真田山幼稚園として利用されている。
  • 大圓寺
  • 慶傳寺
  • 成道寺
  • 宝国寺
  • 最勝寺

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
餌差町 339世帯 744人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 584人 [5]
2000年(平成12年) 591人 [6]
2005年(平成17年) 771人 [7]
2010年(平成22年) 733人 [8]
2015年(平成27年) 713人 [9]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 237世帯 [5]
2000年(平成12年) 268世帯 [6]
2005年(平成17年) 325世帯 [7]
2010年(平成22年) 317世帯 [8]
2015年(平成27年) 294世帯 [9]

施設[編集]

史跡[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府大阪市天王寺区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 餌差町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]