新井潤美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新井 潤美(あらい めぐみ、1961年 - )は、英文学比較文学者。上智大学教授。

東京生まれ。香港、日本、オランダおよび英国で教育を受けた[1]。子供時代の多くを英国で過ごし、高校を卒業後[2]、帰国。1984年国際基督教大学教養学部人文科学科卒業後、東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士課程に進学、1990年同大学院同専攻博士課程単位取得退学、東邦大学薬学部専任講師、1992年中央大学法学部専任講師、1993年助教授、1998年教授。2014年上智大学文学部教授。2016年「英国文化における「ロウワー・ミドル・クラス」イメージの成立と表象-ダニエル・デフォーからカズオ・イシグロまで」で東大学術博士(超域文化科学)。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『階級にとりつかれた人びと 英国ミドル・クラスの生活と意見』中公新書 2001
  • 『不機嫌なメアリー・ポピンズ イギリス小説と映画から読む「階級」』平凡社新書 2005
  • 『へそ曲がりの大英帝国』平凡社新書 2008
  • 『自負と偏見のイギリス文化 J・オースティンの世界』岩波新書 2008
  • 『ジェイン・オースティンとイギリス文化』日本放送出版協会 2010。NHKカルチャーラジオ:シリーズ文学の世界
  • 『執事とメイドの裏表 イギリス文化における使用人のイメージ』白水社 2011 
  • 『魅惑のヴィクトリア朝 アリスとホームズの英国文化』NHK出版新書 2016
  • 『パブリック・スクール イギリス的紳士・淑女のつくられかた』岩波新書、2016 

共編著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『へそ曲がりの大英帝国』筆者紹介
  2. ^ 『不機嫌なメアリー・ポピンズ』あとがき